インテリジェントかつ自動運転向けに設計

R-Carプラットフォームは自動運転またはADAS、コネクテッドゲートウェイ、車載インフォテインメント、コクピットおよびダッシュボードなどの幅広い車載アプリケーションに対応します。 自動運転の時代に向けた次世代車載コンピューティング向けに設計されています。このような車は「走るコンピュータ」と呼ばれるようになりました。 無数のLAN接続のMCUがアクチュエータやセンサからデータを取得し、最適な処理で環境に優しい車を作ります。 自動運転、高度なナビゲーションシステム、およびインフォテインメントシステムはさらに快適な運転経験にするだけでなく、最先端の組み込み人工知能技術をベースに画像認識を使った危険回避システムで安全も提供しており、さらに、自動車機能安全規格であるISO26262のASIL Dまでサポートしています。

スケーラブルなR-Carハードウェアプラットフォームと柔軟なソフトウェアプラットフォームは、プレミアムクラスからエントリーレベルまで、あらゆる製品ラインナップをカバーしています。 プラグインは複数のオープンソースソフトウェアで利用できます。

あらゆるセグメントのためのR-Car

あらゆるセグメントのためのR-CarR-Car V3UR-Car V4HR-Car V3MR-Car V3H2R-Car S4R-Car H3eR-Car M3eR-Car E3eR-Car D3eR-Car M3NeR-Car H3Ne

R-Carコンソーシアム

パートナーとのコラボレーションにより、統合コックピットのソリューションを追求、創出するための会員制(登録制)メニューです。

R-Carファミリ開発環境

車載SoC性能を引き出すソフトウェアを効率よく開発するたために、ルネサスは開発ツール、ソフトウェアライブラリ、サンプルソフトをツールベンダとも連携しラインアップしています。

製品ラインアップ

   
R-Car S4 R-Car S4は、E / Eアーキテクチャがドメインとゾーンに進化する際に必要とされる、高性能、高速ネットワーキング、高セキュリティ、および高機能安全レベルを備えたCar Sever / CoGWの導入を可能にします。
R-Car H3e R-Car H3eは、ハイエンドコンピューティング向けのSOCとして、車両に搭載された各種センサーからの膨大な情報をリアルタイムで処理する事が可能であり、車載情報システムや統合コックピットなどを含む、幅広いアプリケーションに適用可能です。
R-Car H3eでは、2GHz動作をサポートした製品もご用意し、より高いCPU性能をご提供します。(R-Car H3e-2G)
R-Car H3Ne R-Car H3Neは、R-Car H3eと同様の位置付けとしながら、データ通信速度や周辺ペリフェラルの最適化を行いました。R-Car H3eと同様に、車載情報システムや統合コックピットを含む、幅広いアプリケーションに適用可能です。
R-Car M3e R-Car M3eは、ミディアムクラスの車載コンピューティングシステムに向けたSOCで、車載情報システムやローエンド統合コックピット、コネクテッドゲートウェイ、セントラルサーバーなど、幅広いアプリケーションへの適用が可能です。
R-Car M3eでは、2GHz動作をサポートした製品もご用意し、より高いCPU性能をご提供します。(R-Car M3e-2G)
R-Car M3Ne R-Car M3Neは、R-Car M3eに対して機能や性能の最適化を行い、エントリ車載情報システムやデジタルクラスタ、コネクテッドゲートウェイなど、より幅広いミディアムクラスの車載コンピューティングが必要とされるアプリケーションへの適用が可能です。
R-Car M3Neでは、2GHz動作をサポートした製品もご用意し、より高いCPU性能をご提供します。(R-Car M3Ne-2G)
R-Car E3e R-Car E3eは、強力なグラフィックス性能とマルチメディア機能をサポートした、エントリクラスのアプリケーションに最適なSOCです。適用可能なアプリケーションとしては、デジタルインストルメントクラスタ、ディスプレイオーディオ、ドライバーモニタリングシステム、LEDマトリックスライトなどを想定しています。
R-Car D3e R-Car D3eは、フルグラフィックスクラスタシステムに向けた SOC製品で、高性能なグラフィックス描画とローエンドシステムが実現可能なソリューションです。
R-Car V3M R-Car V3MはRenesas autonomyの第一弾となるフロントカメラ向けSoCで、NCAP安全基準を満たすカメラシステム開発に最適です。高効率な画像認識を実現する画像認識エンジンを搭載し、高度な機能安全をサポート、カメラ一体のインテグレーションによりコスト削減も可能にするISPを搭載しています。
R-Car V3H R-Car V3Hは最先端のComputer Vision向けの最高水準のTOPS/Wattを、ドライバーモニタリングシステムなどの最新のNCAP2020年要件に対応し、NCAP(欧州新車アセスメントプログラム)2025年への移行パスを提供します。
R-Car V3U R-Car V3Uは、R-Car Gen 4アーキテクチャーを駆使した、オープンかつ革新的Renesas autonomyプラットフォームの最新ラインナップです。 このR-Car V3Uは、最大で60TOPS、96,000DMIPSの性能を実現し、エントリー向けNCAPアプリケーションから高レベルの自動運転システムまで1チップでメインプロセッシングを実現します。
R-Car V4H R-Car V4Hは、先進運転支援(ADAS)および自動運転(AD)ソリューション向け車載用SoC(System On Chip)です。R-Car V4Hは最大34TOPS(Tera Operations Per Second)のディープラーニング性能を実現し、車載カメラ、レーダー、ライダーによる周辺物体の高速画像認識・処理を可能にします。

