概要

Description

ルネサスは、IPD(Intelligent Power Device)技術を用いた効率的な配電Box向けソリューションを提供します。 IPDはインテリジェントな保護/診断機能を持つため、機械式リレーに比べて安全レベルが向上します。 IPDは、サイズと重量が小さいことに加えて、ケーブルハーネスの最適化と機能安全の実装を備えた高度な自動車配電ネットワークを構築するための重要な要素です。バッテリー電源を複数の並列ラインに分割し、保護・分散された電源ネットワークを各ECUに提供します。このソリューションは、あらゆるタイプの階層化ネットワークの基礎を形成し、冗長性を持たせることで要求される安全レベルの達成を可能にします。

このシステムのメリット:

  • 過熱・過電流時の保護機能を備えた高電流対応IPDにより、リレーとヒューズの置きかえが可能。
  • 小型パッケージ・低消費電力・低コストのRL78 MCUラインアップによるBOMの最適化。
  • IPDの電流検出端子をMCUでモニタすることで負荷電流を監視し、異常電流を精度よく検出し、プログラム制御の最適シーケンスでリカバリ動作が可能。
  • カスケード接続IPDを時間差でONするソフトスタートアップによって、ピーク電流の分散化が可能。
  • 機能安全対応の冗長なネットワークをサポートするパラレル電源ライン設計。

営業お問い合わせ

画像
画像
Winning Combos

車載システム向けウィニング・コンビネーション

アナログ+パワー+組み込みプロセッシング+コネクティビティなど、ルネサスの補完的な車載用製品ポートフォリオを組み合わせることで提供される、包括的なソリューションをご覧ください。弊社の製品エキスパートはお客様の設計を加速し、短期間での市場投入を可能にする最適な製品の組み合わせである「ウィニング・コンビネーション」を開発しました。

もっとウィニング・コンビネーションを見てみましょう