1. Home
    2. マイクロコンピュータ
    3. RX ファミリ

RX71M

産業機器向け高性能リアルタイムエンジン

 

  • 高性能

最大240MHzで動作可能な32bitマイコン

従来のRX製品に搭載されたRXコアとの互換性を踏襲しながらも更に強力に進化したRXv2コアを採用し、フラッシュ内蔵マイコンとして最高クラスとなる1044 coremarkを実現。

 

  • 高いリアルタイム性能

フラッシュメモリ向けに最適化したキャッシュ(AFU)により240MHzノーウェイト相当のフラッシュメモリアクセスが可能。120MHzノーウェイトフラッシュメモリによりCPUのウェイトはわずか1サイクル と非常に高速なメモリアクセスによりCPUの性能を十分に引き出す。

 

  • IoT化に向けセキュリティ機能を充実

ネットワーク上のデータを保護するAES、DES,SHA,RNGを搭載

内蔵フラッシュ上の特定領域にあるコードを読み出し不可とするTrusted Memory機能搭載
IoTによるネットワーク制御等増大するコード/ワーク領域として最大4MBのコード用ROM、最大552KBのワークRAM大容量メモリを搭載。

 

特長:

項目 RX71M
分類 モジュール/機能 説明
CPUメモリ 中央演算処理装置
  • 最大動作周波数:240MHz 32ビット
  • RX CPU(RXv2)
  • 最小命令実行時間:1命令1クロック
  • アドレス空間:4Gバイト・リニアアドレスレジスタ
  • 汎用レジスタ:32ビット × 16本
  • 制御レジスタ:32ビット × 10本 アキュムレータ:72ビット× 2本
  • 基本命令:75種類
  • 浮動小数点演算命令:11種類
  • DSP機能命令:23種類
  • アドレッシングモード:11種類 データ配置
  • 命令:リトルエンディアン データ:リトルエンディアン/ビッグエンディアンを選択可能
  • 32ビット乗算器:32ビット× 32ビット→64ビット
  • 除算器:32ビット÷ 32ビット→32ビット
  • バレルシフタ:32ビット
FPU
  • 単精度浮動小数点数(32ビット)
  • lEEE754に準拠したデータタイプ、および例外
プログラムフラッシュ  
  • 容量:2M/2.5M/3M/4Mバイト
  • オンボードプログラミング:4種類
  • オフボードプログラミング(パラレルライタモード)
  • Trusted Memory(TM)機能による、32KByte×2ブロック に格納したプログラムは命令実行のみ 可能、データリード防止機能を実現
データフラッシュ
  • 容量:64Kバイト
  • プログラム/イレーズ回数:100000回
SRAM
  • 容量:RAM:512KB(パリティチェック付)
ECC付きRAM
  • 容量:32Kバイト
  • SEC-DED(シングルエラー訂正/ダブルエラー検出)
スタンバイRAM
  • 容量:8Kバイト
動作モード
  • リセット解除時のモード設定端子による動作モード: 
    • シングルチップモード
    •  ブートモード(SCIインタフェース) 
    • ブートモード(USBインタフェース) 
    • ユーザブートモード
  • レジスタ設定による動作モードの選択:
    • 内蔵ROM無効拡張モード 
    • 内蔵ROM有効拡張モード
クロック クロック発生回路
  • メインクロック発振器、サブクロック発振器、低速および   高速オンチップオシレータ、PLL周波数シンセサイザ、IWDT専用 オンチップオシレータ
  • 周辺モジュールクロックの周波数をシステムクロックの周波数より高速に設定可能
  • メインクロック発振停止検出:あり
  • 外部バスに接続するデバイスは、BCLK同期:60MHz max
  • 高速オンチップオシレータHOCOをPLL回路のリファレンスクロックとして逓倍可能
リセット
  • 9種類のリセットを内蔵
  • RES#端子リセット:RES#端子がLowで発生
  • パワーオンリセット:RES#端子がHighで、VCC = AVCC0 = AVCC1の上昇時発生
  • 電圧監視0,1,2リセット:VCC = AVCC0 = AVCC1の下降時発生
  • ディープソフトウェアスタンバイリセット
  • 独立ウォッチドッグタイマリセット
  • ウォッチドッグタイマリセット
  • ウォッチドッグタイマのアンダフローまたはリフレッシュエラーで発生
  • ソフトウェアリセット  
電圧検出回路(LVDA)

