Smart Analogとは

Smart Analog MCUは、Smart Analog ICとMCU両方を内蔵する製品です

Smart Analogとは、複数種類のセンサやドライバへの対応を想定し、回路構成および特性の変更を"ソフトウェア" で設定できる製品群です。

マイコンからの制御で回路構成や特性が簡単に変更でき、これまで熟練者のスキルやノウハウ頼りで開発工数がかかっていたアナログ回路設計を大幅に改善します。温度センサなどの各種センサアプリケーションに最適です。Smart Analogにはアナログ・フロントエンド回路のみ搭載したモノリシック・プログラマブル・アナログICタイプのSmart Analog ICとマイコンおよびアナログ・フロントエンド回路を1パッケージ化したSmart Analog MCUがあります。

〈動画でご紹介〉

Smart Analogのご紹介

Smart Analogのご紹介(再生時間:7:25)

Smart Analog 5つの優位性

1. Flexible [ワイドな柔軟性]

オペアンプの回路構成や特性を変更するだけで、多彩なセンサの出力信号形態にフレキシブル対応。

マイコン制御によって、温度セ ンサや光センサなどの様々なセンサアプリケーションに応じて回路構成、回路特性を変更可能。また、電圧、電流、差動出力といったセンサごとに異なる出力信 号にも対応できます。さらに、セット内に複数センサが混在するアプリケーションにも構成を切り替えながら接続でき、複数のアナログフロントエンド回路を Smart Analogひとつで実現可能です。

マイコン制御によって、温度セ ンサや光センサなどの様々なセンサアプリケーションに応じて回路構成、回路特性を変更可能。

汎用オペアンプを核に、増幅回路構成や増幅度・動作点の変更が可能なコンフィギュラブル・アンプを搭載

2. Intelligent [クレバーな柔軟性]

センサの経年変化に対する自動修復や、キャリブレーションの自動化を可能にする、マイコンによる賢い機能制御。

フィールド・プログラマブルの実用例(光センサ)

センサ搭載 製品の製造時に手作業で行う必要があったセンサ特性のばらつきを吸収するための調整も、マイコン制御によるアナログ回路特性の変更で自動化可能。また、セ ンサの経年変化に対する補正・修復も自動的に行えるフィールド・プログラマブルなデバイスなので、システムの長寿命化や高付加価値化にも貢献します。

Smart Analogはセ ンサの経年変化に対する補正・修復が自動的に行える

マイコンは非検知領域におけるセンサ出力検出によって、感度低下を認識する。

外部の汚れ、経年劣化などにより、センサの感度が低下する。

経年変化後のセンサ出力では、照度が検知領域になっても認別できないため、マイコンは非検知領域におけるセンサ出力検出によって、感度低下を認識する。

センサ出力が初期値より低下した場合、プログラマブルに出力ゲインを上げてマイコンの検知性能を維持する。それにより、照度が検知領域になった場合には正常に検知できる。

センサ出力が初期値より低下した場合、プログラマブルに出力ゲインを上げてマイコンの検知性能を維持する。

3. Extensive [開発しやすい]

開発ステータスやニーズに応じた開発ツールを豊富に用意。必要に応じてチョイス&活用できます。

Web シミュレータの「Renesas VA※」をはじめ、アナログ回路設計を手軽に体験できる「Smart Analog Stick」と、GUI上で簡単設計できる「Smart Analog Easy Starter」、さらに回路データをCソースコードとして生成できる「SA-Designer」など、ステータスやニーズに応じてご利用いただける開発 ツールが充実。
アナログ回路設計の未経験者でも容易に開発をスタートでき、従来にない使いやすさを提供します。

SmartAnalog環境のコード開発時

SmartAnalog環境のコード開発時

SmartAnalog環境のお試し版

SmartAnalog環境のお試し版

* Renesas VAは「Renesas Virtual Smart Analog Laboratory」の略称です。

* Smart Analog 製品の開発環境は最新版の開発ツールをお使いください。

Smart Analog用のツールについてはこちらもご参照ください。

動画「Smart Analog開発チュートリアル」TSA-IC500版~30分でできるSmart Analog開発~

「30分でできるSmart Analog開発」TSA-IC500版 Pt1 導入編

Pt1 導入編

「30分でできるSmart Analog開発」TSA-IC500版 Pt2 Renesas VAシミュレーション編

Pt2 Renesas VAシミュレーション編

「30分でできるSmart Analog開発」TSA-IC500版 Pt3 SA Designer~CubeSuite+編

Pt3 SA Designer~CubeSuite+編

「30分でできるSmart Analog開発」TSA-IC500版  Pt4 実機評価編

Pt4 実機評価編

4. Speedy [スピード開発]

Smart

従来型のアナログ回路開発を排して、開発期間を大幅短縮。

迅速なアウトプット・製品化に貢献します。

アナログ回路の構成や特性などは、「SA-Designer」で変更・最適化できるため、アナログ回路設計の開発期間を約3~8ヶ月間*短縮することが可能 になります。また、WEBシミュレータ「Renesas VA」では、Smart Analogやセンサの入手前からセンサの選定やシステム検証作業が行えるため、検証期間も約1~3ヶ月間*を削減可能。応用シミュレーションなども速や かに実現でき、迅速・効率的な開発に貢献します。

※当社比。

Smart Analogでアナログ回路設計の開発期間を約3~8ヶ月間短縮することが可能

5. Reliable [充実のサポート]

各種セミナ、お役立ち情報を提供