ルネサス、IPライセンスの販売を拡充

~先端7nmプロセスのTCAMや先進規格のEthernet TSNなど最新のIPを提供開始~

2019年10月24日

ルネサス エレクトロニクス株式会社

 ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長兼CEO:柴田 英利、以下ルネサス)は、このたび、半導体の設計情報であるIP(Intellectual Property)の販売を拡充することを発表します。ルネサスは2018年9月よりIPの拡販を開始し、第一弾として、すでにCPUコアや、モータ用タイマIP、USBコアなどのIPを提供しています。今回新たに、7nmのSRAM (Static Random Access Memory)やTCAM (Ternary Content Addressable Memory)など先端プロセスのIPや、Ethernet TSNなど先進規格のIPなど、他では入手することができないものも含めた最新のIPを提供開始します。また、今後の予定として2019年6月に学会発表しAIアクセラレータとして注目されるPIM(Processing-in-Memory)を含めたシステムIPを提供できるよう、準備を進めてまいります。これらのIPを活用することにより、半導体開発を手掛けるユーザは、先端技術を使用する5Gのネットワーク用ASIC(セミカスタムIC)開発や、次世代のAIチップ開発など、先進の半導体開発を早期に着手することができ、得意なIPに経営資源を集中できるため、競争力を強化できます。

 さらに今回、IPの提供に加えて、ユーザの半導体開発を支援するため、半導体を受託設計するデザインハウスやツール提供企業など、ユーザのニーズに応じてルネサスがパートナー企業を紹介するサポートを開始します。これにより、初心者のユーザはカスタム半導体開発や、FPGA開発に取り組むハードルが下がるほか、上級者のユーザには先進のIP情報を活用したモデルベース設計開発環境を紹介するなど、ユーザのさらなる技術革新と製品開発を加速します。

 FOXCONN Group のCEO、Young Liu氏は次のように述べています。「半導体ベンダであるルネサスからIPが提供されることを嬉しく思います。ルネサスからは、半導体製品で量産実績のある高い品質のIPが提供されるので、我々は、短期間に、高い品質のチップを開発することができます。また、ルネサスは、IP開発だけでなく、チップ開発、評価、量産も行っているため、豊富な経験に基づく、高い技術力のサポートにも期待しています。」

 MathWorksのプロダクトマーケティングディレクターであるPaul Barnard氏は次のように述べています。「モデルベースデザインにより、サプライチェーン全体でIPモデルを簡単に共有できる開発プロセスが可能になり、お客様は実装前にシステムの問題を特定できるようになります。これを実現するために、ルネサスではお客様にSimulinkで使用可能なルネサスのIPのモデルを提供し、モデルからルネサスのマイクロプロセッサへのアルゴリズムを実装するために、Processor-in-the-Loop (PIL)技術による検証をサポートするツールも提供しています。MathWorksはモデルベースデザインプラットフォームでルネサスと協力し、自動車、ロボティクス、産業技術など多くの分野で働いている共通のお客様に役立つことを期待しています。」

 ルネサスのコアIP開発統括部、統括部長の松本 哲也は次のように述べています。「私たちのIPを誰にでも提供するというオープンな取り組みは、ファブレス半導体企業や同業メーカから大変歓迎されています。私たちも、ルネサスの技術を使ったIPが、半導体を提供しているだけでは届かない、ユーザのインハウスカスタム半導体や、FPGAでの量産、デバイスがない状態での先行技術開発など、より多くの市場に浸透していくことを大変嬉しく思っています。」

 ルネサスがIPライセンス市場に参入して1年、すでに2019年で100件以上の問い合わせを受け、実際に多くのユーザにIPの提供を開始しました。市場成長率である年率10%以上の成長を目指し、今後もIPの提供とサポート体制の拡充に努め、IP市場の創造と拡大を狙います。

 

詳しくは、こちらのwebサイトをご覧ください。
https://www.renesas.com/products/ip-products.html

 

以 上

 

*本リリース中の製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標です。


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。