~セキュリティと通信、機能安全を強化~

2021年12月16日

 ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長兼CEO:柴田 英利、以下ルネサス)は、このたび、次世代E/Eアーキテクチャの進化に応えるため、車載アクチュエータやセンサ制御用途に向けて16ビットマイコンRL78ファミリを拡充し、「RL78/F24」、「RL78/F23」を発表しました。新製品のサンプル出荷は2022年4月から開始し、量産は2023年下半期の予定です。

 ドメインやゾーンへのE/E アーキテクチャの進化に伴い、クルマのライトやウィンドウ、ミラーなどのボディ制御、エンジンのポンプやファンなどのモータ制御、多数のセンサ制御などの制御メカニズムも変化します。こうしたエッジ側のECU(電子制御ユニット)は、今後、ドメインコントローラやゾーンコントローラといった統合ECUと、高速かつ安全に通信することが最も重要な要件となります。ルネサスはこの進化に応えて、セキュリティと通信、機能安全を強化した次世代アクチュエータ/センサ制御用マイコン、RL78/F24とRL78/F23を開発しました。新製品は、高速通信プロトコルCAN FDに対応(RL78/F24)し、EVITA-Lightのセキュリティをサポート、機能安全ISO26262 のASIL-Bをターゲットとするシステムをサポート可能です。

 ルネサスの車載デジタルマーケティング統括部、統括部長の吉田 直樹は次のように述べています。「E/Eアーキテクチャの進化に伴い開発負荷が増大しており、アクチュエータは効率よく開発したいというニーズは絶大です。新製品は、世界中で高い人気を誇るRL78/F14、RL78/F13の後継として、ソフトウェア資産のほとんどを再利用することができるため、コストとリスクを低減しながら、お客様のE/Eアーキテクチャの進化をさらに加速させます。」

 車両の集中制御が進む一方で、アクチュエータ制御にもさらなる高機能、高性能化が求められます。新製品は従来製品から動作周波数を最大約70%高速化しました。これにより、ブラシレスモータ制御(BLDC)では2倍以上の性能向上が期待できます。さらに、モータ制御用のハードウェアアクセラレータやタイマ機能も強化、12ビットA/Dコンバータも搭載したことにより、高機能、高性能化のニーズに応えます。

RL78/F24、RL78/F23の主な特長は次の通りです。

  • 動作周波数 40MHz
  • CAN FD(RL78/F24)、LIN、SPI、I2Cなど、豊富な通信インタフェースを搭載
  • EVITA-Lightをサポート可能なセキュリティ機能(AES-128/192/256暗号化アルゴリズムに対応)
  • RL78/F14、RL78/F13とピン互換、低消費電力性能も踏襲
  • フラッシュメモリは128KBまたは256KBを搭載
  • 5×5mmの32ピンQFN小型パッケージから100ピンQFPパッケージまでラインアップ
  • 150℃までの高温動作に対応
  • RL78/F24用に、開発ボード「RL78/F24 ターゲットボード」と開発キット「RL78/F24 12Vモータコントロールエバリュエーションシステムスタータキット」を提供予定(開発中)

RL78/F24、RL78/F23の詳細については、こちらをご覧ください。
https://www.renesas.com/rl78f24
https://www.renesas.com/rl78f23

 以 上

*本リリース中の製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標です。


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。

この記事をシェアする

この記事をシェアする