RXコード生成プラグインをお使いのお客様へ: スマート・コンフィグレータへの移行のご案内

FITモジュールのミドルウェアをインポート、ドライバコード生成、端子設定が利用可能なスマート・コンフィグレータへの移行をお勧めします。詳細はこちら >>

概要

クリック1 つで“かんたん”マイコン初期設定、開発工数を大幅削減

コード生成プラグインは、周辺機能の制御プログラム(デバイスドライバプログラム)を自動生成するツールです。必要なソースコードを、ユーザ設定に従って生成するため、開発期間、開発コストを大幅に削減できます。

コード生成プラグインは、ルネサス統合開発環境(IDE)のCS+およびe² studio に含まれています。マイコンや統合開発環境により対応状況が異なりますので、詳細は「コード生成対応マイコン一覧」をご参照ください。

コード生成プラグインは、無償ツールです。インストール、利用などに制限はありません。生成コードは充分に評価していますが、動作を保証するものではありません。お客様の責任においてご使用ください。

トピックス

RL78コード生成プラグインをリビジョンアップしました。RL78/G13Aに対応しました。

詳細はこちら(ツールニュース) >>

ビギナー向け学習ガイド

はじめてコード生成プラグインをご利用いただくお客様向けの学習ガイドをご用意しました。

ガイド(PDF) 概要
CS+コード生成機能学習ガイド(RL78) RL78/G13コード生成を使用してUART、タイマ、A/Dを動作させるプログラムを作ります。コード生成の基本的な使い方が学べます。

RL78ファミリのアプリケーション開発の参考になる"手軽ですぐに使える"サンプルコードはこちら >>

リリース情報

CS+ コード生成

バージョンアップ内容 (ツールニュース参照)

動作環境

特長

  • 操作はすべて、わかりやすいGUIによる簡単操作
  • 複数の周辺機能によるピンの競合をチェックする機能も装備
  • 周辺機能を操作する関数をAPIとして提供
  • ルネサス統合開発環境(IDE)のCS+、およびe² studioに含まれるので、コード編集~ビルド~デバッグの全ての作業が統合開発環境上でスムーズに実行可能

コード生成紹介資料

ガイド(PDF) 概要
コード生成支援ツールのご紹介 RL78、RXコード生成について特長を紹介します

コード生成対応マイコン一覧

ターゲットデバイス 統合開発環境
対応マイコン シリーズ グループ CS+ e² studio
RL78 RL78/F1x RL78/F12, RL78/F13, RL78/F14, RL78/F15, RL78/F1E
RL78/G1x RL78/G10, RL78/G11, RL78/G12, RL78/G13, RL78/G13A, RL78/G14, RL78/G1A, RL78/G1C, RL78/G1D, RL78/G1E, RL78/G1F, RL78/G1G, RL78/G1H
RL78/H1x RL78/H1D
RL78/I1x RL78/I1A, RL78/I1C, RL78/I1D, RL78/I1E
RL78/L1x RL78/L12, RL78/L13, RL78/L1A, RL78/L1C
RX RX100 RX110 (Note1), RX111 (Note1), RX113 (Note1), RX130 (Note1)
RX200 RX230 (Note1), RX231 (Note1), RX23T (Note1), RX24T (Note1), RX24U (Note1)
RX600 RX64M (Note1), RX651 (Note1), RX65N (Note1)
RX700 RX71M (Note1)
RZ RZ/T RZ/T1
RH850 RH850/E1x RH850/E1M-S (Please contact us.), RH850/E1L (Please contact us.)
RH850/F1x RH850/F1K
78K0R 78K0R/Kx 78K0R/Kx3, 78K0R/Kx3-A, 78K0R/Kx3-L
78K0R/Lx 78K0R/Lx3
78K0R/Ix 78K0R/Ix3
78K0R/Fx 78K0R/Fx3
78K0 78K0/Kx 78K0/Kx2-L
78K0/Ix 78K0/Ix2
V850 V850E/Sx V850E/Sx3-H
V850ES/Jx V850ES/Jx3, V850ES/Jx3-L, V850ES/Jx3-H, V850ES/Jx3-E

 対応 | — 未対応

Note

  1. スマート・コンフィグレータで対応しているため、CS+またはe² studioで新規プロジェクトを作成した場合、コード生成プラグインは使用できません。
    スマート・コンフィグレータについてはこちら >>

開発ツール サポート情報

タイトル 概要
My Renesas MY RENESASに登録いただくと、各種ドキュメントの改訂情報、ツール製品などのダウンロードサービスやメールニュースなどの各種サービスをご利用いただけるようになります。
セミナー マイコン学習のための情報が掲載されています。
FAQ よくあるお問合せ、開発のヒントが掲載されています。
フォーラム ルネサスの総合コミュニティサイトです。
ツールニュース ツールのリリース情報、注意事項などが掲載されています。
動作環境 ツール製品の最新バージョンの動作環境をご案内しています。
旧製品/保守製品 すでに新規供給を終了しているルネサス開発環境製品の一覧が掲載されています。

RL78コード生成プラグイン応用例

ガイド(PDF) 概要
RL78/I1Eコード生成 コンフィギュラブル・アンプ使用例 コード生成プラグインの使用例: 使用する周辺機能: タイマ・アレイ・ユニット、A/Dコンバータ、コンフィギュラブル・アンプ
RL78/I1Eコード生成 照度センサ、簡易タッチセンサ、マイク+アンプ使用例 コード生成プラグインの使用例: 3つの演習を通してプロジェクトの作成~デバッグまでを学びます

