電力線通信(PLC)は電力線を通信媒体とする通信方式で、安価かつ迅速にシステムを構築できます。 通信データはACラインまたはDCラインを通して伝送可能です。例えば、ビル内の既設のAC電力線を使って、ビルティング・オートメーションを実現できます。またDC給電線を利用して機器間通信を行うことで、装置用ハーネスの削減を実現できます。

ルネサスはP2Pネットワーク向けに1Mbpsを超える高速通信、1㎞以上の安定した長距離通信を可能とする狭帯域PLCモデムIC: R9A06G061を提供します。

このシステムのメリット:

  • ルネサス製品であるR9A06G061、ラインドライバ、AC/DCおよびDC/DCレギュレータを使ってPLCユニットを構成できます。特にDCライン用PLCユニットは3cm角程度の非常に小さな構成が可能です。また、これらPLCユニットの回路図、BOMリスト、ガーバデータを提供可能です。
  • ACラインとDCライン用に最適化された2種類の評価ボードを準備しています。評価ボード上で動作する”性能評価ツール”と”サンプルアプリケーションS/W”も提供可能です。これらを使いすぐにでもPLCシステムの開発・評価が可能です。また回路図、BOMリスト、PCBレイアウトガイドなどのハードウェアドキュメントも用意しており、お客様のボード開発をサポートします。

ターゲット・アプリケーション:

  • スマートビルディング
    • 電力監視/デマンド制御
    • 環境モニタ
  • HVAC(空調)
  • Fire & Safety
  • 照明機器制御
  • 太陽光発電システム
  • 水中ポンプ
  • プリンタ複合機
画像
Hi-Speed and Long-Distance Power Line Communication Unit for AC Line/DC Line