GR-ROSEは、ロボットやIoTのプロトタイピング用小型ボードです。Arduinoスケッチ+ROS2(Robot OS)でロボット動作における分散処理を簡単化します。人間にあたる中脳、脊椎・神経の役割を想定してます。

小型で且つシリアルサーボや、センサ、電源を接続するためのインタフェースが用意されているため、ロボットに組み込みやすくなっています。AWS FreeRTOSを利用したマルチタスク化や、AWS IoTへの接続も可能です。


GR-ROSE

RX65N搭載

5cm x 4.5cmと小型ながら、Ethernet、無線、シリアルサーボ、PMOD、アナログ、電源供給など高密度なボードです。

Core Groupメーカーサイト


GR-ROSEピンマップ

仕様

搭載マイコン
RX65N (R5F565NEHDFP 100ピンQFP)
RXv2コア [34 CoreMark/mA]
ROM/RAM
2MB/640KB
動作周波数
120MHz(12MHz 10逓倍)
RTCクロック
32.768kHz
センサー
温度(マイコンに内蔵)
ROS用I/F
Ethernet, USB (rosserial)
シリアルサーボ用I/F
TTL x 4, RS-485 x 1
アナログI/F
ADC(12bit) x 6, DAC x 1
Wireless
IEEE 802.11b/g/n
PMOD用I/F
1 (I2C, SPI, UART)
外部電源入力
USB VBUS or 4.5V~18V
外部電源出力
3.3V, 5V

ブロック図

ソフトウェア開発環境

オープンソースのROS2向けソフトウェアスタックと、3タイプの開発環境を用意しています。


プログラム作成

回路・デザイン

スケッチリファレンス
(Arduinoライク)


Fusion 360用3Dデータ

Autodesk Fusion 360でインポートできる3Dデータです。GR-ROSE用のケースなどを作るときに活用してください。

Fritzing用データ

Fritzingでインポートできるデータです。ブレッドボードの配線が簡単に行えます。(Designed by ksekimoto)


MicroPython

GR-ROSEはMicroPythonを実行できます。(Published in GitHub by ksekimoto)

GR-ROSEのリセットボタンを押した後、以下のbinファイルをコピーすることで、MicroPythonが実行されます。

e2 studio用ボード定義ファイル(BDF)

e2 studioで使用可能なGR-ROSEのボード定義ファイルです。 新規にGR-ROSEのソフトウェアを開発する際に役立ちます。

GR-ROSE-v1.00.bdf (5KB)


出荷時USBファームウェア

出荷時はマイコンにUSBファームウェアが書き込まれています。リセットボタンを押すことでストレージとなり、binファイルをコピーするとユーザーアプリケーションとして実行されます。

USBファームウェア

GR-ROSEのSW1を「P」にセット後にUSBを接続すると、Renesas Flash Programmer(RFP)によってmotファイルを書きこむことができます。

以下はe2 studioのプロジェクトファイルです。コンパイルにはCCRXが必要です。e2 studioのダウンロードとインストールについてはe2 studio製品ページを参照してください。

e2 studioのメニュー「ファイル」→「インポート」から、既存ワークスペースとしてアーカイブファイル(zip)のままインポートできます。

補足:e2 studio 7.2でエクスポートしたプロジェクトです。


技術サポート情報

技術情報

関連Webページ