産業機器のリアルタイム制御とネットワーク化を同時に実現

 

RZ/T1グループは、リアルタイム処理に向けて設計された、Arm® Cortex® -R4 Processor with FPUを採用し、最大600MHzでの高速動作が可能です。またキャッシュメモリ経由でのアクセスを不要とし、確定的な高リアルタイム応答処理を実現できる密結合メモリを搭載し、CPUからキャッシュメモリを介さずに、高速なアクセスを可能とします。

 

産業イーサネット通信用アクセラレータである「R-INエンジン」を搭載した製品では、ハードウェアRTOS(HW-RTOS)によりリアルタイム性を損なうことなく、各種産業イーサネット処理との両立が可能です。

 

また、各種アブソリュートエンコーダプロトコルに対応した、エンコーダインタフェースを搭載した製品では、高精度なモーションコントロール・アプリケーションに最適です。RZ/T1では、EnDat2.2、BiSS®-C、A-format™、Tamagawa、HIPERFACE® DSLの各プロトコルのエンコーダをサポートしております。

 

特長:RZ/T1(R-INエンジン 内蔵版)  

項目 RZ/T1(R-INエンジン 内蔵版)
型名 R7S910015 R7S910016 R7S910017 R7S910018
パッケージ 320FPBGA
0.8mm pitch
17mm x 17mm
メインCPU Arm® Cortex®-R4 Processor with FPU
最大動作周波数 450MHz 600MHz
FPU 単精度および倍精度の加算、減算、乗算、除算、積和演算、平方根演算をサポート
密結合メモリ ATCM : 512KB (ECC付き)、BTCM : 32KB (ECC付き)
キャッシュメモリ 命令キャッシュ : 8KB (ECC付き)、データキャッシュ : 8KB (ECC付き)
通信アクセラレータ マルチプロトコル対応通信アクセラレータ 「R-INエンジン」
拡張内蔵SRAM 1MB(ECC付き) ※プロトコルスタック格納用にも使用
クロック 外部クロック/発振子入力周波数 : 25MHz
CPUクロック周波数 : ~ 450/600MHz
低速オンチップオシレータ(LOCO) : 240KHz
タイマ機能 最大33本の拡張タイマ機能
16 ビットTPUa(12 ch)、MTU3a(9 ch)、GPTa(4 ch) : インプットキャプチャ、アウトプットコンペア、PWM 波形出力
16 ビットCMT(6 ch)、32 ビットCMTW(2ch)
通信機能 Ether-MAC : 1 ポート (Switch 機能あり)
EtherCATスレーブコントローラ
USB2.0 ハイスピード ホスト / ファンクション : 1 ch
CAN(ISO11898-1 準拠): 最大2 ch
16 バイトの送受信FIFO 搭載SCIFA : 5 ch
I2C バスインタフェース : 最大400Kbps 転送を2 ch
RSPIa : 4 ch
SPIBSC : マルチI/O 対応シリアルフラッシュメモリを1ch 接続可能
メモリI/F SPI 4ch
QSPI(Flash I/F) with Direct Access from CPU
SRAM I/F(32bit bus)
SDRAM I/F(32bit bus)
Burst ROM I/F(32bit bus)
エンコーダ
インタフェース
- A-format™,
BiSS®-C,
EnDat2.2,
HIPERFACE® DSL,
Tamagawa
対応インタフェース
- A-format™,
BiSS®-C,
EnDat2.2,
HIPERFACE® DSL,
Tamagawa
対応インタフェース
ADコンバータ 12bit ADコンバータ 2ユニット(ユニット0 : 8 ch、ユニット1 : 16 ch)
DMA 16ch x 2ユニット
その他機能 チップ内部の温度を計測可能な温度センサを内蔵
安全機能 (レジスタライトプロテクション、入力クロック発振停止検出、CRC、IWDTa、A/D 自己診断、エラーコントロールモジュールなど)
セキュリティ機能(オプション) : セキュアブート、JTAGロックなど
電源電圧 3.3V (I/O部)、1.2V (内部)
動作温度範囲 Tj = -40℃ ~ +125℃

