リモート監視および制御(M&C)システムは、工場、発電所、ネットワークセンター、空港、宇宙船などの巨大かつ複雑な施設を、部分的に自動化・制御できるよう設計されています。M&Cシステムはそのデータを、センサー、テレメトリ・ストリーム、ユーザーによる入力、あらかじめプログラムされた環境から受信することもあります。

システム要件に応じて、完全な独立型、または低価格で非独立型のリモート監視システムを選択できます。このブロック図に基づきシステム設計することで、安全性と信頼性が最重要となるクリティカルシステムに向けた、完全に独立したソリューションが実現します。

 

主な機能

  • 高い安全性と信頼性を備えた、ノイズが多い環境向けの完全に独立した制御システム
  • Arm® cortexコアによる高性能なMCU
  • チップ内に組み込まれた安全性: SRAM/FLASH両方のデータを保護するECC

アプリケーション

  • ファクトリー・オートメーション
  • ビルディング・オートメーション
  • ネットワーク運用
システムブロック図

リモート監視システム

ウィニング・コンビネーション

ルネサスとIDTによる補完的製品ポートフォリオは、互いに連携しあうことで、お客様により包括的なソリューションを提供することができます。ただ、これはまだ序章に過ぎません。ルネサスとIDTの開発チームによる、今後のコラボレーションが本格化するにつれ、今までのソリューションよりも更に大きなメリットを持つ、更に高度な統合ソリューションが登場して参ります。

私たちが提案する「ウィニング・コンビネーション」のメリットを、今すぐご確認ください