PDSDK COMキットは、M3T-PDxx/M3T-PDxxSIMの機能を拡張するためのキットです。 このキットを利用して、M3T-PDxx/M3T-PDxxSIM用のカスタマイズウィンドウを作成したり、他のアプリケーションと連携することができます。 PDSDK COMキットに対応したM3T-PDxx/M3T-PDxxSIMは、COM*という外部のアプリケーションから呼び出しできるインタフェースを追加しています。このインタフェースを通して、M3T-PDxx/M3T-PDxxSIMの機能を呼び出します。

注:Microsoft社が提唱するOSやアプリケーションを連携するための規格、Component Object Modelの略。

特長

  • 豊富なGUI部品を標準で備えています。
  • 参考書籍が多数販売されています。
  • COMインタフェースを持ったアプリケーションと連携することができます。
  • Learn more

ドキュメント&ダウンロード

タイトル 他の言語 分類 形式 サイズ 日付
ユーザーガイド、マニュアル
PDSDK COMキット リファレンスマニュアル (エミュレータデバッガ/シミュレータデバッガ拡張キット) English マニュアル PDF 1.81 MB
ダウンロード
デバッガ拡張キット PDSDK COMキット V.1.10 ユーティリティ English ソフトウェア EXE 3.74 MB
ツールニュース
PDSDK COMキット ご使用上のお願い English ツールニュース-注意事項 PDF 215 KB
M16C/62P用エミュレーションポッド M3062PT3-RPD-E 発売のお知らせ English ツールニュース-リリース PDF 312 KB
その他資料
PDSDK COMキット V.1.10 リリースノート (エミュレータデバッガ/シミュレータデバッガ拡張キット) リリースノート PDF 238 KB

公開している機能

ターゲットプログラムの実行制御、メモリ・レジスタ内容の設定や参照、S/Wブレークポイント設定などのメソッドを公開しています。 詳細は リファレンスマニュアルのメソッド一覧を参照してください。

利用する開発ツール

カスタマイズウィンドウの作成や他のアプリケーションとの連携には、 Microsoft Visual BasicやMicrosoft Visual C++などの市販のWindowsアプリケーション開発ツールを利用します。 市販のWindowsアプリケーション開発ツールを利用すると以下のような利点があります。

  • 豊富なGUI部品を標準で備えています。 このGUI部品をユーザーシステムのシミュレート部品として使用することが可能です。 フリーウェアやシェアウェアのコントロール部品(ActiveXコントロール)の利用も可能です。 ActiveXコントロールは、Visual Basic やVisual C++などで独自に作成することも可能です。
     
  • 参考書籍が多数販売されています。アプリケーション作成のための情報も入手しやすくなっています。
     
  • COMインタフェースを持ったアプリケーションと連携することができます。
    表計算ソフトMicrosoft (R)Excel(以下、Excel) などがCOMインタフェースを持っており、RAMモニタの結果をExcelに送り、その結果をグラフ化するといった従来のM3T-PDxxでは実現できなかったことが実現できます。

対応デバッガ

PDSDK COMキットは、以下のデバッガ製品に対応しています。

デバッガの種類 製品名 対応バージョン
エミュレータデバッガ M3T-PD32RM V.1.00以降
M3T-PD32R V.3.00以降
M3T-PD308F V.1.00以降
M3T-PD308 V.3.00以降
M3T-PD30F V.1.00以降
M3T-PD30 V.6.00以降
M3T-PD79 V.4.00以降
M3T-PD77 V.4.00以降
M3T-PD38 V.5.00以降
シミュレータデバッガ M3T-PD32RSIM V.2.00以降
M3T-PD308SIM V.3.00以降
M3T-PD30SIM V.5.00以降

※High-performance Embedded WorkshopのM16C/60, M16C/30, M16C/20, M16C/10, M16C/Tiny およびR8C/Tinyシリーズ用デバッガパッケージには対応していません。 同デバッガパッケージと組み合わせて使用できるCOM拡張機能としてTargetServerをご用意しています。詳細は こちら

入手方法

ダウンロード