電力線通信のG3-PLC上に、KNX通信プロトコルを実装、ビルディングオートメーションの実現を容易に

~ルネサスのPLCモデムソリューションを使用して開発したPoCをembedded world 2019に出展~

2019年02月14日

ルネサス エレクトロニクス株式会社

 ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長兼CEO:呉 文精、以下ルネサス)は、このたび、電力線通信(PLC)の国際標準通信規格であるG3-PLC™を採用したG3-PLCモデムソリューションに、ビルディングの制御信号の通信プロトコルとして広く使用されているKNXプロトコルを実装したPoC(Proof of Concept)を開発しました。ルネサスはこのPoCを、2019年2月26~28日にドイツのニュルンベルクで開催されるembedded worldの当社ブース(ホール1、ブース1-310)に出展します。G3-PLC通信にKNXプロトコルを実装することにより、電力線を使った柔軟で効率的なネットワークの構築が可能になるため、新たなケーブルを追加することなく、HVAC(空調)、照明、各種センサなどを制御/管理するビルディングオートメーションを実現します。

 KNXプロトコルは、1本の通信ラインでほぼすべての制御信号を通信できる効率的なプロトコルのため、ビルやホームに向けて普及が進んでいます。一方、PLC通信は、効率的な変調技術により電力線を使ってデータ通信を行うことができるため、特に壁をまたぎ長距離にわたってビル全体へ通信網を拡張する場合、無線では届きにくい環境でも、コスト効率よくネットワークを構築できます。ルネサスは今回、PLC通信規格の一つであるG3-PLC通信網にKNXプロトコルを実装し、PoCを開発しました。

今回のPoCに使用したG3-PLC用のPLCモデムソリューションは、ルネサスのOFDM PLCソフトウェアモデム(R9A06G037)、 基本ソフトウェア(SSP)を含むRenesas Synergy™ S7マイクロコントローラ(MCU)、および電力線ドライバとして機能するISL15102で構成されています。またKNXのソフトウェアスタックとノウハウはTapko Technologies GmbHより提供されます。本ソリューションを使用することにより、ユーザはG3-PLC通信網上で容易にKNXプロトコルを構築することができる上に、将来的に投入される予定のKNX IoTプロトコルへの移行もスムーズです。ルネサスは、このG3-PLC用PLCモデムソリューションにKNXプロトコルを実装するソリューションを、2019年3Qから提供を開始する予定です。

 ルネサスのエナジー・インフラ・ソリューション事業部の事業部長 黒田昭宏は次のように述べています。「商業ビルのエネルギー効率の向上や環境への配慮がトレンドとなっている現在、既存施設を改修する動きが盛んになっています。この時、ほとんどの商業ビルに、無線や従来のネットワーク配線では届かない場所があるため、電力線の通信への活用はこれまで以上に注目されています。今回のルネサスの新たなPoCは、ビル管理のネットワークプロトコルとして非常に人気の高いKNXプロトコルのメリットと、オープンなG3-PLC規格のメリットとを組み合わせることで、新たな配線をしなくてもこのようなニーズに対応できる可能性を実証しました。」

 KNXの最高技術責任者(CTO)であるJoost Demarest氏は次のように述べています。「G3-PLC上にKNXを実装したルネサスのPLCモデムソリューションは、ビルオートメーション用途にKNXを使用する際に、G3-PLC技術を活用することが有用であることを示す素晴らしいアプローチです。さらに、KNX IoTへの道を拓くというKNXの組織としての活動を踏まえれば、ルネサスのG3-PLCソリューションは将来のKNX IoTプロトコルにも最適であると言えます。」

 G3-PLCアライアンスのChairmanであるMarc Delandre氏は次のように述べています。「本来、電力メータ用途に開発された技術であるG3-PLCプロトコルは、オープン規格として自由に使用することが可能で、G3-PLCアライアンス(G3-PLC Alliance)により維持管理されています。G3-PLCは当初メータ用に採用されたものではありますが、利用できる分野が限定されているわけではありません。ルネサスのソリューションはG3-PLC技術の活用範囲を新たに大きく広げるものとなるでしょう。」

 ルネサスは、半導体サプライヤとして、ARIB、CENELEC-A、CENELEC-BやFCCなどのG3-PLCアライアンスが定義するすべての周波数帯で認証を取得しています。今後も、今回のPoC開発など業界に先駆けた新たなPLCソリューションの開発と提供を通して、エネルギー効率の高いビルディングオートメーションの実現を推進してまいります。

 

G3-PLCについて

 G3-PLCは、既存の電力線系統上での高速、高信頼性、長距離通信を容易に実現するナローバンド低周波数電力線通信用の通信プロトコルです。このプロトコルはG3-PLCアライアンスが開発、維持管理しており、ユビキタスの可能性を持つ電力線通信規格としてスマートグリッド・ビジョンを実現できるようにします。

 

 

以 上

 

*Renesas Synergyはルネサスの商標です。本リリース中のその他の製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標です。


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。