概要

セキュリティシステムがより一般的になるにつれて、ネットワークカメラ市場も巨大になりました。従来のネットワークカメラは、固定焦点またはコントラスト方式オートフォーカス (AF) が採用されていました。現在では、顔認識技術が主流になるにつれ、4K等の超高精細 (UHD)画像処理や高速AFも必須機能となりつつあります。

このリファレンスでは、像面位相差オートフォーカス(PDAF) 機能を備えたCMOSセンサが組み込まれています。PDAFはセンサが直接フォーカシングを行うため、従来のコントラスト方式AFに比べてより高速です。また設計者はよりローエンドなレンズを使用できます。PDAF対応のCMOSセンサ (CIS) が、従来のコントラスト方式に伴うレンズのウォブリング操作を必要としないからです。

また高性能な電源・アナログシステム部には、当社のクロックジェネレータ、PMIC、DC/DCコンバータ、ネットワークカメラモジュール用LDOを使用しています。

このシステムのメリット

  • PDAFに対応した高性能CMOSセンサ: UHD用8Mピクセル、1/1.9インチ光学フォーマット、1.85μm x 1.85μmユニットセルサイズ
  • 高性能クロックジェネレータ、PMIC、DC/DCコンバータ、統合ソリューション向けLDO
画像

cn251-block-diagram

cn251-block-diagram

ビデオ&トレーニング

Quick Start to Use Reference Design Kit for 4K and High-speed AF Camera

In this video, we will explain how to use the reference design kit for 4K and high-speed AF camera.

You can set it up and use its camera functions such as RTSP Video Play, zooming control, and exposure control.

画像
Lab on the Cloud

Lab on the Cloud

ルネサスのLab on the Cloud は、ルネサスの定評ある評価ボード、ウィニング・コンビネーション、ソフトウェアといったソリューションを、ユーザがオンラインでアクセスしてテストできるリモート開発環境です。

CMOSセンサ付き監視カメラ

監視カメラモジュールには、位相検出オートフォーカス(PDAF)を搭載したCMOSイメージセンサ(CIS)ボード、高性能な画像信号処理(ISP)ボードと併せて、オートフォーカスズームレンズソフトウェアが含まれています。 このリファレンスデザインによって、4K解像度、優れたカラーイメージング、ローライト条件でのオブジェクトを含む優れた物体認識精度が、可能になります。 優れた高速オートフォーカス操作は、低価格レンズでも実現できます。 監視カメラリファレンスデザインは、ルネサスの高性能なRAA462113FYL CMOSイメージセンサと NovatekのデュアルコアSoC画像信号プロセッサから構築され、シグナルチェーンの電気機能に対処する他のルネサスICも使用します。 CISボードには、RAA462113FYL、DC/DC降圧コンバータ、LDO、モータ・ドライブ、レンズが含まれています。 ISPボードはSoCと関連するシグナルチェーン用のコンポーネントを搭載しています。

Access the Lab