近年、自動運転の実現に向けて運転支援システム高度化・高性能化が進み、他の車載制御ユニットとの協調制御が重要になっています。なかでもシャシーシステムでは先進運転支援システム(Advanced Driver Assistance Systems: ADAS)との協調により、センサからの情報量増加に伴い、高速な通信機能とともに高い情報処理能力が求められています。

アプリケーション一覧

ルネサスのシャシー&セーフティソリューションにつきましては、以下の一覧をご覧ください。

電動パワーステアリング(EPS)

“環境に優しいクルマ作り”の中で、ステアリングのアシストに油圧ではなく電気モータを利用して軽量化を図り、燃費を向上させる電動パワーステアリング(EPS)の導入が進んでいます。

ブレーキシステム

ブレーキ・システムは、ABSをはじめ、横滑り防止機能のように車両状態の安定性を確保する機能、ブレーキペダルのアシスト機能、ハイブリット車や電気自動車向けの回生ブレーキやブースタ制御、パーキングブレーキの電動化などさまざまなシステムがあります。

エアバッグシステム

エアバッグ・システムは、衝突時の乗員の安全性をさらに高めるために、衝突を検知するサテライトセンサが増加する傾向にあります。これらのセンサから入力された多くのデータを高速に処理するには、マイコンに対しより高い処理性能が求められます。

Automotive Development Tools Icon

自動車 開発環境

数多くのツールベンダーと連携した、多彩な車載システム向け開発ツールをご紹介しています。