画像
Overview

概要

RXファミリでは、IoT機器開発に最適な評価キット、便利な開発環境(e2 studio)をご用意しております。 評価キットは、Amazon Web Services (AWS) や Microsoftなど大手クラウドベンダが提供するIoT機器向けリアルタイムOS(FreeRTOS、AzureRTOS)や各種ライブラリ(SSL/TLS, OTA, MQTT, TCP/IP etc)に対応。AWSおよびMicrosoftのデバイス認定を取得しているため、安心してすぐ開発に着手することが可能です。 クラウドにアップロードしたデータの可視化や、機器のリモートコントロール、OTAファームウェアアップデートなど、様々なアプリケーションノートでお客様のIoT開発をサポートいたします。

お客様の投資領域の集中と効率化による敏速なイノベーション開発による早期市場投入、クラウドサービスと連携したAIや機械学習によるデジタルトランスフォーメーション(DX)を活用した新規ビジネス創出を支援します

画像
cloud-solution
画像
RXマイコン評価キットで開発を進めるための3ステップ
画像
評価ボードの選択

ご利用したいボードを選択

画像
開発環境の準備

統合開発環境とコンパイラをインストール

  RENESAS IAR Systems
※Azure RTOSのみサポート
統合開発環境 e2 studio (無償) IAR Embedded Workbench for Renesas RX (商用版)
コンパイラ ルネサス製CC-RXコンパイラ (有償)
または
GNU GCCコンパイラ (無償) ※
※e² studioインストール時に同時にインストール可能です。
IAR製RXコンパイラ(商用版)
画像
ソフトウェア入手

サンプルコードを入手

  e² studio IAR Systems
※Azure RTOSのみ
備考
新規RTOSプロジェクト作成 done
(推奨)
done
  • ユーザプログラムの構築に適した構成
  • カーネルオンリーもしくはサンプルプログラムを含んだプロジェクトを作成可能
    サンプルプログラムおよび対応キットの詳細はこちら <AWS / Azure>
  • スマートコンフィグレータでプロジェクト内のFITドライバ更新が可能
    IAR用スマートコンフィグレータの入手はコチラ
    (e² studioはスマートコンフィグレータ同梱のため別途入手不要)
  • IAR用プロジェクトの作成方法はコチラ
※一部新規作成に対応していないサンプルプログラムが存在します
GitHubからプロジェクトをダウンロードし、プロジェクトをインポート done done
  • クラウドベンダ規定のフォルダ構成
  • e² studio 新規作成未対応のクラウドベンダ認定プログラムを入手可能
  • FreeRTOSプロジェクトは、e² studioのインポート機能「Renesas GitHub FreeRTOS (with IoT Libraries) プロジェクト」から直接入手可能
    サンプルプログラムおよび対応キットの詳細はこちら <AWS / Azure>
※FreeRTOSプロジェクトは、スマートコンフィグレータでFITドライバの更新ができません

 

画像
RX-Cloud_Development-Environment

開発環境

推奨マイコン

豊富なRXマイコンのラインナップから、クラウドコネクティビティに最適な製品を選定しました。
選定の基準として、ルネサスでRTOSをポーティングした結果、必要となるメモリリソースをRAM 96KB以上、ROM 512KB以上(OTA機能実装の場合は1.5MB以上)であると考えました。
さらに、クラウドコネクティビティに求められる、通信、セキュリティ、OTAといった機能への対応も考慮し、以下の製品をピックアップしました。

  Part Number CPU Frequency ROM RAM Trusted
Secure IP
BGO,
Dual Bank
Driver support
Ether Wi-Fi BLE Cellular
MCU RX72M  /  RX72N RXv3 240 MHz 4 MB 1 MB check check check check TBD check
RX66N RXv3 120 MHz 4 MB 1 MB check check check check TBD TBD
RX671 RXv3 120 MHz 2 MB 384 KB check check No check TBD TBD
RX65N  /  RX651 RXv2 120 MHz 2 MB 640 KB check check check check TBD check

