概要

説明

ルネサスのMCU「RZ/A2M」が持つDRP(動的再構成可能プロセッサ)は、低コストながら高速な画像認識ソリューションの実現を支援します。DRPは、イメージセンサからの信号処理を行います。イメージセンサは冷却されない上に、周囲温度に非常に敏感であるため、温度センサを用いて温度を監視します。

このシステムのメリット:

  • RZ/A2M(MPU)は、旧モデルRZ/A1に比べ10倍の画像処理能力を持ち、リアルタイム画像処理を低消費電力で実現する、ルネサス独自の「DRP」を搭載しています。
  • 電源・タイミングデバイスにより、コンパクトなソリューションを提供。