精密な計測技術の進歩により、多くの計測システムと同様、水道メータもその恩恵を受けています。主な要因の一つとして、計測方式が、ホールセンサや超音波などの機械ベースから、電子センサへ移行したことが挙げられます。もう一つ挙げると自動検針 (AMR) テクノロジーで、LoRa、Bluetooth Low Energy (BLE)、NB-IoT、その他の通信規格に統合されています。

ルネサスは、トンネル磁気抵抗 (TMR) センサに基づいたソリューションを開発しました。これにより、今まで以上の低消費電力稼働が可能になり、バッテリー寿命を (市場で必要とされている) 5〜7年にまで延ばすことができます。

このシステムのメリット

  • CPUウェイクアップなしでセンサを直接駆動できるTMR、およびRL78/H1Dにより、システムの超低消費電力稼働を実現
  • 電子制御により機械的計量が不要、信頼性が向上
  • 追加の制御・監視機能を統合可能
システムブロック図

ウィニング・コンビネーション

アナログ+パワー+組み込みプロセッシングなど、ルネサスの補完的な製品ポートフォリオを組み合わせることで提供される、包括的なソリューションをご覧ください。弊社の製品エキスパートはお客様の設計を加速し、短期間での市場投入を可能にする最適な製品の組み合わせである「ウィニング・コンビネーション」を開発しました。

私たちが提案する「ウィニング・コンビネーション」のメリットを、今すぐご確認ください