1. Home
    2. マイクロコンピュータ
    3. RL78 ファミリ

RL78/G11

小ピンで、内蔵アナログをコンフィギュラブルに接続可能なローパワーマイコン

 

RL78/G11マイコンは20-25ピン、16KBフラッシュのラインアップで、A/Dコンバータ、D/Aコンバータ、コンパレータ、PGAなどアナログ機能を大幅に強化しています。しかもPGA+ADC+VBGR、 PGA+ADC+VBGR、PGA+CMP、CMP+DAC/VBGR、PGA+CMP+DAC/VBGRといったように内蔵アナログを内部接続するバリエーションが選択できます。また100μA@1 MHzのローパワーと4μsの高速ウェイクアップを実現。3 x 3mm² WFLGA、 4 x 4 mm² HWQFN小型パッケージも用意し、センサアプリケーション、照明/電源や多くの小型家電に最適です。

 

特長:

項目 RL78/G11

ピン数

20ピン

24ピン

25ピン

品名

R5F1056A

R5F1057A

R5F1058A

プログラムフラッシュ (KB)

16 KB

データフラッシュ (KB)

2 KB

SRAM

1.5 KB

メインシステムクロック

高速システムクロック (fMX)

X1 (水晶/セラミック) 発振, 外部メインシステムクロック入力 (EXCLK)

1 - 20 MHz: VDD = 2.7 - 5.5 V, 1 - 16 MHz: VDD = 2.4 - 2.7 V,

1 -  8 MHz: VDD = 1.8 -  2.4 V, 1 -  4 MHz: VDD = 1.6 - 1.8 V

高速オンチップオシレータクロック (fIH) 最大: 24 MHz

HS (高速メイン) モード: 1 - 24 MHz (VDD = 2.7 - 5.5 V),

HS (高速メイン) モード: 1 - 16 MHz (VDD = 2.4 - 5.5 V),

LS (低速メイン) モード: 1 - 8 MHz (VDD = 1.8 - 5.5 V),

LV (低電圧メイン) モード: 1 - 4 MHz (VDD = 1.6 - 5.5 V),

LP (ローパワーメイン) モード: 1 MHz (VDD = 1.8 - 5.5 V)

中速オンチップオシレータクロック (fIM) 最大: 4 MHz

I/Oポート

合計

17

21

CMOS入出力

13

17

CMOS入力

4

タイマ

16ビット(TAU)

4チャネル (3 x PWM, インターバル, 外部イベントカウント, ディレイカウンタ)

ウォッチドッグ

1 チャネル

16ビット(Timer KB)

1 チャネル (カウンタ, コンペア&デザリングカウント, ディザリング機能/スムーズスタート機能付きPWM出力, インタリーブPFC出力モード, ハーフブリッジ回路の制御

12ビットインターバル

1 チャネル (スタンバイ状態でも動作可能)

8/16ビットインターバル

2 チャネル (8ビット)/1 チャネル (16ビット)  (カスケード接続可能なローパワータイマ, STOP, HALTモードで長周期インターバル動作可能

タイマ出力

6

クロック出力/ブザー出力

2

2.44 kHz, 4.88 kHz, 9.76 kHz, 1.25 MHz, 2.5 MHz, 5 MHz, 10 MHz

(メインシステムクロック: fMAIN = 20 MHz動作)

10ビット分解能

A/Dコンバータ

外部

10 チャネル

11 チャネル

内部用

1 チャネル

8ビットD/Aコンバータ

2 チャネル

コンパレータ (ウインドウコンパレータ)

2 チャネル

PGA

1 チャネル

データオペレーション回路 (DOC)

16ビットデータの比較, 加算および減算

シリアルインタフェース

[20ピン製品]

I²C: 2 チャネル CSI: 3 チャネル/UART: 2 チャネル/簡易I²C: 3 チャネル

[24ピン, 25ピン製品]

I²C: 2 チャネル CSI: 4 チャネル/UART: 2 チャネル/簡易I²C: 4 チャネル

データトランスファコントローラ (DTC)

