概要

Porting from the e² studio to CS+

内容 既存プロジェクトの流用 新規プロジェクト作成
ソースファイル登録 自動 手動
オプション設定 自動(一部のみ) 手動
ソースファイルとフォルダ位置 自動 考慮せずに登録
ソースファイルと自動生成ファイルとの競合 プロジェクト生成後に変更の必要あり 手動(登録時に考慮)

既存プロジェクトを変換してCS+の新規プロジェクトを作成

e² studioのCC-RL/CC-RXのプロジェクトは、e² studioのエクスポート機能が出力するプロジェクト・ファイル(*.rcpc)を使用して、CS+プロジェクトに変換することができます。

作成手順

  1. e² studioでプロジェクトを選択し、右クリックメニューから[エクスポート]を選択します。

e² studioプロジェクト上で右クリックメニューから[エクスポート]を選択

  1. エクスポート先の選択で[Renesas共通プロジェクト・ファイル]を選択し、プロジェクト・ファイルを出力します。

[Renesas共通プロジェクト・ファイル]を選択

  1. 出力したプロジェクト・ファイル(*.rcpc) を、CS+で変換するプロジェクトに指定します。

[e² studio/CubeSuite/High-performance Embedded Workshop/PM+のプロジェクトを開く]

  1. [プロジェクトを開く]ダイアログで[e² studio用プロジェクト・ファイル(*.rcpc)]を指定します。

[e² studio用プロジェクト・ファイル(*.rcpc)]を指定

  1. CS+の[プロジェクト変換設定]ダイアログで変換設定を行うプロジェクトを選択し、変換先プロジェクトで使用するマイクロコントローラ、プロジェクトの種類、プロジェクト名、作成場所を設定します。その後、[OK]を押下するとプロジェクト変換が実行されます。

CS+の[プロジェクト変換設定]ダイアログ

新規にCS+プロジェクトを作成し、お客様のソースファイルを登録

  1. CS+のスタート画面で[新しいプロジェクトを作成する]を選択します。

Startup screen of CS+

  1. CS+の[プロジェクト作成]ダイアログで、 [マイクロコントローラ](図中(1) )と [使用するマイクロコントローラ] (図中(2))を選択します。次に、 [プロジェクト名] にプロジェクト名および [作成場所]にプロジェクトの作成場所をそれぞれ指定し(図中(3))、 最後に[作成] ボタンをクリックします。
  • 例えば、 [マイクロコントローラ]でRH850、[使用するマイクロコントローラ]でRH850/E1Lを選択します。

[Create Project] dialog box of CS+

  1. CS+の新規プロジェクトが作成された直後のイメージです。

After creating a new project

  1. ツリーのファイルに、既存のソースファイルを追加してください。新しいファイルを追加することも可能です。

After creating a new project

  • プロジェクト・ツリーの[ファイル]カテゴリにドラッグ&ドロップしても追加できます。

After creating a new project