評価ボード

ルネサス製デバイスを搭載したボードを利用してクラウド通信を手軽にお試しいただけます。
使用するマイコン、通信方式、周辺機能に応じてお選びいただけます。各ボードに対応した多様な組み込みプログラムも無償でダウンロード可能です。
以下のような目的に最適です。

  1. ルネサスのデバイス(MCU、アナログデバイス、センサ)の評価に
  2. お客様がボードやプログラムを設計される際のリファレンスに
  3. 新たにクラウド通信を始める方の学習用途に
 
画像
ck-rx65n-connected-pmod
画像
Cloud_RX65N-Cloud-Kit
画像
Cloud_RSK-for-RX65N-2MB
  CK-RX65N RX65N CloudKit Renesas Starter Kit+ for RX65N-2MB
概要 IoT機器開発に最適な評価キット。
Cellularモジュール(RYZ014A)付属、6種のセンサを搭載。付属のSIMカードと10USD分のAWSトライアルアカウントですぐにIoT機器開発をスタート可能。
Wi-Fi接続可能なIoT評価キット。
Wi-Fi通信モジュール、温度/湿度センサ、光センサ、3軸加速度センサを搭載。IoT機器に近い構成で評価可
RX65Nマイコンの汎用評価キット。
Ether通信によるクラウド通信評価が可能。クラウド通信以外の機能評価にも使用可能。
通信 Ethernet 対応 - 対応
Cellular(CAT-M1) 対応 - -
Wi-Fi - 対応 -
サンプルプログラム AWS MQTT(*1)
OTA(*1)
拡張プログラム センサデータ可視化
低消費電力動作
センサデータ可視化
低消費電力動作
セカンダリデバイスOTA FW Update
Azure MQTT(*2) 開発中
OTA(ADU)(*2) 開発中
Plug and Play(*2) 開発中 -
拡張プログラム センサデータ可視化 - -
LCD - - 搭載

*1:AWSのMQTTおよびOTAサンプルプログラムは、GitHubもしくはe² studioの新規作成機能より入手可能です。
 詳細は本ページ”概要”の「③ソフトウェア入手」をご確認ください。

*2:AzureのMQTTおよびOTA、Plug and Playサンプルプログラムは、GitHubもしくはe² studioの新規作成機能より入手可能です。
 詳細は本ページ”概要”の「③ソフトウェア入手」をご確認ください。

 
画像
Cloud_RX72N-Envision-Kit
画像
Cloud_RSK-plis-for-RX671
  RX72N Envision Kit Renesas Starter Kit+ for RX671
概要 クラウド通信に加え、LCDや音声入力にも対応した多機能評価キット。Wi-Fi/BLEモジュール、汎用USBポートを搭載。クラウド通信+HMIの評価をこれ一台で実現。 RX671(コードフラッシュ2MB、ピン数144-pin)の入門用に最適なスタータキット。LCDディスプレイモジュール、オンチップデバッギングエミュレータが付属。
通信 Ethernet 対応 -
Cellular(CAT-M1) - -
Wi-Fi 対応
(別売りWi-Fi Pmod拡張ボードが必要)
対応
(別売りWi-Fi Pmod拡張ボードが必要)
サンプルプログラム AWS MQTT(*1)
OTA(*1)
拡張プログラム センサデータ可視化 -
Azure MQTT(*2)
OTA(ADU)(*2)
Plug and Play(*2) -
拡張プログラム - -
LCD 搭載 搭載

*1:AWSのMQTTおよびOTAサンプルプログラムは、GitHubもしくはe² studioの新規作成機能より入手可能です。
 詳細は本ページ”概要”の「③ソフトウェア入手」をご確認ください。

*2:AzureのMQTTおよびOTA、Plug and Playサンプルプログラムは、GitHubもしくはe² studioの新規作成機能より入手可能です。
 詳細は本ページ”概要”の「③ソフトウェア入手」をご確認ください。

画像
RX-Cloud_certificationprogram

認定プログラム

RXファミリでは、大手クラウドベンダが提供するリアルタイムOSをRXファミリ向けにポーティングしたプログラムをご用意しています。FreeRTOSおよびAzureRTOS対応プログラムは、それぞれAWSおよびAzureのデバイス認定を取得しており、安心してご利用いただけます。

