概要

新プログラミングGUI「FP6 Gang Programmer」*ギャング書き込みが可能になりました。
最大12台のPG-FP6を操作し、複数のターゲットマイコンに対し、一度に書き込むことが可能です。
操作や結果確認も簡単。書き込みラインの生産性を向上できます。

注:

  • * FP6 Terminal V1.03.00以降に搭載

 

特長

簡単セットアップ

  • 1組の設定ファイルとプログラムファイルを複数のPG-FP6へ同時にダウンロードできるのでセットアップが簡単です。

一括管理

  • (A)[Start]ボタン押下で、複数のPG-FP6が同時に書き込みを行います。
  • (B)[Total Count]には成功回数と失敗回数の積算値が表示されるので、パス/エラーが一目瞭然です。
  • 各PG-FP6の状態は(C)[Status]で確認できます。この項目をクリックすると対象のPG-FP6のLCDが点滅*します。
    書き込みコマンドが正常に終了すると”Pass”、失敗すると”Error”が表示されます。
  • 各PG-FP6の実行結果を1つのログファイルに保存できるので、問題発生時に簡単に確認することが可能です。

注:

  • * ファームウェアバージョンがV1.03.00以降に対応。

大量書き込みの時間を短縮

  • 1台のPCで最大12台のPG-FP6*を制御して同時に書き込みできるので、大量書き込み時の時間を短縮できます。

注:

  • * PG-FP6毎に異なるマイコンを設定可能です。

詳細情報

詳細は、下記ユーザーズマニュアルをご参考ください。
 PG-FP6 ギャングプログラマ ユーザーズマニュアル