ClockMatrixデバイスファミリは、インタフェース速度が最大800 Gbpsのアプリケーションでクロック設計を簡素化する、高性能かつ高精度のタイミングソリューションです。

ClockMatrixデバイスはシステム内の任意の場所に設置して、クロック発生、周波数変換、ジッタ減衰、位相アライメントなどの重要なタイミング機能を実行できます。デバイスはワイヤレスベースバンド、DU、CU、RU、フロントホールまたはバックホールネットワーク上のIEEE 1588タイムスタンプユニット(TSU)とSyncEポートを正確に同期させるために使用することができます。 このデバイスのファミリは複数の独立したタイミングチャネルをサポートしています。このサポートには、IEEE 1588クロックの合成、SyncEクロックの生成、ジッタの減衰、コンバータのSYSREF生成を含む無線クロックの生成があります。 入力から入力、入力から出力、出力から出力の位相スキューをすべて正確に管理できます。 デバイスは最大112GbpsのSERDES、CPRI/OBSAI、SONET/SDH ADC/DAC、IEEE 1588 TSUなどを直接同期させることができる超低ジッタクロックを出力します。 IEEE 1588システムでの同期を容易に実現するために、ルネサスはPTPクロックマネージャソフトウェアをライセンスに基づき無償で提供しています。

主に次のような特徴があります。

  • 柔軟性 – PLLチャネルは個別にシンセサイザ、ジッタ減衰器、またはDCOとして設定可能
  • 統合 – 最大8のDPLLと14の出力を単一のパッケージに集約
  • 性能 – 88 fs(typ)の低RMSジッタ
  • 標準への準拠 – IEEE 1588、OTN、SyncE
  • プログラマブル – I2C、SPI、またはOTP
  • デバイスの監視 - リファレンス入力、DPLLおよびAPLLロック喪失、ホールドオーバ状態を監視する機能を内蔵
  • 用途に適切なサイズ – 144-BGAから48-QFNまでのパッケージを選択可能

主なテクニカルドキュメント: ClockMatrix Family Overview

ドキュメント

タイトル 分類 日付
PDF1.92 MB
アプリケーションノート
PDF542 KB
アプリケーションノート
PDF692 KB
アプリケーションノート
PDF2.13 MB
アプリケーションノート
PDF393 KB
アプリケーションノート
PDF231 KB
アプリケーションノート
PDF552 KB
アプリケーションノート
PDF385 KB
アプリケーションノート
PDF272 KB
アプリケーションノート
PDF406 KB
アプリケーションノート
PDF304 KB
アプリケーションノート
PDF839 KB
アプリケーションノート
PDF148 KB
アプリケーションノート
PDF390 KB
アプリケーションノート
PDF880 KB
アプリケーションノート
PDF584 KB
アプリケーションノート
PDF162 KB
アプリケーションノート
PDF550 KB
アプリケーションノート
PDF739 KB
アプリケーションノート
PDF633 KB
アプリケーションノート
PDF479 KB
アプリケーションノート
PDF442 KB
アプリケーションノート
PDF566 KB
アプリケーションノート
PDF976 KB
アプリケーションノート
PDF659 KB
アプリケーションノート
PDF38 KB
デバイスエラッタ
PDF10.53 MB
ガイド
PDF2.35 MB
ガイド
PDF2.39 MB
ガイド
PDF143 KB
ガイド
PDF2.35 MB
ガイド
PDF486 KB
マニュアル-ハードウェア
XLSX321 KB
その他
PDF320 KB
概要
PDF253 KB
リリースノート
PDF170 KB
リリースノート
PDF103 KB
リリースノート
PDF94 KB
リリースノート
PDF199 KB
回路図
PDF98 KB
回路図
PDF288 KB
回路図
PDF206 KB
回路図

ダウンロード

タイトル 分類 日付
ZIP49.30 MB
ソフトウェア/ツール-その他
ZIP73 KB
ソフトウェア/ツール-その他
ZIP1.73 MB
ソフトウェア/ツール-その他
PDF488 KB
ソフトウェア/ツール-その他
PDF222 KB
ソフトウェア/ツール-その他
ZIP177 KB
ソフトウェア/ツール-その他
ZIP177 KB
ソフトウェア/ツール-その他
ZIP615 KB
ソフトウェア/ツール-ソフトウェア

ビデオ&トレーニング

ClockMatrix™2 System Synchronizer Overview

The ClockMatrix™ 2 Family of high-performance, precision, multi-channel timing devices for 400Gbps/800Gbps optical transport and wireline network applications builds on the ClockMatrix devices introduced in 2019 for 5G wireless and 100Gbps/200Gbps wireline network applications. This second-generation family delivers improved performance with phase jitter as low as 88fs RMS. The highly integrated devices serve as full-function IEEE 1588 synchronization clocks and also provides ultra-low jitter reference clocks for synchronous Ethernet PHYs with data rates up to 112Gbps PAM-4, reducing design complexity and bill of materials (BOM). Visit renesas.com/clockmatrix to learn more.