VCC = AVCC0 = AVCC1端子に入力する電圧を監視し、内部リセットまたは内部割り込みを発生する電圧検出回路0,1,2を搭載

低消費電力 消費電力低減機能
  • モジュールストップ機能
  • 4種類の低消費電力状態
  • スリープモード、全モジュールクロックストップモード、ソフトウェア
  • スタンバイ モード、ディープソフトウェアスタンバイモード
バッテリバックアップ機能 VCC端子が低下したとき、VBATT端子からのバッテリ電源で時計動作(RTC)が可能
割り込み 割り込みコントローラ (ICUA)
  • 周辺機能割り込み:要因数298
  • 外部割り込み:要因数16(IRQ0~IRQ15端子)
  • ソフトウェア割り込み:要因数2
  • ノンマスカブル割り込み:要因数7
  • 16レベルの割り込み優先順位を設定可能
  • 割り込み要因選択方式
外部バス拡張
  • 外部アドレス空間を8つのエリア(CS0~CS7)に分割して管理:各エリアの領域:16Mバイト(CS0~CS7)
  • エリアごとにチップセレクト(CS0#~CS7#)出力可能
  • エリアごとに8/16/32ビットバス空間を選択可能
  • エリアごとにエンディアンを設定可能(データのみ)
  • SDRAMインタフェース接続可能
  • バス形式:セパレートバス、マルチプレクスバス
DMA DMAコントローラ (DMACAa) 8チャネル
EXDMAコントローラ (EXDMACa) 2チャネル転送モード:ノーマル転送モード、リピート転送モード、ブロック転送モード、クラスタ 転送モード
データトランスファ コントローラ (DTCa)
  • 転送モード:ノーマル転送モード、リピート転送モード、ブロック転送モード
  • 起動要因:外部割り込み、周辺機能割り込み
I/Oポート 汎用入出力ポート
  • 177ピンTFLGA、176ピンLFBGA、176ピンLQFP
  • 入出力:127
  • 入力:1 プルアップ抵抗:127 オープンドレイン出力:127
  • 5V トレラント:19

 

  • 145ピンTFLGA(計画中)、144ピンLQFP
  • 入出力:111
  • 入力:1 プルアップ抵抗:111
  • オープンドレイン出力:111
  • 5Vトレラント:18

 

