画像
Eric Pinton
Director

ビジョンゼロの実現

ADAS市場はNCAP2020アセスメントにより拡大してきましたが、現在ではほとんどのOEMメーカーが成熟したソリューションで量産しています。

一方、NCAPのロードマップは2025年まで延長され、毎年のように新しい要求が追加されています。ドライバーモニタリングシステム、リアカメラ、領域を拡大したフロントセンシングは、NCAPが求める主要な機能となりました。同時に、技術が成熟してコスト効率が向上する一方で、法律によってカメラシステムの使用が義務付けられており、2025年の自動車モデルではフロントカメラ、リアカメラ、ドライバーモニタリングシステム(DMS)が標準装備されることが予想されています。

画像
Euro NCAP 2025 Roadmap

開発者のジレンマと課題

現在、市場で販売されているほとんどのスマートカメラソリューションは、柔軟性に欠けるブラックボックスソリューションのアプローチをとっているため、OEMやTier1にとって、変化する市場の要求に対応することは難しく、開発のスピードも遅くなっています。NCAP要件を満たすためには、最新の深層学習ソリューションを使用して外部HWを追加することがよく選択されますが、システムのBOMに到達できないことがよくあります。

インドや中国のような新興国では、欧米の市場状況に追いつくことが目標となるため、課題はさらに大きい状況です。そのため、中国での新しいECUの開発には、通常1年から1.5年という非常に短い市場投入期間が必要となります。

EagleCAMオープンプラットフォーム・ターンキーソリューション

ルネサスとLUPAは、NCAP2025に続く課題に取り組んでいます。ルネサスとLUPAは、R-Car SoCを搭載したEagleCAMにより、市場投入までの時間を短縮し、BOM(部品表)コストを削減しながら、柔軟で高性能な最新の認識スタックを提供するオープン・ターンキー・ソリューションを紹介します。

画像
EagleCAM External View
図1:EagleCAMの外観

最近のR-Car V3Hのアップデートにより、本ターンキーソリューションは、最大3.7 TOPSのCNN性能の向上、リアルタイムドメインのASIL C機能、最大8メガピクセルのカメラサポート、RGB-IRの最新センサー規格のサポートなど、さらなる利点があります。EagleCAMは、事前に検証されたハードウェアデザインを採用しているため、量産までの時間を短縮することができます。

お客様は、より短い実行時間を提供するクラス最高の画像認識ソフトウェアや、新技術をベースにしたソフトウェアにアクセスすることができ、最新の市場要件に最適なものを実現することができます。

画像
EagleCAM address Standard NCAP requirement and offers extensions to include rear view and DMS applications.
図2:EagleCAMは、スタンダードNCAPの要求に対応し、リアビューやDMSアプリケーションを含む拡張機能を提供
画像
EagleCAM Open software platform and services
図3:EagleCAM Openソフトウェアプラットフォームとサービス

コンボチップで実現する "One Stop Shop"

EagleCAMには、R-CarのSoCに加えて、ルネサスの車載用パワーマネジメントIC(PMIC)も搭載されており、さらなるBOMコストの削減を実現しています。

画像
EagleCAM hardware featuring Renesas’s R-Car V3H and PMICs solutions
図4:ルネサスのR-Car V3HとPMICsのソリューションを搭載したEagleCAMハードウェア

R-Car V3Hパワーソリューションの主な特長

  • プログラム可能な出力電圧、シーケンス、I/O構成、安全構成により、R-Car V3Hや幅広いSoCを柔軟にサポート
  • 最大16の外部入力を備えた統合12ビットSAR ADC、内部および外部信号をモニターし、システムADCは不要
  • DVFS(Dynamic Voltage Frequency Scaling)機能により、出力電圧を調整して消費電力を最小化
  • スペクトラム拡散クロック(オプション)によりEMIを低減
  • R-Car V3H SoC Activationをサポートし、SoCのセルフテストを効率化
画像
Renesas “One Stop Shop” for Key hardware components for Smart Camera system
図5:スマートカメラシステムを構成する主要なハードウェアをルネサスがワンストップで提供します。

発売時期

R-Car SoCを搭載したEagleCAMカメラは、LUPAより発売中です。
EagleCAMの詳細については、www.lupa-electronics.com
ルネサスのR-Car SoCを搭載したEagleCAMの詳細については、https://www.renesas.com/EagleCAM

LUPA-Electronics GmbHについて

LUPA-Electronics GmbHは、自動車の安全システムを開発し、自動車のOEMやTier1にターンキーソリューションを提供しています。LUPAの使命は、自動車を安全に、スマートに、そして楽しく運転できるようにする技術を市場に提供することです。LUPAは、最高のセンシング、半導体、独自の知覚およびAI技術を組み合わせて、業界をリードする自動車安全および自律走行車ソリューションを提供しています。同社の最初の製品は、ユーロNCAPおよびC-NCAPの安全規制をターゲットにした、フロントカメラアプリケーションのためのオープンで柔軟性のある拡張可能なカメラプラットフォームであるEagleCAMです。LUPAの本社はドイツのベルリンにあります。

画像
Lupa Electronics logo

Log in or register to post comments