RISC-VはRISC-V協会によって推進されるフリー且つオープンなRISC命令セットアーキテクチャ(ISA)であり、多くの産業などのアプリケーションで自由な設計を可能にします。

ルネサスはRISC-Vアーキテクチャに基づくCPUを実装することで、お客様にさらなる選択肢を提供し、多くの分野でイノベーションを促進することができます。 ルネサスはRISC-Vのオープンソースプラットフォームを採用することで、お客様の設計に最適なプラットフォームを柔軟に選択することができます。 ルネサスは汎用MPUやアプリケーション特化型のMCUにおいて、これらのRISC-Vポートフォリオに、世界最高水準の信頼性、エコシステム及びサポートを提供します。

ルネサスは特定のターゲット市場に特化したASSP製品展開をすることにより、RISC-Vベースの32ビットマイクロコントローラ製品の市場投入をリードしています。 応用分野としては、モータ制御、音声制御のヒューマンマシンインターフェース、産業用機器、ミックスドシグナルシステム、IoTなどが挙げられます。

ASSP EASYグループはパートナーとの強力な協調により、費用対効果、開発効率性、特定アプリケーション特化したソリューションのポートフォリオを実現することができます。

ルネサスのマイクロプロセッサRZファミリは、RISC-V CPUコアを搭載したRZ/Fiveマイクロプロセッサも提供しています。

ビデオ&トレーニング

RISC-V ASSP EASY for Motor Control

高度なモーター制御システム向けに最適化されたRISC-V ASSP の概要。 エコシステム パートナーと共に、評価済のソフトウェアをベースとしたモーター制御システム ソリューションを提供します。 詳細については、RISC-V ASSP ページをご覧ください。