スマートグリッド障害インジケータユニット

このソリューションは、システム実装における最も効率的な方法を示す、低消費電力な設計システムです。

この障害インジケータは、ルネサスの高性能MCU RA2シリーズを使用しています。16ビットSAR型A/Dコンバータ、24ビットΔΣ型A/Dコンバータ、COMP、システム制御、タッチ制御などの周辺機能を持ち、超低消費電力が特徴です。データ収集ユニットにおいて、RL78/G13は、低消費電力で豊富なラインナップを持つ、標準的な機能を持つ汎用MCUとして機能します。2つの基板間の通信にはBluetooth®が使用されます。また、ルネサスの高性能は電源ICおよびアナログソリューションと組み合わせることで、このシステムはアイドル時の自己消費電流を最小限に抑えることができます。これはスタンバイ時の消費電力削減に寄与します。

このシステムのメリット

  • 最適化された高効率な低自己消費電力MCUソリューション
  • システム監視用の精確な高性能アナログデバイス
システムブロック図

 

 

 

ウィニング・コンビネーション

ルネサスとIDTによる補完的製品ポートフォリオは、互いに連携しあうことで、お客様により包括的なソリューションを提供することができます。ただ、これはまだ序章に過ぎません。ルネサスとIDTの開発チームによる、今後のコラボレーションが本格化するにつれ、今までのソリューションよりも更に大きなメリットを持つ、更に高度な統合ソリューションが登場して参ります。

私たちが提案する「ウィニング・コンビネーション」のメリットを、今すぐご確認ください