画像
船橋 豊
船橋 豊
主任技師

進化するE/Eアーキテクチャ開発が抱える課題

E/Eアーキテクチャの課題を図1に示します。現代の車両は、膨大で高度な処理を要求されるため、多くのECUを搭載するようになり、システム規模やソフトウェアが増大しています。

画像
E/Eアーキテクチャの課題

 

図1. E/Eアーキテクチャの課題

車載ソフトウェア規模の推移を図2に示します。ソフトウェアによる処理が増大・複雑化し、益々ソフトウェアの重要性が増すと共に、開発期間が長期化し、工数が増大しています。

画像
増大する車載ソフトウェア規模の推移

図2. 増大する車載ソフトウェア規模の推移

一方で、車両の価値を高めるために、より短いサイクルで信頼性の高いソフトウェアを開発する必要があるため、新しい開発手法や開発環境が求められています。

Virtual Turnkey Platformの概要

以上の課題を解決するために、ルネサスは、実機無しでソフトウェア開発を開始可能とするVirtual Turnkey Platformを提供します。実機全体の動作を模擬するVirtual Platform(VPF),及び,VPF上で動作するソフトウェアを提供する事で、実機の入手前にソフトウェア開発を開始出来ます。VPF上で開発したソフトウェアは実機でも動作するため、実機入手後に遅延なく、実機上でのソフトウェア開発・検証を実施出来ます。

R-CarS4 のVirtual Turnkey Platformについての具体例を図3に示します。このうち、赤点線で囲われた部分がR-CarS4 のVirtual Turnkey Platformとなります。

画像
R-CarS4のVirtual Turnkey Platform具体例

図3. R-CarS4のVirtual Turnkey Platform具体例

R-CarS4は、Communication Gatewayの機能を有し、Sensing、Cognitive、Cockpit、各種Controlを担うブロックと接続され、相互の情報伝達を行います。Virtual Turnkey Platformは、R-CarS4 VPF、及び、R-CarS4内蔵のEthernet Switchを制御するRouting Acceleratorソフトウェア、各通信ポートを制御するMCALドライバなどから構成されます。お客様は、これらルネサス提供のソフトウェア(Software Development Kit(SDK))を用いてCommunication Gatewayアプリケーションソフトウェアの開発を行う事が出来ます。

通常お客様がソフトウェア開発を行う場合、評価ボードやエミュレータなどのデバッグツールを準備する必要がありますが、その準備に時間がかかります。一方、Virtual Turnkey Platformでは、ツールベンダから提供されるVPFをご自身のPCにインストールし、ルネサスのホームページ(R-Car Market Place)から1クリックライセンスで SDKをダウンロード頂く事で、容易にソフトウェア開発が開始出来ます。

このように、Virtual Turnkey Platformを入手頂くことで、お客様は容易にアプリケーションソフトウェアの開発を開始する事が出来ます。

R-Car Virtual Turnkey Platformの開発状況

今回、R-CarS4のVirtual Turnkey Platformを、お客様へリリースしました。
(*E/Eアーキテクチャの進化に応えて、車載用アプリケーションソフトウェアの先行開発と動作評価を実現するバーチャル開発環境を提供開始)

今後は、R-CarV4Hや次世代R-CarシリーズであるGen5のVirtual Turnkey Platformを、 ソフトウェアの開発やシステム検討に利用できるように準備を進めてまいります。

この記事をシェアする

Log in or register to post comments

この記事をシェアする