概要

PLC等のマスターデバイスから、ネットワークを利用して離れた場所でデータの入出力制御を行う装置です。入出力はデジタル/アナログの2種類があります。 従来のRS-485/RS-232ベースのシリアル通信の産業用プロトコルからEtherNet系の産業プロトコルへの移行が進んでいます。R-IN32シリーズは1chipでどちらにも対応可能な産業用ネットワーク用ICです。
回路図、サンプルソフトウェア、I/Oモジュールをパッケージ化した、リモートI/Oソリューションキットパッケージにより、お客様のハードウェア開発、ソフトウェア開発の、設計工数/期間の短縮が可能です。

ブロック図

ブロック図

推奨ルネサスデバイス

産業通信IC/マイクロコンピュータ

ブロック 推奨品名 特長他
産業通信
コントローラ
RX72M
  • CPUコア: RXv3コア
    最大周波数(MHz): 240
    動作電圧(V): 3.3V
    ROM(max.): 4MB
    RAM(max.): RAM: 1MB +32KB(ECC)
    32KB Data Flash
  • EtherCATプロトコルに対応
  • 倍精度のFPUユニットを内蔵
TPS-1
  • PROFINET RT/IRT に対応したPROFINET専用IC
EC-1
  • CPUコア: Cortex®-R4 with FPU processor
    最大周波数(MHz): 150
    動作電圧(V): 3.3V(I/O)1.2V(Core)
    RAM(max.): 密結合メモリ512KB + 32KB(ECC)
  • EtherCATプロトコルに対応した専用IC
  • 倍精度のFPUユニットを内蔵
R-IN32M3-EC
  • CPUコア: Cortex®-M3
    最大周波数(MHz): 100
    動作電圧(V): 3.3V(I/O)1.0V(Core)
    RAM(max.): 1.3MB(ECC)
  • EtherCAT, EtherNet/IP, PROFINET等の複数のマルチプロトコルに対応
  • 2port 10/100Mbs Ethernet PHY内蔵
R-IN32M3-CL
  • CPUコア: Cortex®-M3
    最大周波数(MHz): 100
    動作電圧(V): 3.3V(I/O)1.0V(Core)
    RAM(max.): 1.3MB(ECC)
  • CC-Link IE Field, EtherNet/IP, PROFINET 等の複数のマルチプロトコルに対応
R-IN32M4-CL2
  • CPUコア: Cortex®-M4 with FPU processor
    最大周波数(MHz): 100
    動作電圧(V): 3.3V(I/O)2.5V(PHY)1.0V(Core)
    RAM(max.): 1.3MB(ECC)
  • CC-Link IE Field, EtherNet/IP, PROFINET等の複数のマルチプロトコルに対応
  • 2port 1000Mbs Ethernet PHY内蔵

アナログ、パワー製品

ブロック 推奨品名 特長他
電源 RAA23015x
  • 入力電圧範囲:7 to 28V、出力電圧:0.8 to 6V
  • 最大出力電流:3A
  • Auto PFM(軽負荷高効率)モード
  • 当社MCUとのキット提案による電源設計簡略化によりTAT短縮が可能
RAA23023x
  • 入力電圧範囲:4.5 to 16V、出力電圧:0.8 to 6V
  • 最大出力電流:3A
  • Auto PFM(軽負荷高効率)モード
  • Dual ch DC/DC
絶縁 PS2811-4-F3-A
  • SSOPパッケージ
  • LOW INPUT
  • 小型パッケージでセットの小型化が可能
PS2801C-4-F3-A
  • SSOPパッケージ
  • 小型パッケージでセットの小型化が可能