UART対応開発支援ツール QE for UART [テクニカルプレビュー版]

概要

QE for UARTは、統合開発環境e² studio上で動作するソリューション・ツールキットのひとつです。RXファミリのUART通信機能を使用した組み込みシステム開発において、UART通信の初期設定や通信処理のデバッグを支援します。

トピックス

QE for UART リリース!UART通信システムのデバッグを簡単にします。

リリース情報はこちら >>

リリース情報

QE for UART

最新Ver.: V1.0.0

リリース: 2018/02/20

Operating Environment

特長

  • 通信モニター等の特別な機器無しで、UARTの通信ログをモニタリング可能
  • UART通信に必要な設定が一目で確認可能
  • UART通信中によく発生するエラーをキャッチ。原因の表示も可能

機能

通信モニター等の特別な機器無しで、UARTの通信ログをモニタリング可能

QE for UARTは、通信モニター等の特別な機器を使用することなく通常の開発環境(エミュレータおよび統合開発環境)のみで、すぐにUART通信のログ表示が可能です。送信/受信データをそれぞれ分けて表示し、ASCII表示/16進数表示も選択できます。

ログのカスタムデコード機能も備えており、通信プロトコル仕様を含めたUART通信処理のデバッグを効率よく進められます (Note1, 2参照)

UART通信に必要な設定が一目で確認可能

UARTの通信に必要な、ボーレートやデータ長などのレジスタ値およびその説明を一覧で表示します。通信先機器の設定値とこのビューの値とを見比べるだけで、設定不備箇所を特定できます。

UART通信中によく発生するエラーをキャッチ。原因の表示も可能

QE for UARTはUARTドライバの動作をウォッチすることで、オーバーランエラー・フレーミングエラーなどのよく起こる通信エラーを検出できます。またエラー発生時にシステムをブレークする機能により、修正すべき箇所の特定を容易にします。

Note

  1. 1. デコード機能には、フリーソフトの「Wireshark®」を別途インストールが必要です。
  2. 2. プロトコル仕様入力には「Microsoft® Excel®」を別途インストールが必要です。

サポートSCI(UART)ドライバ

デバイス ドライバ バージョン
RXファミリ FITモジュール r_sci_rx Rev.2.00
コード生成 SCI(SCIF) 調歩同期式モード 1.0.0

ターゲットデバイス

デバイス グループ
RXファミリ 全グループで利用可能。

※ ボーレート表示機能は以下グループのみ対応。RX113, RX130, RX231, RX230, RX65N, RX651, RX64M, RX71M

開発ツール サポート情報

タイトル 概要
My Renesas MY RENESASに登録いただくと、各種ドキュメントの改訂情報、ツール製品などのダウンロードサービスやメールニュースなどの各種サービスをご利用いただけるようになります。
セミナー マイコン学習のための情報が掲載されています。
FAQ よくあるお問合せ、開発のヒントが掲載されています。
フォーラム ルネサスの総合コミュニティサイトです。
ツールニュース ツールのリリース情報、注意事項などが掲載されています。
動作環境 ツール製品の最新バージョンの動作環境をご案内しています。
旧製品/保守製品 すでに新規供給を終了しているルネサス開発環境製品の一覧が掲載されています。