プロトコル専用H/W(EtherCAT/SercosⅢ)+ R-INエンジンで主要な産業プロトコルを網羅

 

産業イーサネット通信用アクセラレータである「R-INエンジン」を搭載したRZ/N1Lは、リアルタイム性が求められる産業ネットワークの通信部でご使用いただけます。EtherCATとSercosⅢのスレーブ専用H/Wを内蔵する事により幅広いプロトコルの対応が可能なりました。

 

特長:

項目 RZ/N1L
型名 R9A06G034VGBA(196ピン)
供給電圧 3.3 V for I/O, 1.15V for CPU
CPUコア Arm® Cortex®-M3 (R-IN エンジン)
最大動作周波数 125 MHz
SRAM(ECC付) 6 MB
外部メモリ NAND フラッシュ コントローラ あり
Quad-I/O SPI 1チャネル
SDIO-eMMC 2チャネル
ネットワーク機能 R-INエンジン あり
イーサネットポート 3 ポート
GMAC、EtherCAT®、Sercos® Ⅲから選択可能
Independent GMAC 最大 1 ポート
EtherCAT スレーブコントローラ 最大 2 ポート
SercosIII スレーブコントローラ 最大 2 ポート
タイマ機能 汎用タイマ (16 ビット x 6 チャネル + 32 ビット × 2 チャネル) × 2
ウォッチドッグ あり
アナログ機能(12-ビット 分解能 A/D コンバータ) 8 チャネル x 1 ユニット
通信インタフェース UART 8チャネル
I2C 2チャネル
MSEBI スレーブ
USB 2.0 ホスト/ファンクション
SPI マスタ 4 チャネル + スレーブ 2 チャネル
CAN 2 チャネル
I/O ポート 最大 95本
パッケージ 196ピン LFBGA(12 x 12 mm, 0.8 mmピッチ)
動作温度範囲 Tj = -40℃ ~ +110℃

 

ピン数-メモリサイズのラインアップ:

 

ブロック図:

発注型名の見方についてはこちら

 

ソフトウェア/ハードウェア共通情報

タイトル 概要
My Renesas My Renesasに登録いただくと、各種ドキュメントの改訂情報、ツール製品などのダウンロードサービスやメールニュースなどの各種サービスをご利用いただけるようになります。
セミナー 当製品のセミナーや、学習のための情報が掲載されています。
FAQ 当製品のよくあるお問合せ、開発のヒントが掲載されています。
フォーラム ルネサスの総合コミュニティサイトです。

ハードウェア設計支援情報

タイトル 概要
IBIS/BSDL IBISは、高速ボード設計に必要なシミュレーションデータで、実際のボードを作る前のシミュレーションが可能になり、事前に波形の反射、リンギングなどの問題点の検討をすることができます。
BSDLは、JTAGのIEEE 1149.1準拠のツールの多くでサポートされているデータ入力フォーマットです。 これらのツールでは、自動テストパターン生成(ATPG) および自動テスト装置 (ATE) 機能によりテストが容易になります。

免責事項:

当サイトの情報は、当社の提携パートナーが提供する情報に基づいています。当社は、これらの情報をあくまで便宜上の目的で提供しており、当サイトのコンテンツ、サイトの変更、更新内容について、一切の責任を負いません。一部のリンクについては、当社以外のウェブサイトへリンクされており、それらのウェブサイトは当社の管理下にありません。リンク先サイトのコンテンツ、変更、更新内容に関して、当社はいかなる責任も負いません。当社は、このようなリンクをあくまで便宜上の目的で提供しており、当社ウェブサイトからのリンクに関し、リンク先サイトの内容を保証するものではありませんのでご了承ください。

当サイト上で言及されているサードパーティ製品、及びサービスに関する情報は、それが単独製品あるいはルネサス製品と関連がある場合においても、それらの製品、サービス、保証の適合性について、いかなる保証も表明もするものではありません。