23 要因

24 要因

イベントリンクコントローラ (ELC)

イベント入力: 17

イベントトリガ出力: 4

イベント入力: 18

イベントトリガ出力: 4

ベクタ割込みソース

内部

25

外部

10

13

キー入力割込み

5

8

パワーオンリセット回路

• パワーオンリセット: 1.51 ± 0.04V (TA = -40 - +85°C) / 1.51 ± 0.06V (TA = +85 - +105°C)

• パワーダウンリセット: 1.50 ± 0.04 V (TA = -40 - +85°C) / 1.51 ± 0.06V (TA = +85 - +105°C)

電圧検出

パワーオン

1.67 V - 4.06 V (14 段階)

パワーダウン

1.63 V - 3.98 V (14 段階)

オンチップデバッグ

あり (トレース機能なし)

その他機能 内部リファレンス電圧(VBGR), 割り込みフラグ出力(INTFO),

供給電圧

VDD = 1.6 - 5.5 V

動作周囲温度

TA = -40 - +85°C (民生用途)

TA = -40 - +105°C (産業用途)

パッケージ

20-pin LSSOP

4.4 x 6.5mm²,

0.65mm ピッチ

24-pin HWQFN

4 x 4mm²,

0.50mm ピッチ

25-pin WFLGA

3 x 3mm²,

0.50mm ピッチ

 

ピン数-メモリサイズのラインアップ:

 

ブロック図:

お客様の開発をサポートする様々な情報をご用意しております。

発注型名の見方についてはこちら

 

ソフトウェア/ハードウェア共通情報

タイトル 概要
My Renesas MY RENESASに登録いただくと、各種ドキュメントの改訂情報、ツール製品などの
ダウンロードサービスやメールニュースなどの各種サービスをご利用いただけるようになります。
セミナー 当製品のセミナーや、学習のための情報が掲載されています。
FAQ 当製品のよくあるお問合せ、開発のヒントが掲載されています。
フォーラム ルネサスの総合コミュニティサイトです。
Video 当製品に関するVideoコンテンツをご覧いただけます。

 

 

ソフトウエア設計支援情報

タイトル 概要
CS+ 統合開発環境です。コーディング、アセンブル/コンパイルからシミュレーションに至るまでご利用頂けます。
(スタータキットにも添付されています。)
e2 studio グローバルに普及しているオープンソースの統合開発環境"Eclipse"とC/C++言語開発を可能とする
CDTプラグインをベースとした統合開発環境ツールです。
E1 ルネサス標準のオンチップデバッギングエミュレータです。低価格で実開発に十分なデバッグが行えます。
(スタータキットにも添付されています。)

 

 

ハードウェア設計支援情報

タイトル 概要
特性データ 実力値が掲載されています。セット開発のリファレンスだけでなく、システム評価時にもご利用いただけます。
発振回路特性 動作確認済みの発振子と、その発振回路定数(参考)を示します。
サンプルコードとアプリケーションノートを掲載しています。各フィルタで絞込みを行えます。

上記downloadには必ず下のボタンより契約内容を御確認ください。

MyRenesasボタンよりID,PWをご入力ください。

免責事項:

当サイトの情報は、当社の提携パートナーが提供する情報に基づいています。当社は、これらの情報をあくまで便宜上の目的で提供しており、当サイトのコンテンツ、サイトの変更、更新内容について、一切の責任を負いません。一部のリンクについては、当社以外のウェブサイトへリンクされており、それらのウェブサイトは当社の管理下にありません。リンク先サイトのコンテンツ、変更、更新内容に関して、当社はいかなる責任も負いません。当社は、このようなリンクをあくまで便宜上の目的で提供しており、当社ウェブサイトからのリンクに関し、リンク先サイトの内容を保証するものではありませんのでご了承ください。

当サイト上で言及されているサードパーティ製品、及びサービスに関する情報は、それが単独製品あるいはルネサス製品と関連がある場合においても、それらの製品、サービス、保証の適合性について、いかなる保証も表明もするものではありません。

Menu
Contact