ドライバー(乗員) モニター向けソリューションは、R-Car V3M 、R-Car V3H ですでに開発済みの資産を有効活用しています。

マーケット動向

Driver Monitoring System (DMS:ドライバー監視システム) とOccupant Monitoring System (OMS:乗員監視システム) は、自動運転を実現する上で重要な機能です。自動運転LV3 までは、特定条件下でドライバーに運転の責任があります。DMS は、Euro -NCAPのロードマップ 2025 に盛り込まれており、すでに 2020 年Euro-NCAP で 5 つ星の安全最高評価を獲得するうえで、自動車メーカーにとって本機能は大変重要となっています。 欧州連合 (EU) は、2022 年までに新規発売モデルに対して DMS の義務付けを予定しており、他の地域も同じように続くと予想されています。

ルネサス ソリューション

  • R-Car V3M および R-Car V3H は、革新的かつスケーラブルなソリューションを提供。スタンドアロン向けDMS&OMS、もしくは、フロントカメラまたはサラウンドビューシステムにドライバーモニター機能を追加可能。
  • 顔検出・識別、ジェスチャー検出などの識別可能な最先端のコンピュータビジョン&ディープラーニング処理機能が搭載され、すべての DMS / OMS 機能が実現可能
  • 最先端の機能安全とセキュリティ
  • 効率的かつ低消費電力を実現
  • 複数のカメラ、そして最新の車内向け車載センサー (RGB-IR) に対応

アプリケーション

  • 顔検出・機能 (目、視線、認識、頭の 3D ポジション…)
  • 手検出 (ハンドポジション、ジェスチャー検出…)
  • 状態検出 (眠気、感情、電話の使用、アルコールの影響…)
  • 乗員検出 (乗員数と位置、シートベルト状況…)
  • 乗員分類 (年齢、性別、車内に残された子供…)

ソフトウェア/ツール