無線内蔵マイコン「RL78/G1H」を使用した1チップソリューションにより、国際無線通信規格Wi-SUN FANの認証取得ソリューションを拡充

~Wi-SUN FAN対応機器の認証取得にかかる期間を、約1年短縮可能~

2020年03月12日

ルネサス エレクトロニクス株式会社

 

 ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長兼CEO: 柴田 英利、以下ルネサス)は、このたび、ルネサスの無線内蔵マイコン「RL78/G1H」による1チップのサブギガ帯無線ソリューションが、Wi-SUNアライアンス注1の制定する通信規格Wi-SUN FAN(Wireless Smart Ubiquitous Network for Field Area Network profile)の認証を取得したことを発表します。これにより、「RX651」マイコンと無線通信LSI「RAA604S00」から構成されるハイエンドな2チップのソリューションに引き続き、Wi-SUN FANの認証を取得したソリューションを拡充しました。

 今回認証を取得したソリューションは、RL78/G1Hを搭載したテセラ・テクノロジー社製の評価ボード「TK-RLG1H+SB2」注2とWi-SUN FAN通信制御用ソフトウェアスタックで構成されます。本ソリューションを使用することにより、ユーザはWi-SUN FAN対応の機器開発が容易になり、ユーザ機器の認証取得にかかる期間を約1年短縮することができます。ルネサスは本通信制御用ソフトウェアを、2020年9月までに提供開始する予定です。

 ルネサスのIoT・インフラ事業本部、エマージングマーケット事業部の事業部長、守屋 徹は、次のように述べています。「サブギガ帯の無線周波数は壁や建物などの障害物に強く、都市部でもより遠くにデータを送信できる特長があり、中でもWi-SUN FANは、メッシュネットワークに対応する広域な無線通信用ネットワーク規格として注目が高まっています。本ソリューションが認証を取得したことにより、物流管理や、インフラの構造物管理など、センサネットワーク機器の開発負荷が軽減されるため、Wi-SUN FANの普及が加速し、スマートシティやスマートグリッドの早期実現に貢献できると確信しています。」

 

ルネサスのWi-SUN FANソリューションについて

 今回、認証を取得したソリューションは、16ビットの無線内蔵マイコン「RL78/G1H」を使用した1チップソリューションです。ルネサスはWi-SUN FAN向けに、32ビットマイコン「RX651」と無線通信LSI「RAA604S00」から構成されるハイエンドな2チップのソリューションも、2019年に認証を取得し、提供を開始しています。ユーザは、FAN(Field Area Network)とWAN(Wide Area Network)のゲートウェイ機器(Border Router)から、より末端の機器(Router)まで、機器に必要なマイコンの処理性能やメモリ容量、消費電流などを元に、適切なソリューションを選ぶことができます。
 これらルネサスのソリューションが、FANの広域メッシュネット―ワークを実現することにより、スマートメータの検針や電力の見える化、スマート照明や、工場やビルの各種センサ管理、機器の稼動監視など、幅広い応用分野でユーザの新たな付加価値創出に貢献します。

 

本ソリューションについてはこちらをご覧ください。
https://www.renesas.com/products/software-tools/software-os-middleware-driver/protocol-stack/subghz-protocol-stack.html

以 上

 

(注1)Wi-SUNアライアンスとは、サブギガ帯を使用する無線通信規格を策定する国際的な業界団体

(注2)評価ボードはテセラ・テクノロジー社から発売済み

 

*本リリース中の製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標です。


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。