概要

QE for USB は、RXおよびRL78ファミリを使用したUSBシステムの開発に特化した機能をサポートしている組み込みソフト開発ツールです。USBシステムのデバッグが簡単に行え、開発期間の短縮およびコスト低減を実現します。

「実際にUSBを組み込むには、まずどうしたらいいの?」「USBを組み込んでみたけれど、うまく繋がらない!」といった開発の初期段階に発生するトラブルを、従来の統合開発環境にUSBに関する開発ノウハウ(機能)をプラスすることで解決します。

本製品は、統合開発環境e² studioの拡張機能です。無償でダウンロードできます。

  • USBステートの遷移が一目でわかる [ステートチャート]ビュー
  • 設定レジスタを一覧表示。ミスもお知らせ [レジスタ一覧]ビュー
  • 専用ビューによりUSBディスクリプタの設定をチェック[ディスクリプタ一覧]ビュー
  • 通信モニタ・ツールを即起動 [簡易プロトコル解析]ビュー
  • Learn More

QE for USB

最新Ver.: V1.2.1

リリース: 2017/01/20

動作環境

テクニカルプレビュー版をダウンロード

インストール方法 >>

ダウンロード

タイトル 分類 日付
ZIP2.18 MBEnglish
ソフトウェア/ツール-その他
ZIP1,306.23 MBEnglish
アップデート-統合開発環境
ZIP1,271.90 MBEnglish
アップデート-統合開発環境
ZIP1,836.21 MBEnglish
アップデート-統合開発環境
ZIP1,816.26 MBEnglish
アップデート-統合開発環境
EXE1,637.73 MBEnglish
アップデート-統合開発環境
ZIP570.25 MBEnglish
アップデート-統合開発環境
ZIP1,616.95 MBEnglish
アップデート-統合開発環境

ドキュメント

設計・開発

追加詳細

機能

USBステートの遷移が一目でわかります ― [ステートチャート]ビュー

USB接続(エニュメレーション)処理のステート遷移をリアルタイムに表示します。接続処理の成功や接続失敗時に処理の停まったステートやタイミングを視覚的に知ることができ、すばやく問題解決へ導きます。

画像
[ステートチャート]ビュー

設定レジスタを一覧表示。ミスもお知らせします ― [レジスタ一覧]ビュー

USBの接続設定に関連するレジスタ値および説明を表示します。各レジスタ値が接続に必要な設定として間違った値であれば"NG"を表示し、ビューを開くだけで問題箇所を特定できます。またマウスを乗せるだけで、レジスタ値の意味が表示され(一部のデバイスのみ)、どう直せばよいかがすぐにわかります。

画像
[レジスタ一覧]ビュー

専用ビューによりUSBディスクリプタの設定をチェックします ― [ディスクリプタ一覧]ビュー

USB接続(エニュメレーション)時に設定するディスクリプタの値とステータスを一覧表示します。各ディスクリプタの値に間違いがあった場合は、表示された"NG"箇所から1操作で問題のソース箇所へジャンプできるので、すぐに値を修正できます。

画像
[ディスクリプタ一覧]ビュー

通信モニタ・ツールを即起動します ― [簡易プロトコル解析]ビュー (Note1)

USB 通信のモニタ用として「Wireshark」を起動します。この機能により通信データの内容を確認することができます。なお、本機能を使用するには 「Wireshark」およびパケットキャプチャソフト「USBPcap」をあらかじめインストールしておく必要があります(いずれもフリーソフト)。

画像
[簡易プロトコル解析]ビュー

Note

  1. [簡易プロトコル解析]ビューで動作確認しているWireshark のバージョンはV1.12.10です。最新のWiresharkでは本ビューは動作しません。Wireshark V2以降にはUSB通信モニタリング機能があり、Wiresharkのみで本ビューと同等の通信モニタリングが行えます。

動画

#QE2-1 USB接続を確立させよう | ルネサスマイコン アプリ開発講座 [USB]

ターゲットデバイスおよびサポートUSBファームウェア

USBペリフェラル機能にのみ対応

デバイス ファームウェア Rev.
RX71M, RX65N, RX651, RX64M, RX63N, RX631 USB Basic Host and Peripheral Driver Firmware Integration Technology 1.11 - 1.20
USB Peripheral Mass Storage Class Driver (PMSC) Firmware Integration Technology
USB Peripheral Communications Device Class Driver (PCDC) Firmware Integration Technology
USB Peripheral Human Interface Device Class Driver Firmware Integration Technology
USB Peripheral Mass Storage Class Driver(PMSC) Using Firmware Integration Technology Modules
USB Peripheral Communications Device Class Driver(PCDC) Using Firmware Integration Technology Modules
USB Peripheral Human Interface Devices Class Driver Using Firmware Integration Technology Modules
RX63N, RX631, RX62N, RX621 Renesas USB MCU and USB ASSP USB Basic Host and Peripheral firmware 2.10
Renesas USB MCU and USB ASSP USB Peripheral Mass Storage Class Driver(PMSC) 2.10 - 2.30 (RX62N, RX621) 2.10 (RX63N, RX631)
Renesas USB MCU and USB ASSP USB Peripheral Communications Device Class Driver(PCDC)
Renesas USB MCU and USB ASSP Peripheral Human Interface Devices Class Driver(PHID)
RX231, RX111 USB Basic Mini Host and Peripheral Driver (USB Mini Firmware) Firmware Integration Technology 1.01 - 1.02
1.10 (Note1, 2)
USB Peripheral Mass Storage Class Driver for USB Mini Firmware Firmware Integration Technology
USB Peripheral Communications Device Class Driver for USB Mini Firmware Firmware Integration Technology
USB Peripheral Human Interface Device Class Driver for USB Mini Firmware Firmware Integration Technology
USB Peripheral Mass Storage Class Driver for USB Mini Firmware Using Firmware Integration Technology Modules
USB Peripheral Communications Devices Class Driver for USB Mini Firmware Using Firmware Integration Technology Modules
USB Peripheral Human Interface Devices Class Driver for USB Mini Firmware Using Firmware Integration Technology Modules
RL78/G1C, RL78/L1C USB Host and Peripheral Basic Mini Firmware 2.15
USB Peripheral Mass Storage Class Driver (PMSC) using Basic Mini Firmware
USB Peripheral Communications Device Class Driver (PCDC) using USB Basic Mini Firmware
USB Peripheral Human Interface Devices Class Driver (PHID) using Basic Mini Firmware

Note

  1. USB Mini Firmware 1.10 利用時は、QE for USBを使うために、次のファイルをプロジェクトフォルダ直下にコピーしてください。
    • [プロジェクトフォルダ]¥src¥smc_gen¥r_usb_basic_mini¥utilities¥qe_usb_firm_setting.xml
  2. USB Mini Firmware 1.10 利用時は、QE for USBの機能「パイプ情報へジャンプ」および「パイプ情報エラーチェック」は動作しません。

USBファームウェアの詳細はFITモジュールUSBドライバをご参照ください。