Note: R-Car Gen3向けのドキュメントは、R-Car Gen3eにもお使いいただく事が可能です。R-Car Gen3とR-Car Gn3eの差分については、記載をご覧ください。

ドキュメント

タイトル 分類 日付
PDF4.38 MB
カタログ
カタログ
PDF832 KB
パンフレット
PDF890 KB
パンフレット
PDF1.83 MB
パンフレット
PDF307 KB
パンフレット
PDF289 KB
製品変更通知
PDF340 KBEnglish
製品変更通知

ビデオ&トレーニング

ニュース&ブログ

車載向けソフトウェアのリモート開発環境に対する取り組み ブログ 2022年9月19日
E/Eアーキテクチャ開発を容易化するバーチャルターンキープラットフォーム ブログ 2022年5月25日
R-Car S4向けマルチコアデバッグ&トレースツール ブログ 2022年5月11日
Renesas next generation Automotive Vehicle Computer VC4 – R-Car Ecosystem パートナーとのWinning comboソリューション ブログ 2022年4月26日
E/Eアーキテクチャの進化に応えて、車載用アプリケーションソフトウェアの先行開発と動作評価を実現するバーチャル開発環境を提供開始 ニュース
自動運転レベル2+/レベル3を普及車へも搭載可能にする、車載用SoC「R-Car V4H」を発売 ニュース
ルネサス、トヨタの次世代マルチメディアシステムに採用、LEXUSに搭載 ニュース
次世代の車載中央コンピュータ向けに、新開発のゲートウェイ用SoC「R-Car S4」とPMICを組み合わせた車載ゲートウェイソリューションを発表 ニュース
ADASや自動運転システム向けソフトウェア開発を加速する、R-Car用ソフトウェア開発キットを提供開始 ニュース
お客様のTime to Marketを支援するR-Car Market Placeとは!? ブログ 2021年7月21日
車載インフォテインメント、コクピット、デジタルクラスタ向けに、第3世代R-CarのCPU性能を最大約20%向上したR-Car Gen3eシリーズを発売 ニュース
車載インフォテインメント、コックピット、デジタルクラスタ向け新製品R-Car Gen3eシリーズ ブログ 2021年7月21日
オープンなターンキーソリューションでスマートカメラ向けNCAP2025開発を加速 ブログ 2021年6月3日
次世代自動車向けのディープラーニングアーキテクチャの動向について ブログ 2021年5月26日
ドライバーモニター、搭乗者モニタリング向けルネサスソリューション ブログ 2021年5月19日
車載カメラ向けR-Car V3H SoC用パワーマネジメントICの提供を開始、機能安全システムの実現を支援 ニュース
ルネサスとLUPA、車載用スマートカメラ開発を加速するオープンなターンキーソリューションを提供開始 ニュース
車載用スマートカメラ向けSoC「R-Car V3H」を大幅にアップデート、ドライバモニタリングなど最新のNCAP要件に応えてディープラーニング性能を向上 ニュース
自動運転のメインプロセッシングを1チップで実現する「R-Car V3U」を発表 ニュース