  Amazon FreeRTOS Microsoft AzureRTOS
利用料金 無償
MITオープンソースライセンス
"ルネサスMCU"は無償
事前ライセンス供与
クラウドITベンダ認定 各種KitでAWS Partner Device認定取得済 各種kitでAzure Certified Device認定取得済
OTA/FW Update向け
サンプルプログラム

AWSFreeRTOSOTA

Microsoft ADU
ITベンダの
RTOS-LTS サポート

FreeRTOSLTS Libraries

AzureRTOS-LTS Components
開発環境 Renesas提供無償IDE(e² studio) Renesas提供無償IDE(e² studio)
IAR Embedded Workbench for RX
画像
aws logo
 

AWS認定済みプログラム

AWS認定済みFreeRTOS搭載プログラムには、以下の2つが存在します。

  • クラウドサービスへの通信をすぐに実行できるMQTT通信プロジェクト
  • OTAによる遠隔ファームウェアアップデートが可能なOTAプロジェクト]

FreeRTOSバージョンおよびデバイスの組み合わせによってサンプルプログラムの対応状況が異なるため、Renesas公式GitHubのReleaseページより最新情報をご確認ください。
また、Renesas Starter Kit+ for RX65N-2MBでは、常に最新のFreeRTOSバージョンをご利用いただけます。AWS公式コンソールよりプロジェクトをダウンロードしてください。

拡張プログラム

FreeRTOS拡張プログラム

AWS認定プログラムをベースに、IoT機器開発に役立つ機能を拡張したサンプルプログラムをご用意しています。

プログラム 入手 ボード 通信 動作概要
センサデータアップロード Link Renesas CK-RX65N Ethernet
Cellular
CK-RX65N付属SIMカードのアクティベーションから、Dashboardにセンサデータを表示するまでの一連の流れを解説。CK-RX65N付属のSIMカードおよびAWSトライアルアカウントを使用すれば、すぐにでもIoT機器開発をスタートいただけます。
Link RX65N Cloud Kit Wi-Fi TeraTerm経由でプロビジョニング情報を入力することで、AWSクラウドに接続し、センサデータ送信します。初期の動作確認にご活用ください。
Link RX65N Cloud Kit Wi-Fi AWSのクラウドサービスを活用してセンサデータを可視化および制御できます。PoC開発に活用ください。
Link RX72N Envision Kit Wi-Fi Quick-Connect IoT を活用してセンサ情報をAmazon Web Services に送信、センサデータを可視化します。PoC開発に活用ください。
Trusted Secure IP対応MbedTLS Link RX72N Envision Kit Ethernet FreeRTOSのMbedTLSをセキュリティH/W IPであるTrusted Secure IP(TSIP)を使用して通信するサンプルプログラムです。MbedTLSとTSIPを組み合わせることでクラウドの認証情報をセキュアに内蔵ROMに保管できます。
セカンダリデバイスOTAファームウェアアップデート Link Renesas Starter Kit+ for RX65N-2MB Ethernet セカンダリデバイスのOTAファームウェアアップデート(2nd OTA)サンプルコードです。 AWSとの通信を行うゲートウェイデバイス(RX65N)を用いて、セカンダリデバイス用RXマイコンに対しOTA FWアップデートを行います。直接クラウドに接続していないデバイスでのOTAを実現でき、セカンダリデバイスの脆弱性への対応やフレキシブルなサービスのアップデートが可能になります。 紹介動画:Secondary Device OTA Update using FreeRTOS and Amazon Web Services
画像
FreeRTOS-secondary-device-OTA
低消費電力動作 Link Renesas CK-RX65N Cellular LTE Cat-M1モジュール(RYZ014A)とFreeRTOSを用いた低消費電力動作例(間欠動作)のサンプルプログラムです。IoT機器はバッテリ駆動を前提としたものも多く、消費電力を抑える工夫が必要です。本サンプルを使えば、通信制御の間欠動作による低消費電力化を実現できます。
紹介動画:RX MCU Low Power Consumption Operation with FreeRTOS by Amazon Web Service
画像
Azure-logo
   
