78K0RおよびR8Cの後継製品であり、業界最小レベルの消費電流。車載用途に必要な通信機能、機能安全を実現する

様々な機能を搭載した車載汎用ローエンドマイコン

 

RL78/F12マイコンは20-64ピン、8-64KBフラッシュメモリのラインアップを準備し、業界最小レベルの消費電流を実現。車載インタフェースとして一般的なLINモジュールを搭載。フラッシュメモリCRC演算機能、不正メモリ・アクセス検出機能、RAMガード機能、A/Dコンバータテスト機能、SFRガード機能の機能安全を実現するための様々な機能を搭載しており信頼性の高いシステムを構築できるため、車載用途はもちろん産業用途にもお使いいただけます。

 

特長:

項目 RL78/F12
ピン数 20 ピン 30 ピン 32 ピン 48 ピン 64 ピン
カタログ型名 R5F1096x R5F109Ax R5F109Bx R5F109Gx R5F109Lx
プログラムフラッシュ 8 - 64 KB 16 - 64 KB
バックグランドオペレーション付 データフラッシュ 4 KB
SRAM 0.5 - 4 KB 1 - 4 KB
オシレータ 外付け 高速 1 - 20 MHz, 低速 32.768 kHz
内蔵 高速 32 / 24 / 16 / 12 / 8 / 4 / 1 MHz, 低速15 KHz
CPU RL78 CPU
I/Oポート 16 26 28 44 58
タイマ 16 ビット: 8 チャネル / インターバルタイマ: 1 チャネル /
リアルタイムクロック: 1 チャネル / ウエイクアップタイマ: 1 チャネル /
ウォッチドッグタイマ: 1 チャネル
10 ビットA/Dコンバータ 4 チャネル 8 チャネル 8 チャネル 10 チャネル 12 チャネル
シリアル・ インタフェース 20 ピン
  • CSI: 1 チャネル / UART: 1 チャネル / 簡易I2C: 1 チャネル
  • CSI: 1 チャネル / UART: 1 チャネル
30 ピン/ 32 ピン  
  • CSI: 2 チャネル / UART: 2 チャネル / 簡易I2C: 2 チャネル
  • CSI: 1 チャネル / UART (LIN対応): 1 チャネル / 簡易I2C: 1 チャネル
  • CSI (7-16 ビット): 1 チャネル / UART (7-9, 16 ビット): 1 チャネル
48 ピン
  • CSI: 3 チャネル / UART: 2 チャネル / 簡易I2C: 3 チャネル
  • CSI: 2 チャネル / UART (LIN対応): 1 チャネル / 簡易I2C: 2 チャネル
  • CSI (7-16 ビット): 1 チャネル / UART (7-9, 16 ビット): 1 チャネル
64 ピン
  • CSI: 4 チャネル / UART: 2 チャネル / 簡易I2C: 4 チャネル
  • CSI: 2 チャネル / UART (LIN対応): 1 チャネル / 簡易I2C: 2 チャネル
  • CSI (7-16 ビット): 2 チャネル / UART (7-9, 16 ビット): 1 チャネル
全製品共通 LIN対応UART: 1 チャネル
外部割込み 5 チャネル 6 チャネル 10 チャネル 12 チャネル
DMA 2 チャネル
その他周辺機能 低電圧検出(LVD), パワーオンリセット(POR), キーリターン
動作電圧 1.8 – 5.5 V
動作温度 −40 ℃-85 ℃, −40 ℃-125 ℃(K規格品のみ)

ピン数 / メモリサイズのラインアップ:

プログラムフラッシュ
SRAM

64KB
4KB
*1 *1 *1 *1 *1
48KB
3KB
32KB
2KB
24KB
1.5KB
16KB
1KB
8KB
0.5KB
       
ピン数
パッケージ
20
LSSOP
30
LSSOP
32
HWQFN
48
LFQFP
64
LFQFP

*1 : 3KB available when the self-programing function is used.

 

ブロック図:

RL78/F12 ブロック図

発注型名の見方についてはこちら

 

ソフトウェア/ハードウェア共通情報

タイトル 概要
My Renesas My Renesasに登録いただくと、各種ドキュメントの改訂情報、ツール製品などの
ダウンロードサービスやメールニュースなどの各種サービスをご利用いただけるようになります。
セミナー 当製品のセミナーや、学習のための情報が掲載されています。
FAQ 当製品のよくあるお問合せ、開発のヒントが掲載されています。
フォーラム ルネサスの総合コミュニティサイトです。

 

ソフトウェア設計支援情報

タイトル 概要
e² studio グローバルに普及しているオープンソースの統合開発環境"Eclipse"とC/C++言語開発を可能とするCDTプラグインをベースとした統合開発環境ツールです。
CS+ 統合開発環境です。コーディング、アセンブル/コンパイルからシミュレーションに至るまでご利用いただけます。(スタータキットにも添付されています。)
E2エミュレータLite オンチップデバッギングエミュレータ。E1エミュレータ相当の機能をより低価格で提供するエントリモデル。
E2エミュレータ オンチップデバッギングエミュレータ。開発効率向上を実現する高機能モデル。デバッグからフラッシュ書き込みまでの基本機能に加え、ホットプラグイン機能および外部トリガー機能を標準サポート。さらに、消費電流チューニングなど各種ソリューションとの組み合わせや高速ダウンロード(E1エミュレータ比)により開発時間の削減に貢献します。
E1エミュレータ オンチップデバッギングエミュレータ。基本的なデバッグ機能を搭載したスタンダードモデル(2019年12月末生産終了)
サンプルコードとアプリケーションノートを掲載しています。各フィルタで絞込みを行えます。

下記をご確認ください

免責事項:

当サイトの情報は、当社の提携パートナーが提供する情報に基づいています。当社は、これらの情報をあくまで便宜上の目的で提供しており、当サイトのコンテンツ、サイトの変更、更新内容について、一切の責任を負いません。一部のリンクについては、当社以外のウェブサイトへリンクされており、それらのウェブサイトは当社の管理下にありません。リンク先サイトのコンテンツ、変更、更新内容に関して、当社はいかなる責任も負いません。当社は、このようなリンクをあくまで便宜上の目的で提供しており、当社ウェブサイトからのリンクに関し、リンク先サイトの内容を保証するものではありませんのでご了承ください。

当サイト上で言及されているサードパーティ製品、及びサービスに関する情報は、それが単独製品あるいはルネサス製品と関連がある場合においても、それらの製品、サービス、保証の適合性について、いかなる保証も表明もするものではありません。