概要

Description

R-Car E3、PMIC、設定可能なPCIeクロックジェネレータを組み合わせることで、大型パネルのフルグラフィックス クラスター ソリューションや、多様なインターフェース規格に対応したエントリーモデル向け統合コクピット ソリューションに最適な性能、機能を実現します。

このシステムのメリット:

  • 効率的な性能評価環境を提供するリファレンスボードにより、R-Car E3を使用したソリューション開発時間を短縮
  • R-Car E3により、クラスターとして最大クラスの12.3インチおよび1920 x720ピクセルの大型ディスプレイでスムーズな3Dディスプレイを実現
  • 複数のスリーブモードを持った各種電源レール仕様に対応可能なシステムPMICにより、幅広いマルチコアSoCに最適な電源ソリューションを提供
  • R-Car SoC用に検証されたPMICにより、お客様の開発期間及びコストを削減

営業お問い合わせ

画像

ビデオ&トレーニング

車載用統合クロックジェネレータ

ルネサスのタイミング・ソリューションは、使いやすい構成でシステム要件を満たす様子がご覧になれます。

ビデオシナリオ

車載用タイミングデバイスの製品ラインマネージャを担当しているエティエンヌ・ヴィンケルミュラーです。本日はクロックについてお話しします。

現在のクロックにおける課題は、データレートの増加とシステムの複雑さが増すにつれ、求められる周波数の増大とより低いジッタなどです。

このデモでは、システムに必要な全てのクロックを、統合クロックジェネレータで生成する様子がご覧になれます。この例ではルネサスのSoC(R-Car)を使用していますが、こうした事例はあらゆるシステムに適用できます。

この統合クロックジェネレータには多くの利点があります。まずPCI Express Gen4までのシングル・エンドまたは差動シグナリングおよびジッタレベルだと、最大350MHzを生成できます。また、周波数の変調(スペクトラム拡散)や再構成など、様々な機能を有しています。

このデバイスで特に人気が高いのは、簡単にシステム構成できる点です。ウェブサイト上のこのリンク先の通り、テーブル内にお求めの技術要件を記入するだけでいいのです。

このクロックジェネレータ1つが複数の水晶発振器の代わりとなり、より小さい実装面積、多くの機能、高い柔軟性、そして低価格といったメリットをご提供します。

画像
Winning Combos

車載システム向けウィニング・コンビネーション

アナログ+パワー+組み込みプロセッシング+コネクティビティなど、ルネサスの補完的な車載用製品ポートフォリオを組み合わせることで提供される、包括的なソリューションをご覧ください。弊社の製品エキスパートはお客様の設計を加速し、短期間での市場投入を可能にする最適な製品の組み合わせである「ウィニング・コンビネーション」を開発しました。

もっとウィニング・コンビネーションを見てみましょう