  • 100ピンTFLGA(計画中)、100ピンLQFP
  • 入出力:78
  • 入力:1 プルアップ抵抗:78
  • オープンドレイン出力:78
  • 5Vトレラント:17
イベントリンクコントローラ(ELC)
  • 割り込み要求等のイベントでCPUを介さずタイマカウント等の機能が連動可能
  • 119種類の内部イベントを自由に組み合わせて接続間の機能を連動可能
タイマ 16ビットタイマパルスユ ニット(TPUa)
  • (16ビット× 6チャネル)× 1ユニット
  • 最大16本のパルス入出力が可能
マルチファンクションタ イマパルスユニット3 (MTU3a)
  • 9チャネル(16ビット× 8チャネル、32ビット× 1チャネル)
  • 最大16本のパルス入出力、および3本のパルス入力が可能
ポートアウトプット イネーブル3(POE3a) MTU3/GPT波形出力端子のハイインピーダンス制御
汎用PWMタイマ (GPTa)
  • 16ビット× 4チャネル
  • 各カウンタは、アップカウントもしくはダウンカウント(のこぎり波)、アップダウンカ ウント(三角波)が選択可能
プログラマブルパルス ジェネレータ(PPG)
  • (4ビット× 4グループ)× 2ユニット
  • MTU3、またはTPUからの出力をトリガとしてパルスを出力
  • 最大32本のパルス出力
8ビットタイマ(TMRb) (8ビット× 2チャネル)× 2ユニット
コンペアマッチタイマ (CMT) (16ビット× 2チャネル)× 2ユニット
コンペアマッチタイマW (CMTW) (32ビット× 1チャネル)× 2ユニット
リアルタイムクロック (RTCd)
  • 時計/カレンダ機能
  • バッテリバックアップ動作
ウォッチドッグタイマ (WDTA)
  • 14ビット× 1チャネル
  • 6種類のカウントクロック(PCLKB/4, PCLKB/64, PCLKB/128, PCLKB/512, PCLKB/2048, PCLKB/8192)を選択可能
独立ウォッチドッグタイ マ(IWDTa)
  • 14ビット× 1チャネル
  • カウントクロック:IWDT専用オンチップオシレータ
通信機能 イーサネットコントロー ラ(ETHERC)
  • 2チャネル
  • イーサネット/IEEE802.3フレームの送受信 
  • 10Mbpsおよび100Mbps転送への対応 全
  • 二重モードおよび半二重モード対応
イーサネットコントロー ラ用PTPコントローラ (EPTPC) イーサネットコントローラ(ETHERC)に接続することでIEEE1588規格に準拠
イーサネットコントロー ラ用DMAコントローラ (EDMACa) 3チャネル(各EDMACは、ラウンドロビン方式で優先順位を決定)
USB2.0 FS ホスト/ファ ンクションモジュール (USBb)
  • USB2.0 FSに対応したUDC(USB Device Controller)およびトランシーバを内蔵 1ポート
  • USBバージョン2.0準拠 転送スピード:フルスピード(12Mbps)、ロースピード(1.5Mbps)(ホストのみ)
バッテリチャージ付 USB2.0 HS ホスト/ファ ンクションモジュール (USBAa)
  • USB2.0 HSに対応したUDC(USB Device Controller)およびトランシーバを内蔵 1ポート(177/176ピン版のみ)
  • USBバージョン2.0準拠 転送スピード:ハイスピード(480Mbps)、フルスピード(12Mbps)、 ロースピード(1.5Mbps)(ホストのみ)
シリアルコミュニケー ションインタフェース (SCIg, SCIh)
  • 9チャネル:(SCIg:8チャネル + SCIh:1チャネル) SCIg: シリアル通信方式:調歩同期式/クロック同期式/スマートカード 
  • インタフェース
  • マルチプロセッサ機能
  • 簡易I2Cサポート
  • 簡易SPIサポート SCIh:(SCIgに以下の機能を付加)
  • スタートフレーム、インフォメーションフレームから構成されるシリアル通信プロトコル
  • LINフォーマット
FIFO内蔵シリアルコ ミュニケーションインタ フェース(SCIFA)
  • 4チャネル
  • シリアル通信方式:調歩同期式/クロック同期式
I2Cバス インタフェース(RIICa) 2チャネル(チャネル0のみFM+に対応可能)
CANモジュール(CAN) 3チャネル
シリアルペリフェラル インタフェース (RSPIa) 2チャネル
