Renesasは航空宇宙用途や過酷な環境向けのRH(耐放射線特性)およびシングルイベント効果(SEE)V級(航空宇宙)特性に準拠した幅広い製品を提供しています。

ISL72814SEH White Paper

人工衛星における通信システムを小型軽量・低消費電力化するために

耐放射線特性を有する16チャネルドライバIC(ISL72814SEH)とマルチプレクサ(ISL71841SEH)を使って、次世代衛星通信システムにおけるペイロード、コマンドおよびテレメトリサブシステムの設計を簡素化するヒントを紹介いたします。

用途を参照する

耐放射線用途に関するRenesasの現在のアプローチや、御社の次のプロジェクトでRenesasのデバイスをどう使用すればいいかがわかるブロックダイアグラムをご覧ください。

製造と試験に関する情報

Renesasは、信頼性、効率、および精度に優れた耐放射線特性パワー製品の提供において高い実績を挙げています。これらの製品は、過酷な環境に必要な厳密な電圧精度を実現します。

低線量率イオン化照射が半導体に与える影響は、宇宙機器にとって重要な課題となっています。Renesasは、現在の高線量率耐性試験に対する補完としてウエハごとの低線量率耐性試験を行なうことにより、この市場に対応しています。

Renesasは、数社しかないRHA国防補給庁(陸および海) QMLサプライヤの1社です。Renesasの耐放射線SMD製品はすべてMIL-PRF-38535/QMLに準拠し、バーンイン試験に100%合格しています。

製品紹介