RZ/Nシリーズは、産業システム向けに、冗長ネットワーク技術やTSN、複数の産業ネットワークプロトコルを簡単に実現できる Arm®搭載マイクロプロセッサです。搭載しているギガビットスイッチにより、ネットワークプロトコルに簡単に接続するができます。そして、充実な周辺製品により、産業イーサネットが必要なアプリケーションにサポートできます。

産業用Ethernet & Fieldbus

インダストリ4.0および産業向けIoT(Internet of Things) 用途に、リアルタイム通信をシームレスに提供します。PROFINET, EtherNet/IP™, EtherCAT®, Modbus, CC-Linkを含む主な産業通信プロトコルに対応します

パートナソリューション

RZ/Nシリーズをサポートするパートナ製品とサービスは、設計をスピードアップし、より早く市場に製品を投入することが出来ます。

主な応用分野

  • PLC
  • イーサネットスイッチ
  • リモート I/O
  • センサハッブ
  • 産業ゲートウェイ
  • 産業モータドライブ
  • インバータ
  • ACサーボ
  • 産業イーサネットユニット/モジュール

注目の製品

製品 概要 主要ドキュメント
RZ/N2L TSN対応ギガビットイーサネットスイッチ搭載。産業機器にネットワーク機能を容易に付加できる、産業イーサネット通信用MPU pdf_icon_for_table.png
RZ/N1D 5つのイーサネットポートと最新リダンダンシープロトコルに対応でPLCなど産業ネットワークのマスター機器に最適 pdf_icon_for_table.png
RZ/N1S 大容量の内蔵RAMにより周辺部品の削減が可能なため小型PLCやHMIに最適。R-INエンジン搭載でゲートウェイやセンサーハブなど適応可能 pdf_icon_for_table.png

仕様概要

仕様 RZ/N2L RZ/N1L RZ/N1S RZ/N1D
CPU Cortex®-R52 Arm® Cortex®-M3 (Renesas R-IN Engine) Arm® Cortex®-A7 + Arm® Cortex®-M3 (Renesas R-IN Engine) Cortex-A7 x2 + Arm® Cortex®-M3 (Renesas R-IN Engine)
Max Operating Frequency 400MHz 125MHz 500MHz 500MHz
Ethernet Port Up to 3 ports Up to 2 ports Up to 3 ports Up to 5 ports
Memory System RAM: 1.5MB (w/ECC)
ATCM 128KB (w/ECC)
BTCM 128KB (w/ECC)
System RAM: 6MB (w/ECC) System RAM: 6MB (w/ECC) System RAM: 2MB (w/ECC)
Host I/F Serial Host: OSPI/QSPI
Parallel Host: 8, 16-bit
None None None
Industrial Ethernet Protocol EtherCAT®, PROFINET RT/IRT, EtherNet/IP™, TSN (IEC/IEEE 60802 Industrial Profile), CC-Link IE Field Basic, OPC UA over TSN EtherCAT®, PROFINET RT, EtherNet/IP™, TSN (IEC/IEEE 60802 Industrial Profile), CC-Link IE Field Basic, OPC UA over TSN
HSR/PRP Supported None None PRP HSR/PRP
Motor Control Peripherals PWM Timer (MTU3, GPT), ADC, ΣΔ Interface, Trigonometric function unit None None None
Package 225FBGA, 121FBGA 196LFBGA 324LFBGA, 196LFBGA 400LFBGA, 324LFBGA
OS Supported RTOS RTOS RTOS Linux, RTOS

関連ボード&キット

ビデオ

RZ/N2L MPU Enables Easy Implementation of Industrial Ethernet and TSN

産業イーサネット、TSNを産業機器に容易に付加できるマイクロプロセッサRZ/N2L

RZ/N2Lの特長により、次の開発に産業ネットワークをより早く実現できる詳細をご覧ください。