 

Azure認証済プログラム

Azure認定済みFreeRTOS搭載プログラムには、以下の3つが存在します。

AzureRTOSバージョンおよびデバイスの組み合わせによってサンプルプログラムの対応状況が異なるため、Renesas公式GitHubより最新情報をご確認ください。

※IoT Plug and Play対応プログラムとは
MicrosoftにてIoT Plug and Play動作の認証を受けたAzure RTOSベースのサンプルプログラムです。
本サンプルコードを使用することで、IoTデバイスと製品の接続、監視、制御、管理を容易にし、更にカスタマイズ可能なダッシュボードを提供するAzure IoT Centralにプログラムの変更無しに接続できます。詳細はMicrosoft公式ドキュメントをご参照ください。

AzureRTOS拡張プログラム

Azure認定プログラムをベースに、IoT機器開発に役立つ機能を拡張したサンプルプログラムをご用意しています。

プログラム 入手 ボード 通信 動作概要
センサデータアップロード Link RX65N Cloud Kit Wi-Fi Azureのクラウドサービスを活用し、温度データをWebアプリ上で可視化するサンプルコードです。PoC開発にご活用ください。本サンプルコードの内容は、下記の動画でも確認できます。
解説動画:
Azure RTOSチュートリアル(1/3) RX65N Cloud Kit : ~開発環境セットアップ編~ - YouTube
Azure RTOSチュートリアル(2/3) RX65N Cloud Kit : ~プログラムセットアップ編~ - YouTube
Azure RTOSチュートリアル(3/3) RX65N Cloud Kit : ~Azureクラウド操作編~ - YouTube

AWS は、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。
https://aws.amazon.com/jp/trademark-guidelines/

FreeRTOS は Amazon Web Services, Inc. の商標です。
https://freertos.org/copyright.html

GitHub® は GitHub,Inc. のトレードマークです。
https://github.com/logos

Azureは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
https://azure.microsoft.com

画像
seminer (Japan)

セミナ

RXマイコンを使用したクラウドサービスの活用方法を解説するセミナを開催しています。ハンズオン形式のパートもあり、ボードを購入し、ツールをインストールいただくことで、実際に操作し手順を体験いただけます。今後実施予定のセミナへの申込はこちら

画像
Cloud_seminer.

セミナ動画

過去実施したセミナを動画で視聴いただけます。

セミナ名 動画 言語
AWSクラウド簡単接続!RX65N Cloud Kitを活用したAWS IoTオンラインセミナー 入門編 再生 日本語
故障検知クラウドシステムを簡単実装!RX65N Cloud Kitを活用したAWS IoTオンラインセミナー 応用編 再生 日本語

ドキュメント

タイトル 分類 日付
PDF2.06 MBEnglish
アプリケーションノート
PDF5.07 MBEnglish
関連ファイル:
アプリケーションノート
PDF1.01 MB
アプリケーションノート
PDF5.39 MBEnglish
アプリケーションノート
PDF3.14 MBEnglish
アプリケーションノート
PDF448 KB
マニュアル-開発ツール
PDF525 KB
マニュアル-開発ツール
PDF77 KB
マニュアル-開発ツール
PDF660 KB
マニュアル-開発ツール
PDF467 KB
マニュアル-開発ツール
PDF149 KB
マニュアル-開発ツール
PDF530 KB
マニュアル-開発ツール
PDF768 KB
マニュアル-開発ツール
PDF367 KB
マニュアル-開発ツール
PDF574 KB
マニュアル-ソフトウェア
PDF338 KB
その他
ホワイトペーパー

ダウンロード

タイトル 分類 日付
ZIP0 KB
Board Description File
ZIP440.02 MBEnglish
サンプルコード
ZIP22.40 MBEnglish
アップデート-コンパイラ
ZIP570.27 MBEnglish
アップデート-統合開発環境
ZIP1,616.98 MBEnglish
アップデート-統合開発環境
ZIP1,264.32 MBEnglish
アップデート-統合開発環境