電力線通信(PLC)は、電力線を通信媒体とする通信方式です。 電力線を通信網として利用することで、安価かつ迅速に、システムを構築できます。 このため、PLCはスマートインフラを実現するスマートメータ(AMI)の分野での通信手段として使われています。 通信データはAC/DC電源ラインを通して伝送可能です。 そのため、PLCはスマートメータ、照明、HVAC、火災検知、水中ポンプなどのさまざまな用途に適用できます。

R9A06G037は、10k ~ 500kHzの低周波数帯域幅を使用し、優れた堅牢性と1km以上の長距離通信のためのマルチキャリア(OFDM)技術を採用した狭帯域PLCモデムです。 マルチホップ通信を使用してさらに長い距離を実現することも可能です。

このシステムのメリット:

  • ルネサスは容易な開発と実装のために、評価ボード、評価ツール、ソフトウェアスタック、回路図、その他サポートなどの電力線通信ソリューションを提供します。
  • ACラインとDCライン向けに最適化された評価ボードをお求めいただけます。 お客様はこれら基板を使用して、直ちにPLCの通信性能を評価することができます。 ルネサスは基板回路図、BOMリスト、PCBレイアウトガイドなどのハードウェアドキュメントも用意しており、お客様のボード開発をサポートします。
  • 「通信テストツール」、「ネットワークテストツール」、「PLCスニファ」を評価ツールとしてご利用いただけます。 お客様はこれらのツールで、ユーザ環境で電力線通信を可視化し、通信状況の変化を分析できます。
  • 主要なグローバルPLC規格(G3-PLC、PRIME、メータなど)をサポートするソフトウェアスタックをライブラリ形式で無料で提供します。 また、このツールは大規模なマルチホップネットワークの開発と認証に必要な時間やコストを大幅に削減します。 さらに、ルネサスのオリジナルソフトウェアスタックはピアツーピア通信のシンプルかつ容易なアプリケーション実装にもご利用いただけます。 お客様はユーザのアプリケーション規模に従って、最適なソリューションを選択いただけます。
  • ACラインの場合、より高性能な通信には、コンパクトで高精度のRV1S2211Aフォトカプラを使用したゼロクロス検出回路を追加することができます。

ターゲット・アプリケーション:

  • スマートメータ
  • ライティング
  • HVAC
  • 火災検知
  • 水中ポンプ
  • スマート家電制御
  • ビルディング・セキュリティ
画像
Global Standards-Based Power Line Communication Unit for AC Line/DC Line