クワッドシリアルペリ フェラルインタフェース (QSPI) 1チャネル
シリアルサウンドインタフェース (SSI)
  • 2チャネル
  • 全二重通信可能(チャネル0のみ)
  • 多様なシリアルオーディオフォーマットをサポート
サンプリングレートコンバータ (SRC)
  • 1チャネル
  • データ形式:ステレオ32ビット(L/R各16ビット)、モノラル16ビット
  • 入力サンプリングレート:8kHz/11.025kHz/12kHz/16kHz/22.05kHz/24kHz/32kHz/ 44.1kHz/48kHz
  • 出力サンプリングレート:32kHz/44.1kHz/48kHz/8kHz(注2)/16kHz(注2)
SDホストインタフェース(SDHI) (注4)
  • 1チャネル
  • SDメモリ/IOカードインタフェース(1 ビット/4 ビットSDバス)
MMCホストインタフェース (MMCIF)
  • 1チャネル
  • JEDEC STANDARD JESD84-A441準拠(DDR未対応)
  • Multi Media Card(MMC)とのインタフェース
パラレルデータキャプチャユニット (PDC)
  • 1チャネル
  • 外部8ビットデータを水平同期信号、垂直同期信号に同期して取り込み
12ビットA/Dコンバータ(S12ADC)
  • 12ビット× 2ユニット(ユニット0:8チャネル、ユニット1:21チャネル)
  • 分解能:12ビット(12ビット/10ビット/8ビットの分解能切り替え可能)
12ビットD/Aコンバータ(R12DA)
  • 2チャネル
  • 分解能:12ビット
温度センサ
  • 1チャネル
  • 相対精度:±1℃
セーフティ メモリプロテクションユ ニット(MPU) プロテクションエリア:0000 0000h~FFFF FFFFh範囲内で最大8エリアを設定可能
Trusted Memory(TM) 機能 TM機能有効時はCPUによる命令フェッチのみ実行可能、データリード防止
レジスタライト プロテクション プログラムが暴走したときに備え、重要なレジスタの書き換えを防止
CRC演算器(CRC)
  • 8ビット単位の任意のデータ長に対してCRCコードを生成3つの多項式から選択可能X8 + X2 + X + 1, X16 + X15 + X2 + 1, X16 + X12 + X5 + 1
  • LSBファースト/MSBファースト通信用CRCコード生成の選択が可能
メインクロック発振 停止機能 メインクロック発振停止検出:あり
クロック周波数精度測定 回路(CAC) メインクロック発振器、サブクロック発振器、低速および高速オンチップオシレータ、 PLL周波数シンセサイザ、IWDT専用オンチップオシレータ、およびPCLKBにおける出力 クロック周波数の異常を監視可能
データ演算回路(DOC) 16ビットのデータを比較/加算/減算する機能
暗号機能 AESa(注3)
  • 鍵長:128/192/256ビット
  • CBC/ECB/CFB/OFB/CTR/CMACの動作モードをサポート
DES(注3)
  • 鍵長:56ビット(DES)/ 3 × 56ビット(T-DES) DES, Triple-DESをサポート
  • ECB/CBCの動作モードをサポート
SHAa(注3) SHA-1(128)、SHA-2(224/256)、HMAC(160/224/256)
真性乱数発生器(RNG) (注3) 乱数ビット長:16ビット
動作周波 240MHz max
電源電圧 VCC = AVCC0 = AVCC1 = VCC_USB = 2.7~3.6V, 2.7≦VREFH0≦AVCC0, VCC_USBA = AVCC_USBA = 3.0~3.6V, VBATT = 2.0~3.6V
動作周囲温度 Dバージョン:–40~+85℃
パッケージ
  • 177ピンTFLGA(PTLG0177KA-A)
  • 176ピンLFBGA(PLBG0176GA-A)
  • 176ピンLQFP(PLQP0176KB-A)
  • 145ピンTFLGA(PTLG0145KA-A)
  • 144ピンLQFP(PLQP0144KA-A)
  • 100ピンTFLGA(PTLG0100JA-A)
  • 100ピンLQFP(PLQP0100KB-A)
オンチップデバッキングシステム
  • E1エミュレータ(JTAGおよびFINEインタフェース)
  • E20エミュレータ(JTAGインタフェース)

