2021年6月23日

ルネサス エレクトロニクス株式会社(代表取締役社長兼CEO:柴田 英利、以下、当社)は、本日6月23日から、新型コロナワクチンの職域接種を開始しました。

初日となる本日は、武蔵事業所(東京都小平市)の大会議室において、対象となる従業員・派遣社員約260人に接種を行いました。明日以降も接種を進め、当事業所にて合計約2,600人の対象者に接種を行う予定です。

また7月からは、豊洲本社(東京都江東区)および那珂事業所(茨城県ひたちなか市)にて、合計約2,000人を対象に、順次接種開始を予定しています。その他の拠点についても、できるだけ多くの方が早期接種できるよう自治体や商工会議所と連携する等、準備を進めています。

当社は、従業員が心身ともに健康で、安心して働ける職場環境の実現に努めます。また、新型コロナウイルス感染症の早期収束への貢献を目指します。

<ご参考>
 当社は、国内グループ全従業員を対象に、新型コロナワクチン接種時および接種後の副反応発生時に取得できる特別有給休暇を2021年6月より導入しています。また、6月8日には厚生労働省に対し、職域接種の申請をしました。
 (2021年5月26日発表「新型コロナワクチン接種時および副反応時の特別有給休暇の導入について」)
 (2021年6月8日発表「新型コロナワクチンの職域接種の申請について

以 上

この記事をシェアする

この記事をシェアする