 

特長: RZ/T1(R-INエンジンなし)

項目 RZ/T1(R-INエンジンなし)
型名 R7S910001 R7S910002
R7S910011
R7S910006 R7S910007
R7S910013
R7S910025
R7S910026
R7S910027
R7S910028
R7S910035
R7S910036
パッケージ 176HLQFP 320FPBGA
0.4mm pitch 0.8mm pitch
20mm x 20mm 17mm x 17mm
メインCPU Arm® Cortex®-R4 Processor with FPU
最大動作周波数 450MHz 450MHz 600MHz 450MHz 600MHz 300MHz
FPU 単精度および倍精度の加算、減算、乗算、除算、積和演算、平方根演算をサポート
密結合メモリ ATCM : 512KB (ECC付き)、BTCM : 32KB (ECC付き)
キャッシュメモリ 命令キャッシュ : 8KB (ECC付き)、データキャッシュ : 8KB (ECC付き)
拡張
内蔵SRAM
- - 1MB (ECC付き) 1MB(ECC付き) -
クロック 外部クロック/発振子入力周波数 : 25MHz
CPUクロック周波数 : ~ 300/450/600MHz
低速オンチップオシレータ(LOCO) : 240KHz
タイマ機能 最大33本の拡張タイマ機能
16 ビットTPUa(12 ch)、MTU3a(9 ch)、GPTa(4 ch) : インプットキャプチャ、アウトプットコンペア、PWM 波形出力
16 ビットCMT(6 ch)、32 ビットCMTW(2ch)
※176ピン製品は、チャンネル数などが異なります。
通信機能 Ether-MAC : 1 ポート (Switch 機能あり)
USB2.0 ハイスピード ホスト / ファンクション : 1 ch
CAN(ISO11898-1 準拠): 最大2 ch
16 バイトの送受信FIFO 搭載SCIFA : 5 ch
I2C バスインタフェース : 最大400Kbps 転送を2 ch
RSPIa : 4 ch
SPIBSC : マルチI/O 対応シリアルフラッシュメモリを1ch 接続可能
※176ピン製品は、チャンネル数、ポート数などが異なります。
メモリI/F SPI 4ch
QSPI(Flash I/F) with Direct Access from CPU
SRAM I/F(32bit bus)
SDRAM I/F(32bit bus)
Burst ROM I/F(32bit bus)
Ether
CAT
スレーブコントローラ
- サポート
エンコーダインタフェース -
A-format™,
BiSS®-C,
EnDat2.2,
HIPERFACE® DSL,
Tamagawa
対応インタフェース
(R7S910011)
- A-format™,
BiSS®-C,
EnDat2.2,
HIPERFACE® DSL,
Tamagawa
対応インタフェース
(R7S910013)
A-format™,
BiSS®-C,
EnDat2.2,
HIPERFACE® DSL,
Tamagawa
対応インタフェース
(R7S910026)
A-format™,
BiSS®-C,
EnDat2.2,
HIPERFACE® DSL,
Tamagawa
対応インタフェース
(R7S910028)
A-format™,
BiSS®-C,
EnDat2.2,
HIPERFACE® DSL,
Tamagawa
対応インタフェース
(R7S910036)
AD
コンバータ
12bit ADコンバータ 2ユニット(ユニット0 : 8 ch、ユニット1 : 16 ch)
※176ピン製品は、ユニット0のみとなります。
DMA 16ch x 2ユニット
その他機能 チップ内部の温度を計測可能な温度センサを内蔵
安全機能 (レジスタライトプロテクション、入力クロック発振停止検出、CRC、IWDTa、A/D 自己診断、エラーコントロールモジュールなど)
セキュリティ機能(オプション) : セキュアブート、JTAGロックなど
電源
電圧
3.3V (I/O部)、1.2V (内部)
動作
温度
範囲
Tj = -40℃ ~ +125℃

ピン数 / メモリサイズのラインアップ:

SRAM

1568KB  
544KB
ピン数
パッケージ
176
HLQFP
320
FBGA

 

ブロック図: RZ/T1(R-INエンジン 内蔵版)

 

ブロック図: RZ/T1(R-INエンジンなし)

*Arm およびCortex は、Arm Limited(またはその子会社)のEU またはその他の国における登録商標です。
All rights reserved.

