ToF(Time of Flight)センサモジュールを用いると、幅広い距離の測距が可能となり、状況に応じてセンシングする距離を自由に調整できます。(機能安全要件を満たすためセンシング距離を2mに変更する、など)。Industry4.0における通信規格を満たすため、センサからの情報には、外部近接センサからの情報が含まれます。このモジュールは全情報をクラウド上に直接伝送できます。

このシステムのメリット

  • このモジュールは、お客様がご設計のシステム上に、簡単に装備・拡張できます。
  • ISL29501 には、外付LEDを動作させるためのDAC回路が内蔵されています。エミッタからの変調光は、ターゲットに当たって反射し、フォトダイオードでセンシングされます。これにより、赤外線センサ以上の感知精度が得られると同時に、カメラを搭載する画像センシングシステムよりコストと消費電力を抑えることができます。
システムブロック図

ToF(Time of Flight)センサモジュール

ウィニング・コンビネーション

アナログ+パワー+組み込みプロセッシングなど、ルネサスの補完的な製品ポートフォリオを組み合わせることで提供される、包括的なソリューションをご覧ください。弊社の製品エキスパートはお客様の設計を加速し、短期間での市場投入を可能にする最適な製品の組み合わせである「ウィニング・コンビネーション」を開発しました。

私たちが提案する「ウィニング・コンビネーション」のメリットを、今すぐご確認ください