Verified Linux Package(超長期サポートLinux)

Linuxパッケージは、産業分野に必要な基本ソフトのポーティングとテストを実施し、データシートに基づき動作と性能を検証済みのパッケージソフトとしてルネサスから提供するものです。

お客様は安定動作するLinux+基本ソフトを即利用でき、アプリケーション開発に注力が可能です。

従来の半導体メーカーが提供するソフトウェアは、サンプルレベルであり動作保証が無く、また体系的なメンテナンスも行われていませんでした。このため、お客様自身で製品レベルのソフトウェアに仕上げる開発をする必要がありました。 当社、Linuxパッケージ、及びソフトウェア・アドオンで構成されるソフトウェアは、動作検証済みで提供し、開発プロセス管理、メンテナンスを実施します。組込みシステム開発におけるお客様のソフトウェア開発負荷を、大きく低減します。

Verified Linux Packageの主な特長:

  • Civil Infrastructure PlatformTM (CIPTM) による超長期サポートを実現
    • 最新カーネルの追加機能を5年間バックポート
    • 10年超のセキュリティパッチ対応
    • さらに当社独自でメンテナンス範囲を拡大する活動を実施
  • 業界標準の APIをサポート
  • 産業/IoT向けに強化された標準ソフトウェアコンポーネントをご用意
    • 信頼性、リアルタイム性、セキュリティ、機能安全を強化
  • CMMIレベル3のソフトウェア開発プロセス管理を実施
  • 無償かつシンプルなクリックスルー形式によるライセンス
  • 無償でメンテナンスを実施

Verified Linux Package Concept

Civil Infrastructure Platform(CIP)とは

現代の社会インフラの要件を満たす Linux ベースの組込みシステムを構築するために必要なベース レイヤ (base layer) を提供するプラット フォーム。The Linux Foundation主導で世界の主要なインフラシステムメーカが推進。

詳細はこちら(Civil Infrastructure Platform)をご覧ください。

入手方法

RZ/G Linux パッケージは、Marketplace (マーケットプレイス)から入手できます。詳細は、Marketplace (マーケットプレイス)のマーケット>Linuxパッケージのメニューで確認いただけます。

なお評価版はこちらのページから、また製品版はこちらのページからそれぞれ入手できます。

 

ライセンスに関して

RZ/G Linux パッケージの利用には、ルネサスエレクトロニクスの間で、利用契約(無償)が必要です。

詳細は、Marketplace (マーケットプレイス)のマーケット>Linuxパッケージのメニューで確認いただけます。

商標について

Civil Infrastructure Platform、CIPはThe Linux Foundationが、米国およびその他各国において商標として所有しています。