*EtherCATは、ドイツBeckhoff Automation GmbHによりライセンスされた特許取得済み技術であり登録商標です。

*EtherNet/IP はODVA の商標です。

*BiSSはiC-Haus GmbH の登録商標です。

*CAN(Controller Area Network):独Robert Bosch GmbHが提唱している車載用のネットワーク仕様です。

*その他、本リリース中の製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標です。

* A-formatは、株式会社ニコンの商標です。

*HIPERFACE DSLは、SICK STEGMANN GmbHの登録商標です。

 

発注型名の見方についてはこちら

 

ソフトウェア/ハードウェア共通情報

タイトル 概要
My Renesas My Renesasに登録いただくと、各種ドキュメントの改訂情報、ツール製品などのダウンロードサービスやメールニュースなどの各種サービスをご利用いただけるようになります。
セミナー 当製品のセミナーや、学習のための情報が掲載されています。
FAQ 当製品のよくあるお問合せ、開発のヒントが掲載されています。
フォーラム ルネサスの総合コミュニティサイトです。
R-INコンソーシアム 産業分野のソリューションをルネサスおよびパートナー同士のコラボレーションで創出し、積極的な情報発信活動を行っています。

 

ソフトウエア設計支援情報

タイトル 概要
レジスタ定義ファイル 周辺I/Oレジスタの定義を指定した変数から使用できるよう定義するファイルです。
プログラミングにお役立てください。

 

ハードウェア設計支援情報

タイトル 概要
IBIS/BSDL IBISは、高速ボード設計に必要なシミュレーションデータで、実際のボードを作る前のシミュレーションが
可能になり、事前に波形の反射、リンギングなどの問題点の検討をすることができます。
BSDLは、JTAGのIEEE 1149.1準拠のツールの多くでサポートされているデータ入力フォーマットです。 これらのツールでは、自動テストパターン生成(ATPG) および自動テスト装置 (ATE) 機能によりテストが容易になります。
京セラ(株)
発振回路特性
リンク先の発振子メーカの検索サイトにて"R7S9100"より始まるPart No.(各グループページ掲載)にて対応する発振子をご確認下さい。お客様のシステムにおける最適発振回路定数が必要な場合は、発振子メーカにご依頼ください。
(株)村田製作所
発振回路特性
リンク先の発振子メーカの検索サイトにて"R7S9100"より始まるPart No.(各グループページ掲載)にて対応する発振子をご確認下さい。お客様のシステムにおける最適発振回路定数が必要な場合は、発振子メーカにご依頼ください。
サンプルコードとアプリケーションノートを掲載しています。各フィルタで絞込みを行えます。

上記downloadには必ず下のボタンより契約内容を御確認ください。

MyRenesasボタンよりID,PWをご入力ください。

免責事項:

当サイトの情報は、当社の提携パートナーが提供する情報に基づいています。当社は、これらの情報をあくまで便宜上の目的で提供しており、当サイトのコンテンツ、サイトの変更、更新内容について、一切の責任を負いません。一部のリンクについては、当社以外のウェブサイトへリンクされており、それらのウェブサイトは当社の管理下にありません。リンク先サイトのコンテンツ、変更、更新内容に関して、当社はいかなる責任も負いません。当社は、このようなリンクをあくまで便宜上の目的で提供しており、当社ウェブサイトからのリンクに関し、リンク先サイトの内容を保証するものではありませんのでご了承ください。

当サイト上で言及されているサードパーティ製品、及びサービスに関する情報は、それが単独製品あるいはルネサス製品と関連がある場合においても、それらの製品、サービス、保証の適合性について、いかなる保証も表明もするものではありません。