Renesasのジッター減衰器は、低ジッターの外部基準と制御回路を利用して、1つまたは複数の入力クロック信号から不要なノイズを除去します。このカテゴリではさまざまな製品で、VCXOまたは単純な水晶がその基準として使用されています。革新的な手法により、希少な取り出し可能な水晶デバイスの代わりに固定周波数の水晶の使用が可能になっています。さらにジッター減衰器製品は、入力周波数と異なる出力周波数を設定できる周波数変換機能を備えています。この入出力周波数は、使用するデバイスに応じて整数比または非整数比になります。この製品群のデバイスには、各種の比率に対応するデバイスや、複数の周波数を別個に設定できるほか、出力周波数相互を非整数比にできるデバイスもあります。

ジッター減衰器と周波数変換器が統合されたことで、回路が簡素化され、BOMが最小になります。Renesasのジッター減衰器と周波数変換器製品群は、性能、電力、プログラマビリティのレベルが多様であり、事実上あらゆる用途に対応します。Renesasジッター減衰器は、LVCMOS、LVPECL、LVDS、HCSL、HSTL、SSTLなど、各種のシングルエンドおよび差動信号レベルをサポートしています。

PCIe、SAS/SATA、USB 3.0、およびXAUI用途に最適な信号リピータやリタイマについては、こちらをご覧ください。

< 200fs JITTER

< 100fs JITTER

Applications and Standards

 

ジッター減衰器について
ジッター減衰器(ジッター・クリーナ)は、タイミング信号のジッター量を減少させるために使用します。ジッターは、「理想的な周期的タイミング信号からの望ましくない偏差」と定義することができます。その影響は、連続するパルスの周波数、位相、振幅などの特性に現れます。ジッターは、基板配線やケーブルが長い場合や、システムの環境内にノイズが多く存在する場合に大きくなり、高性能のアプリケーションにおいてはシステムの望ましくない動作を引き起こします。Renesasのジッター減衰器は、革新的な位相ロック発振器を使ってノイズの多いクロック信号にロックオンし、高品質な信号を出力します。その信号は、クロックネットワーク内のほかのデバイスに供給されます。

ドキュメント

タイトル 分類 日付
PDF906 KB
概要
 

ビデオ&トレーニング

ClockMatrix™2 System Synchronizer Overview

The ClockMatrix™ 2 Family of high-performance, precision, multi-channel timing devices for 400Gbps/800Gbps optical transport and wireline network applications builds on the ClockMatrix devices introduced in 2019 for 5G wireless and 100Gbps/200Gbps wireline network applications. This second-generation family delivers improved performance with phase jitter as low as 88fs RMS. The highly integrated devices serve as full-function IEEE 1588 synchronization clocks and also provides ultra-low jitter reference clocks for synchronous Ethernet PHYs with data rates up to 112Gbps PAM-4, reducing design complexity and bill of materials (BOM). Visit renesas.com/clockmatrix to learn more.