概要

E30Aエミュレータは、R32C/100シリーズMCUに内蔵されるデバッグ回路 NSD(New Single-wire Debugger)を使用した、オンチップデバッギングエミュレータです。NSDは、ルネサス オリジナルのOCD(On Chip Debugger)です。
オンチップデバッグ、データチューニングなどのソフトウェア検証を実際の動作環境で簡単に実現することができます。

  • OCD(On Chip Debugger)方式の採用
    ターゲットMCUフットパターンへのプロービングが不要で、MCU信号の劣化がありません。
    専用エバチップや専用パッケージ品が不要。(ターゲットMCUをそのままデバッグ可能)
  • 新開発のNSD方式によるエミュレータの接続
    同軸ケーブルのみの接続で、ターゲットMCUをデバッグ可能。
    製品付属の専用同軸ケーブル(1.8m)は、柔軟で長距離の接続が可能。
  • 充実したデバッグ機能
    MCUの最高動作周波数でリアルタイムエミュレーションが可能。
    MCU内蔵デバッグ回路によるブレーク、トレース機能を搭載。
  • 最終製品に近い状態での評価を実現
    ユーザの最終製品に近い状態でデバッグを行うことが可能。
  • オンボート書き込み可能
    プログラムのデバッグが完了した際に、即座にMCU内蔵フラッシュROMへプログラムを書き込むことが可能なライタモードを搭載。
  • Learn more

R32C/100 E30A エミュレータデバッガ

最新Ver.: V.1.02 Release 00
リリース: 2011/02/21

バージョンアップ内容(ツールニュース参照)
動作環境

ダウンロード

タイトル 分類 日付
ZIP92.45 MBEnglish
アップデート-デバッガ
ZIP14.57 MBEnglish
アップデート-統合開発環境
ZIP66.81 MBEnglish
アップデート-統合開発環境
ZIP2.38 MBEnglish
アップデート-統合開発環境
ZIP730 KBEnglish
アップデート-プログラマ
 

ドキュメント

タイトル 分類 日付
PDF962 KB
アプリケーションノート
PDF4.25 MB
カタログ
PDF1.01 MBEnglish
マニュアル-開発ツール
PDF2.54 MBEnglish
マニュアル-開発ツール
PDF3.51 MBEnglish
ガイド
PDF91 KBEnglish
リリースノート
PDF209 KBEnglish
リリースノート
PDF204 KBEnglish
ツールニュース-注意事項
PDF203 KBEnglish
ツールニュース-注意事項
PDF321 KBEnglish
ツールニュース-注意事項
PDF203 KBEnglish
ツールニュース-注意事項
PDF200 KBEnglish
ツールニュース-注意事項
PDF21 KBEnglish
ツールニュース-お知らせ
PDF203 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF314 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF291 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF195 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF193 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF196 KBEnglish
ツールニュース-リリース
PDF199 KBEnglish
ツールニュース-リリース
 

追加詳細

仕様一覧

項目 内容
製品型名 R0E00030AKCT00
対応MCU M16Cファミリ R32C/100シリーズ
  • R32C/111グループ
  • R32C/116, 117, 118グループ
  • R32C/116A, 117A, 118Aグループ
  • R32C/120, 121グループ
  • R32C/142 *, 145グループ
  • R32C/151, 152, 153, 156, 157グループ
  • R32C/160, 161グループ
対応MCUモード シングルチップモード
メモリ拡張モード
最大対応周波数 100MHz (CPUクロック)
エミュレーションメモリ なし (内蔵フラッシュROMをエミュレーションメモリとして使用)
ソフトウェアブレーク 最大256点(命令書き換え)
実行アドレスブレーク 最大8点 (実行アドレス / データアクセス)
  • トレースイベント / 時間計測イベント共用
  • データアクセスブレークはアドレスとR/W属性のみ指定可能
  • ソフトウェアによるデータ比較ブレーク 1点を指定可能
ハードウェアブレーク
ブレーク組み合わせ OR / 状態遷移(順方向)
トレースモード トレース優先 / MCU実行優先を指定可能
トレース容量 8Mイベント (トレース優先) / 512イベント (MCU実行優先)
トレース内容 分岐元先 / 条件分岐 / データアクセス
トレースイベント 最大 8点 / 4領域 (プリフェッチアドレス / データアクセス)
  • ブレークイベント / 時間計測イベントと共用
  • 開始 / 終了 / 抽出イベントを指定可能
時間計測 実行時間 (Go-Stop間、MCU内蔵 32ビットCPUクロックカウンタ)
区間時間 3点 (データアクセス間、E30A内蔵 40ビットカウンタ)
RAMモニタ バイト / ワード単位で指定可能
・ ソフトウェアによる疑似RAMモニタ (イベント 1点を使用)
カバレッジ なし
動作モード別
同時使用可能機能
  ブレーク トレース 時間計測 RAMモニタ
実行アドレス データアクセス アドレス範囲 データ比較
トレースモード トレース優先 lens lens

lens

MCU実行優先 lens lens

lens lens

時間計測 lens lens

lens

RAMモニタ lens lens lens

lens
ライタ

ホストPC I/F USB 2.0(High Speed)
ターゲットI/F 2 ピン (50Ω同軸ケーブル)
3 ピン (同軸変換基板経由)
8 ピン (オプション基板経由)
ターゲットI/F信号 NSDport, GND (同軸ケーブル / 同軸変換基板使用時)
NSDport, GND, Vcc1, Vcc2, RESET# (オプション基板使用時)
ターゲットレスデバッグ 不可
エミュレータ電源 ACアダプタから供給(別途ご用意ください)
推奨仕様はE30Aエミュレータ ユーザーズマニュアルを参照ください。
ターゲットMCU用電源 ユーザシステムから供給
動作環境 製品の動作環境をご参照ください。
外形寸法 横幅 : 136.3mm、奥行き : 104.0mm、高さ : 36.8mm
(突起部を除く)
質量 約300g
使用時環境条件 5~35℃ (結露なきこと)
保管時環境条件 -10~60℃ (結露なきこと)
適合海外規格 欧州規格:EN 55022 Class A, EN 55024
米国FCC規格:FCC part 15 Class A

lens :対応 — :非対応

注:
*1:E30A使用時に選択するMCUファイルは、下記をご使用下さい。

使用デバイス 選択MCUファイル
MCUグループ デバイス型名
R32C/142グループ R5F6442F \McuFiles\R32C_145\R5F6445F_E30A.mcu
R32C/142グループ R5F6442H \McuFiles\R32C_145\R5F6445H_E30A.mcu

製品パッケージ内容

  • E30Aエミュレータ本体
  • USBインタフェースケーブル
  • ターゲットインタフェースケーブル
  • 同軸コネクタ
  • 同軸変換基板
  • 同軸変換基板用コネクタ
  • オプションインタフェースケーブル
  • オプション基板
  • オプション基板コネクタ
  • ソフトウェアCD-ROM

システム構成

画像
e30a-system-config-ja