注1. Magic PacketTMは、Advanced Micro Devices, Inc.の登録商標です。
注2. 入力サンプリングレート44.1kHz選択時のみ設定可能です。
注3. 暗号機能の内蔵有無で型名が異なります。
注4. SDHIの内蔵有無で型名が異なります。

 

ピン­数­­‐メモリサイズのラインアップ:

プログラムフラッシュ
SRAM
4096KB
512KB
3072KB
512KB
2560KB
512KB
2048KB
512KB
ピン数
パッケージ
100
LFQFP
100
TFLGA
144
LFQFP
145
TFLGA
176
LFQFP
176
LFBGA
177
TFLGA

 

ブロック図:

RX71M ブロック図

お客様の開発をサポートする様々な情報をご用意しております。

発注型名の見方についてはこちら

 

ソフトウェア/ハードウェア共通情報

タイトル 概要
My Renesas MY RENESASに登録いただくと、各種ドキュメントの改訂情報、ツール製品などの
ダウンロードサービスやメールニュースなどの各種サービスをご利用いただけるようになります。
セミナー 当製品のセミナーや、学習のための情報が掲載されています。
FAQ 当製品のよくあるお問合せ、開発のヒントが掲載されています。
フォーラム ルネサスの総合コミュニティサイトです。
Video 当製品に関するVideoコンテンツをご覧いただけます。

 

ソフトウエア設計支援情報

タイトル 概要
CS+ 統合開発環境です。コーディング、アセンブル/コンパイルからシミュレーションに至るまでご利用頂けます。
(スタータキットにも添付されています。)
e2 studio グローバルに普及しているオープンソースの統合開発環境"Eclipse"とC/C++言語開発を可能とするCDTプラグインをベースとした統合開発環境ツールです。
E1 ルネサス標準のオンチップデバッギングエミュレータです。低価格で実開発に十分なデバッグが行えます。
(スタータキットにも添付されています。)
Renesas Starter Kit マイコンの評価や初期導入に必要な開発環境がすべて揃います。マイコンの学習にもおすすめです。

 

ハードウェア設計支援情報

タイトル 概要
IBIS/BSDL

IBISは、高速ボード設計に必要なシミュレーションデータで、実際のボードを作る前のシミュレーションが可能になり、事前に波形の反射、リンギングなどの問題点の検討をすることができます。

BSDLは、JTAGのIEEE 1149.1準拠のツールの多くでサポートされているデータ入力フォーマットです。 これらのツールでは、自動テストパターン生成(ATPG) および自動テスト装置 (ATE) 機能によりテストが容易になります。

発振子情報

以下の発振子メーカサイトからRX71Mの各製品に適合する発振子とマッチング回路を参照することができます。発振子ならびにマッチングの詳細については、各発振子メーカーへお問い合わせください。


【メインクロック用発振子】

京セラ(株):RX71Mの発振評価結果はこちら
(株) 村田製作所:リンク先ページの、ICメーカから“Renesas Electronics”を選択し、IC品名に“R5F571M“を入力して検索してください。


【サブクロック用発振子】

京セラ(株):RX71Mの発振評価結果はこちら

サンプルコードとアプリケーションノートを掲載しています。各フィルタで絞込みを行えます。

上記downloadには必ず下のボタンより契約内容を御確認ください。

MyRenesasボタンよりID,PWをご入力ください。

免責事項:

当サイトの情報は、当社の提携パートナーが提供する情報に基づいています。当社は、これらの情報をあくまで便宜上の目的で提供しており、当サイトのコンテンツ、サイトの変更、更新内容について、一切の責任を負いません。一部のリンクについては、当社以外のウェブサイトへリンクされており、それらのウェブサイトは当社の管理下にありません。リンク先サイトのコンテンツ、変更、更新内容に関して、当社はいかなる責任も負いません。当社は、このようなリンクをあくまで便宜上の目的で提供しており、当社ウェブサイトからのリンクに関し、リンク先サイトの内容を保証するものではありませんのでご了承ください。

当サイト上で言及されているサードパーティ製品、及びサービスに関する情報は、それが単独製品あるいはルネサス製品と関連がある場合においても、それらの製品、サービス、保証の適合性について、いかなる保証も表明もするものではありません。

Menu
Contact