概要

Description

R-Car第4世代の最上位となるAD/ADASアプリケーション用開発キットを使った、自動運転レベル2–3相当の運転支援システム(アダプティブクルーズコントロール、レーンキープ、駐車支援システムなど)向けADAS電子制御ユニット開発のベースとなるソリューションです。 リファレンスボードは、AD/ADASを実現するための高解像度4Kを含むマルチカメラ入力、4Kディスプレイ出力、ネットワークIF及び音声出力、さらに複数ECUを並列稼働させるためのPCIeGen4に対応しています。

さらにルネサスは、プリレギュレータRAA271041及びPMIC RAA271005を中心に、機能安全に対応したR-Car V4H 専用の電源ソリューションを提供します。このソリューションにより、ハードウェアとソフトウェアの開発労力を最小限に抑えながら、設計の複雑さ、コスト、市場投入までの時間を短縮することができます。

このシステムのメリット

  • リファレンスボードにより即座にプラットフォーム開発が可能な環境を提供し、市場投入期間短縮に貢献
  • シンプルな開発環境の要望に対応するため、 R-Car V4H、PMIC、LPDDR5-6400メモリ、Flashメモリ、ディスプレイ出力、Ethernet 1000BASE-Tを搭載し、コンパクトにコアシステムを分離したスタータキットのみの提供も可能
  • R-Car V4Hの最大34TOPSのディープラーニング性能により、車載カメラ、Radar、LiDARのセンサデータを使った周囲の物体の高速認識・処理(センサフュージョン)を実現
  • R-Car V4Hの主要IFとしてEthernet用のRGMIIを4ch、CSI2を2ch、DSIを2ch、PCIeGen4を2ch、CANを8chサポート
  • CANやEthernetによるリモート電源制御に対応し、リモート環境でのシステム評価が可能
  • RAA271005やRAA271041を中心としたR-Car専用PMICにより、機能安全を考慮した電源制御を実現
  • プログラマブルクロックジェネレータにより複数の水晶発振器の置き換えが可能であり、BOMコスト及び実装サイズを低減
画像
画像
Winning Combos

車載システム向けウィニング・コンビネーション

アナログ+パワー+組み込みプロセッシング+コネクティビティなど、ルネサスの補完的な車載用製品ポートフォリオを組み合わせることで提供される、包括的なソリューションをご覧ください。弊社の製品エキスパートはお客様の設計を加速し、短期間での市場投入を可能にする最適な製品の組み合わせである「ウィニング・コンビネーション」を開発しました。

もっとウィニング・コンビネーションを見てみましょう