概要

Description

酸素濃縮装置は医療機器のタイプの一つで、酸素富化生成ガス流を供給するために選択的に窒素を除去し、ガス供給から酸素を濃縮させます。 このソリューションは、圧力スイング操作で酸素濃縮装置をコントロールするためのものです。 スイングモードでは、モード1とモード2が制御されたバルブで定期的に切り替わります。 窒素は、緑色のマークが付いているゼオライト充満タンクに吸収され、酸素濃度が上昇します。 このタンクは、定期的な逆空気流によって、窒素が取り除かれます。

このシステムのメリット:

  • 完全な酸素濃縮装置を制御
  • 吸入空気流量、大気質、温度、湿度、圧力を監視
  • フレキシブルアーキテクチャ、顧客のリクワイヤメントへの対応が容易
  • LCD + タッチ、および/またはスマートフォンのBluetooth®経由のGUI によるユーザインターフェース
  • 標準的なメディカルグレード電源供給 ~24VDCまで

ターゲット・アプリケーション:

  • 次のいずれかで、呼吸障害を患っている人々にとってのメリットになり、疼痛を緩和:
    • CPAP + 定期的に浄化された酸素による酸素濃度の増加
    • 個人の呼吸回数に応じたパルス酸素濃度装置
    • さらに特化された使用例
画像
画像
Winning Combinations

ウィニング・コンビネーション

ルネサスは数多くの新しいウィニングコンビネーションを提供します。 これらの高度なデザインはルネサスの組み込みシステム用デバイス、アナログ、電源、コネクティビティ製品等の幅広い製品ポートフォリオを活用して構成しています。 設計検証済である為、お客様の設計の加速、製品開発サイクルの短縮に貢献するとともに、製品市場投入におけるリスクの軽減をサポートします。

もっとウィニング・コンビネーションを見てみましょう