Mbed Tips

GR-LYCHEEのライブラリはMbed™ OS 5をベースに作成されています。このためMbed OSのライブラリも使用することができます。ただし、幾つかのクラス(File, Stream, SPI, Serial)は競合するため、Arduinoライブラリではこれらの名前を変更して実装しています。ご注意ください。

このTipsではMbed OSを組み合わせて使用する例や、GR-LYCHEE独自ライブラリの例を掲載しています。ライブラリの仕様等についてはMbedのGR-LYCHEEのページを参照してください。


サンプルプログラム

Wait


#include <Arduino.h>
DigitalOut heartbeat(LED1);
void setup()
{
}
 
void loop()
{
    heartbeat = 1;
    wait(0.5);
    heartbeat = 0;
    wait(0.5);
}

Time


#include <Arduino.h>
void setup()
{
    set_time(1256729737);  // Set RTC time to Wed, 28 Oct 2009 11:35:37
 
    while (true) {
        time_t seconds = time(NULL);
 
        printf("Time as seconds since January 1, 1970 = %d\n", seconds);
 
        printf("Time as a basic string = %s", ctime(&seconds));
 
        char buffer[32];
        strftime(buffer, 32, "%I:%M %p\n", localtime(&seconds));
        printf("Time as a custom formatted string = %s", buffer);
 
        wait(1);
    }
}
 
void loop()
{
}