MM Solutionsとの協業により、車載カメラシステムの開発を容易化するオープンなISPソリューションを発表

~MM SolutionsのAutoCDKツールの利用により、R-Carに内蔵するISPの設定やチューニングが容易になり、フロントカメラやサラウンドビューカメラの画像における柔軟性や使いやすさが向上~

2018年09月18日

ルネサス エレクトロニクス株式会社

 

 ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長兼CEO:呉 文精、以下ルネサス)は、このたび、MM Solutionsとの協業により、ルネサスの高性能な車載用SoC(System-On-Chips)の「R-Car V3M」および「R-Car V3H」をベースとした車載用スマートカメラアプリケーションの開発を容易化し、迅速化する、オープンなISP(Image Signal Processor)ソリューションを発表します。フロントカメラやサラウンドビューカメラなどのカメラアプリケーションを開発する際に、MM Solutionsの自動車用カメラ開発キット(AutoCDK)を活用することにより、Tier1メーカは、R-Car V3x に内蔵するISPのセンサ調整やチューニングプロセスが容易になります。これにより、競争が厳しい自動車産業において、高い柔軟性と、製品の市場投入にかかる時間短縮を実現します。
 ルネサスは、2018年9月17から20日にベルギーのブリュッセルで開催されるAutoSens 2018のブース6にて、 R-Car V3M、MM SolutionsのAutoCDK、およびソニーのIMX390イメージセンサを使って、このISPソリューションのデモを行います。
 ルネサスのR-Car V3MおよびR-Car V3Hの量産は、2019年第2四半期に開始する予定です。MM SolutionsのAutoCDKは2018年11月に提供開始予定です。

 このソリューションは、Renesas autonomy™プラットフォームの一環として、幅広い開発ニーズに対応しています。具体的には、ISPに精通したユーザはオープンなインタフェースによりISP機能を自らプログラミングすることができる一方、画質に関する専門知識があればMM Solutionsのツールを活用することにより、開発作業をすぐに始めることが可能です。

 自動運転時代におけるクルマは、周辺環境を検知することが求められます。この時、フロントカメラやサラウンドビューシステムを含むスマートカメラは、交通標識、車線、歩行者、車両、その他の障害物をリアルタイムで検知し、安全・安心な運転環境を実現するために、重要な役割を果たします。高性能なコンピュータビジョンへのニーズに応えるためには、例えば、雨や霧などの厳しい環境でもノイズが少なく、人間の目に近い、あるいはそれ以上の広いダイナミックレンジに対応し、信頼性が高く、柔軟に設定可能なISPが必要です。同時に、クルマの周囲のリアルな映像を見たいというドライバのニーズに対しても、ISPが画像調整の役割を果たします。

 ルネサスは、MM Solutionsとの協業を通じて、人と機械の両方の目をサポートするイメージセンサの、設定や調整を支援するISPソリューションを開発しました。ISPの画像処理ソフトウェアを高性能なR-Car V3x に組み込むことにより、特定のカメラに依存しないアプローチを実現。これによってTier1メーカやカメラメーカは、スマートカメラ市場に参入する場合でも、先進の設計をさらに改良する場合でも、自社で選んだECUおよびセンサソリューションを使って柔軟に対応することが可能になります。

 ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社の車載事業部副事業部長である春田勉氏は、次のように述べています。「ADASカメラシステムにおいては、極めて広いダイナミックレンジとLEDフリッカーの抑制を同時に実現することが大きな課題でした。ルネサスのISPソリューションとソニーのイメージセンサを組み合わせることにより、当社の自動車部門のお客様は、この課題を克服し、さらなる高画質を実現することが可能になります。」

 MM SolutionsのManaging DirectorであるIvan Poibrenski氏は、次のように述べています。「フロントカメラ、サラウンドビュー、およびその他の自動車用カメラアプリケーション向けに、卓越したカメラ品質を達成しながら、市場投入にかかる時間をますます短縮していくためには、複数のプラットフォームに対応したターンキーISPソリューションが不可欠です。我々は、当社の画質に関する優れた専門知識とルネサスの業界をリードするSoC設計を組み合わせて、カメラプラットフォームの選択をサポートする容易に実装可能なソリューションを提供します。」

 ルネサスのオートモーティブソリューション事業本部のVice PresidentであるJean-Francois Chouteauは、次のように述べています。「当社のR-Car V3x SoCに搭載されているISPは、優れた柔軟性と卓越した画質をお客様に提供します。また、カメラシステムのBOMを大幅に削減することで、競争力のある製品を迅速に市場に投入できるようになります。Renesas autonomyプラットフォームの一環として本ソリューションを提供することにより、お客様にとっては、堅牢なミドルウェアが利用可能になるだけでなく、世界的に有名な当社のパートナであるMM Solutionsの画質に関する専門知識も優先的に活用できるようになります。」

 

本ISPソリューションとMM SolutionsのAutoCDKの主な機能は次の通りです。

(1)高い柔軟性とコスト効率

  • ルネサスは、SoCに内蔵したISPを使って各種センサとのPOC(Proof Of Concept)開発をするなど、業界をリードするセンササプライヤとのコラボレーションを続けています。
  • センサに依存しないソリューションにより、特定のセンサ用ISPが不要になるため、ユーザの開発時間を短縮し、システムコストを削減します。

(2)優れた性能と豊富な機能

  • 本ISPソリューションは、複数カメラ用途にも使用できる画素処理性能により、業界最高レベルのセンサ解像度に対応します。
  • ISPソリューションには、シェーディング補正機能や、ローカルおよびグローバルでのトーンマッピング機能などが統合されています。これにより、カメラアプリケーションの高画質を実現します。
  • サラウンドビューシステムでは、ISPソリューションにより色や明るさを調整します。具体的には、複数カメラ配列の中で、個別のカメラのパラメータ管理を一元化します。

(3)ISPの幅広い専門知識に対応しており、展開も容易

  • ISP用ファームウェアAPIにより、ISPソフトウェア開発の専門家にとってのISPのプログラミングプロセスを管理しやすくします。
  • MM SolutionsのAutoCDKにより、画質チューニングの自動化機能を実現しました。これにより、多大な学習を必要とすることなく、ユーザは市場投入にかかる時間を短縮することが可能です。
  • メインのオペレーティングシステム上でAutoCDKがサポートされているため、先進的なイメージアルゴリズムを自由に追加できるほか、自動露出制御や自動ホワイトバランスなどの機能も埋め込むことができます。

以 上

*本リリース中の製品名やサービス名は全てそれぞれの所有者に属する商標または登録商標です。


ニュースリリースに掲載されている情報(製品価格、仕様等を含む)は、発表日現在の情報です。 その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご承知ください。