概要

Description

ルネサスには多彩なセンサがありますが、センサの必要な環境でこれらを使用するためにはマイコン(MCU)制御の他に出力媒体が必要になります。 センサをさまざまなMCUファミリにテスト/接続できるようにするには、電気的および機械的に安定した共通のプラグインインタフェースが必要です。 最新のMCU評価キットにはArduinoシールドインタフェースを装備しており、それは標準化されたインタフェースです。 広く使用されているセンサセットがこのArduinoシールドに統合されており、異なるアドレスで I2C制御インタフェースを全て共有します。

このシステムのメリット:

  • 実装されている異なる6つの I2C接続センサは、一部重複する I2Cアドレスとインタフェースを共有しているため、I2C バッファ/スプリッタICがデザインに追加されました。
  • Arduino用インタフェースには2本の割り込みライン(デフォルト)しかないので、有線ANDを回路に追加することで、センサからの割込み出力が使用可能となります。
  • センサ基板は完全にパッシブなので、評価キットを装備するArduino用シールドに、基板を接続可能にします。
  • 単一3.3V入力はMCU(Arduino)インタフェースから取得されます。
  • 複数センサの搭載により迅速な評価ができます。
  • 全てのセンサはデフォルトで有効になっていますが、ジャンパでセンサを個別に無効にできます。

ターゲット・アプリケーション:

  • センサプラットフォームの評価
画像
Winning Combinations

ウィニング・コンビネーション

ルネサスは数多くの新しいウィニングコンビネーションを提供します。 これらの高度なデザインはルネサスの組み込みシステム用デバイス、アナログ、電源、コネクティビティ製品等の幅広い製品ポートフォリオを活用して構成しています。 設計検証済である為、お客様の設計の加速、製品開発サイクルの短縮に貢献するとともに、製品市場投入におけるリスクの軽減をサポートします。

もっとウィニング・コンビネーションを見てみましょう

画像
Lab on the Cloud

Lab on the Cloud

ルネサスのLab on the Cloud は、ルネサスの定評ある評価ボード、ウィニング・コンビネーション、ソフトウェアといったソリューションを、ユーザがオンラインでアクセスしてテストできるリモート開発環境です。

Arduino Shield センサボード

インターフェース搭載のマイコンリファレンスボードで使用するArduino Shield™インターフェース搭載のセンサボードで、複数のセンサをサポートします。