リモート監視および制御(M&C)システムは、工場、発電所、ネットワークセンター、空港、宇宙船などの巨大かつ複雑な施設を、部分的に自動化・制御できるよう設計されています。M&Cシステムはそのデータを、センサー、テレメトリ・ストリーム、ユーザーによる入力、あらかじめプログラムされた環境から受信することもあります。リモート監視ステーションを設置し、通常はRS-232、RS-485、RS-422を経由して、システム上のさまざまな「ノード」にステータス情報の提供と様々な制御を行う機能を実現することが、オーソドックスなアプローチでしょう。Synergy S5D9マイクロコントローラ(MCU)を採用することで、ルネサスが提案するリモート監視システムソリューションは、さまざまな通信規格とLCD表示機能をサポートし、スムースにモニタリング・ステーションを構成することができます。ISL32704Eトランシーバは完全に絶縁された堅牢なESD RS-485インタフェースをサポートし、RV1S9160Aフォトカプラは他のRS-232/RS-485トランシーバ間を確実に絶縁します。

このソリューションは、音声認識と静電容量式タッチパネル操作をサポートします。クラウドへのWLAN接続はWi-Fiでサポートします。さらに、大型カラーTFT液晶パネルが、操作性に優れたHMIをサポートします。

オプションのクラウド接続機能は、周辺装置モジュール・インターフェイス(PMOD)RFモジュールとSynergy SSPでサポートします。

主な機能

  • 複数の絶縁型RS-485、RS-232、RS-422バスとの幅広い接続性
  • TFT-LCDC、静電容量方式タッチパネル、動作保証SSPが内蔵された、Arm® Cortex® をコアとした高性能MCU S5D9
  • 高い接続性要件をクリアする大容量メモリ
  • 簡単なクラウド接続

アプリケーション

  • ファクトリー・オートメーション
  • ビルディング・オートメーション
  • ネットワーク運用
システムブロック図

リモート監視システム

ウィニング・コンビネーション

アナログ+パワー+組み込みプロセッシングなど、ルネサスの補完的な製品ポートフォリオを組み合わせることで提供される、包括的なソリューションをご覧ください。弊社の製品エキスパートはお客様の設計を加速し、短期間での市場投入を可能にする最適な製品の組み合わせである「ウィニング・コンビネーション」を開発しました。

私たちが提案する「ウィニング・コンビネーション」のメリットを、今すぐご確認ください