一酸化炭素(CO)検出器は、一酸化炭素中毒を防ぐためにCOガスの存在を検出するデバイスです。COは無味、無色、無臭の気体であり、炭素含有物質の不完全燃焼により生成されます。このため検出技術がないと人間だけでは事実上検出できないため、よく「サイレントキラー」とも呼ばれます。COの濃度が上がると、存在するガスの量やさらされている時間の長さによっては、とても危険な状態になります。濃度が低くても時間が長いと危険な状態となり、濃度が高くなると短時間でもすぐに危険になります。

このソリューションに使用されるセンサは、電気化学的な反応に基づいています。大気中のターゲットガス(この場合はCO)の量に、正確に関連付けられた信号電流を生成する、ある種の燃料電池ともいえるものです。

一酸化炭素(CO)検出器は、時間の経過に応じたCOレベルを測定し、環境内にCOが危険なレベルで充満する前に警報を鳴らします。

このシステムのメリット

  • 新しいMCU RAファミリ:Arm®ベースのマイクロコントローラを採用
  • マイクロコントローラ内に、入力信号のレベル指定に必要なアンプ回路を内蔵
  • 必要な外付け部品が極少
システムブロック図

ウィニング・コンビネーション

ルネサスとIDTによる補完的製品ポートフォリオは、互いに連携しあうことで、お客様により包括的なソリューションを提供することができます。ただ、これはまだ序章に過ぎません。ルネサスとIDTの開発チームによる、今後のコラボレーションが本格化するにつれ、今までのソリューションよりも更に大きなメリットを持つ、更に高度な統合ソリューションが登場して参ります。

私たちが提案する「ウィニング・コンビネーション」のメリットを、今すぐご確認ください