TCP/IP対応開発支援ツール QE for TCP/IP [テクニカルプレビュー版]

概要

Renesas製RXファミリ用TCP/IPプロトコルスタックM3S-T4-Tinyを使った組み込みシステム開発に対応した開発支援ツール。統合開発環境e² studio対応。

TCP/IPに起因する通信の問題発生がすぐ分かり、短時間で問題解決に導きます。

リリース情報

QE for TCP/IP

最新Ver.: V1.0.1

リリース: 2017/07/20

動作環境

特長

QE for TCP/IPは、統合開発環境e² studio上で動作するソリューション・ツールキットのひとつで、TCP/IPに対応したソリューションツールです。

RXファミリ用の通信プロトコルソフトウェアライブラリM3S-T4-Tinyを使った組み込みシステムの開発時に使用し、以下の機能でTCP/IPに起因する通信問題の解決に役立ちます。

機能

TCPの通信状態がすぐ分かります - [通信路情報]ビュー

お客様のシステムと通信相手となる機器の間におけるTCP通信(コネクション)の状態を、通信端点ごとに確認できるため、「接続しているのに何で通信が始まらない?」といった場合の解析や問題の切り分けが簡単にできます。

TCP/IPミドルウェア内部のAPIエラー発生状況を確認できます - [通信路情報]ビュー

TCP/IPに起因する通信の問題が起こった際に、「TCP/IPミドルウェア内部でAPIエラーが発生しているか?発生している場合はどんなエラーか?」をすぐに把握することができ、すばやく問題解決へと導きます。

e² studioと QE for TCP/IPを使用することにより、TCP/IPシステムのデバッグが簡単に行え、開発期間の短縮およびコスト低減を実現します。

サポートTCP/IPライブラリ

デバイス ミドルウェア バージョン
RXファミリ ネットワークソフトウェアライブラリ 超小型TCP/IPプロトコルスタック: M3S-T4-Tiny V2.02, V2.03, V2.05

ターゲットデバイス

デバイス グループ
RXファミリ Ethernetを使用する際は、下記のコントローラ内蔵品種を推奨。
RX62N, RX63N, RX64M, RX65N, RX71M
SDIO接続無線LANを使用する際は、下記のSDホストインタフェース内蔵品種を推奨。
RX231, RX64M, RX65N, RX651, RX71M

開発ツール サポート情報

タイトル 概要
My Renesas MY RENESASに登録いただくと、各種ドキュメントの改訂情報、ツール製品などのダウンロードサービスやメールニュースなどの各種サービスをご利用いただけるようになります。
セミナー マイコン学習のための情報が掲載されています。
FAQ よくあるお問合せ、開発のヒントが掲載されています。
フォーラム ルネサスの総合コミュニティサイトです。
ツールニュース ツールのリリース情報、注意事項などが掲載されています。
動作環境 ツール製品の最新バージョンの動作環境をご案内しています。
旧製品/保守製品 すでに新規供給を終了しているルネサス開発環境製品の一覧が掲載されています。