RL78コード生成を使用したアプリケーションノート(参考リンク)

対応マイコン タイトル アプリケーションノート ソースコード 内容
RL78/G10 RL78/G10 ハンドソープ・オートディスペンサー アプリケーションノート C source (e² studio、CS+) RL78/G10を使用してハンドソープ・オートディスペンサーを実現する方法を説明します。
RL78/G10 Wi-Fiモジュール制御(ESP-WROOM-02 TCP送受信) アプリケーションノート C source (e² studio、CS+) RL78/G10を使用しWi-FiモジュールESP-WROOM-02を制御するためのソフトウェアとその応用サンプルプログラムの使用方法を説明します。
RL78/G12 RL78/G12 A/Dコンバータ(ソフトウエア・トリガ、連続変換モード) CC-RL アプリケーションノート C source (e² studio、CS+) RL78/G12 のA/D コンバータ(ソフトウエア・トリガ、連続変換モード)を使用してアナログ電圧をA/D 変換するための方法について説明します。
RL78/G12 タイマ・アレイ・ユニット(インターバル・タイマ) CC-RL アプリケーションノート C source (e² studio、CS+) タイマ・アレイ・ユニット(TAU)によるインターバル・タイマ機能の使用方法を説明します。
RL78/G13 RL78/G13コード生成の活用例(サンプルプログラム) アプリケーションノート C source (e² studio) e² studio 用のコード生成の活用例の使用方法について説明します。(e² studio プロジェクトのみ)
RL78/G13 A/D コンバータ(ソフトウエア・トリガ、連続変換モード) CC-RL アプリケーションノート C source (e² studio、CS+) RL78/G13 のA/D コンバータ(ソフトウエア・トリガ、連続変換モード)を使用してアナログ電圧をA/D 変換するための方法について説明します。
RL78/G13 シリアル・アレイ・ユニット(UART通信) CC-RL アプリケーションノート C source (e² studio、CS+) シリアル・アレイ・ユニット(SAU)によるUART 通信の使用方法を説明します。対向機器から送られてくるASCII 文字を解析し、応答処理を行います。
RL78/G13 タイマ・アレイ・ユニット(PWM出力) CC-RL アプリケーションノート C source (e² studio、CS+) タイマ・アレイ・ユニット(TAU)によるPWM 出力機能の使用方法を説明します。
RL78/G13 DMAコントローラ(UART連続受信)CC-RL アプリケーションノート C source (e² studio、CS+) DMA コントローラによるUART の連続受信の使用方法を説明します。
RL78/G13 タイマ・アレイ・ユニット(パルス間隔測定(両エッジ)) CC-RL アプリケーションノート C source (e² studio、CS+) タイマ・アレイ・ユニットによるパルス間隔測定機能の使用方法を説明します。
RL78/G13 シリアル・アレイ・ユニット 3 線シリアルI/O(マスタ送受信) CC-RL アプリケーションノート C source (e² studio、CS+) シリアル・アレイ・ユニット(SAU)による3 線シリアルI/O 通信(CSI)のマスタ送受信の使用方法を説明します
RL78/G14 RL78/G14 超音波センサによる距離測定 CC-RL アプリケーションノート C source (e² studio、CS+) 超音波センサを用いた測距方法例を説明します。
RL78/G14 圧電アクチュエータによる触覚フィードバック制御 CC-RL アプリケーションノート C source (e² studio、CS+) RL78/G14 のタイマ・アレイ・ユニット、D/A コンバータを使用して、圧電アクチュエータによる触覚フィードバックを実現する例を説明します。
RL78/G14 A/Dコンバータ(ソフトウエア・トリガ、連続変換モード) CC-RL アプリケーションノート C source (e² studio、CS+) RL78/G14 のA/D コンバータ(ソフトウエア・トリガ、連続変換モード)を使用してアナログ電圧をA/D 変換するための方法について説明します。
RL78/G14 タイマ・アレイ・ユニット(インターバル・タイマ) CC-RL アプリケーションノート C source (e² studio、CS+) タイマ・アレイ・ユニット(TAU)によるインターバル・タイマ機能の使用方法を説明します。
RL78/L13 RL78/L13 電圧検出(LVD)によるLCD駆動の低消費電力化 アプリケーションノート C source (e² studio、CS+) 時計表示の更新に使用する定周期割り込みとLVDを利用し、最適なLCD駆動電圧生成方式を選択することによって、LCD表示の品質とシステムの低消費電力を両立させる方法について説明します。
RL78/L13 シリアル・アレイ・ユニット(UART通信)CC-RL アプリケーションノート C source (e² studio、CS+) シリアル・アレイ・ユニット(SAU)によるUART 通信の使用方法を説明します。対向機器から送られてくるASCII 文字を解析し、応答処理を行います。

RXコード生成プラグインをお使いのお客様へ: スマート・コンフィグレータへの移行のご案内

FITモジュールのミドルウェアをインポート、ドライバコード生成、端子設定が利用可能なスマート・コンフィグレータへの移行をお勧めします。

スマート・コンフィグレータについてはこちら >>

コード生成プラグインからスマート・コンフィグレータへの移行方法はこちら >>

RXコード生成プラグインはV1.16.00以降の改修および対応デバイス追加予定はありません(ユーザーサポートは継続します。また、継続してご利用の場合は使用上の注意事項をリリースノートでご確認ください)。

CS+ RXコード生成 V1.16.00 リリースノートはこちら >>

サンプルコードとアプリケーションノートを掲載しています。各フィルタで絞込みを行えます。

下記をご確認ください