実績あるルネサスのR-Car SoC、RH850マイコンを活用し、手軽に先進運転支援システム(ADAS)、自動運転(AD)の開発を開始することができるキットをご提供

スタータキット

H3 & M3 スタータキット

R-CarスタータキットはAutomotive Grade Linux (AGL) やGENIVI®といったオープンソースコミュニティにおいて標準化が進む車載Linuxプラットフォームを容易に構築でき、高い拡張性をもち幅広い用途に使用可能な、車載ソフトウェア開発用スタータキットです。インタフェース互換のR-Car H3R-Car M3の2種類をラインアップしています。

V3M スタータキット

V3Mスタータキットは、車載ソフトウェア開発を容易にし、フロントカメラアプリケーション、サラウンドビューシステム、ライダーなどの応用向けに新しいADASや自動運転アプリケーションの導入を加速させます。高性能および低消費電力のために設計したV3Mシステムオンチップ(SoC)を基にするスタータキットです。本スタータキットは、ルネサスのオープンソースe2 studio統合開発環境(IDE)をはじめ必要なインターフェースおよびツールを包括しているため、ご購入後すぐご利用いただけます。

ソリューションキット

RazorMotion

Razormotionは、複雑な、高度に自動化された運転システムの高効率のインテグレーションプロセスを支援します。試作ECU上でソフトウェアを容易に検証・インテグレートでき、開発期間を短縮し自動車の量産開始までの時間を短縮します。

HADソリューションキット

HAD(高度自動運転)ソリューションキットは、高度な自動運転システムに求められる性能と機能を堅牢なケースに搭載し、大規模なハードウェア開発を行うことなく、実用化に向けたソフトウェア開発を可能にします。
車載カメラなど各種センサから入力される大量の情報を高速に処理することが可能なコンピューティング性能を実現するハイエンド SoC「R-Car H3」を搭載した車載用開発キット「R-Car スタータキット Premier」2セットと、機能安全(ISO26262)において最も高い安全要求レベルとなるASIL Dに準拠したシャシー制御用ハイエンドマイコン「RH850/P1H-C」を搭載し、自動運転の開発に必要な各種インタフェースや、データロギング機能も搭載しています。

Automotive Development Tools Icon

自動車 開発環境

数多くのツールベンダーと連携した、多彩な車載システム向け開発ツールをご紹介しています。